FC2ブログ

窓と林檎③


半年ほど寝かせていたパソコンを復活させました。



(また)友人から譲ってもらった、MacBook 13インチ (A1181 - スペックを見るにつけおそらく Mid 2009 の MC240J/A)でございます。CPU は大好物の Intel Core 2 Duo 2.13GHz 。古くても挙動が安定しているので オールドPC弄りでは必須条件だったりして。また、やるつもりはありませんが Windows10 がギリ動くらしいです。さすが、Intel 入ってる。




背面のリンゴは光ります。M1 Macbook も欲しいんだけど、あれってロゴ光らないんだもんなあ・・・。




さておき、共通の友人知人が多いのでピンと来る人もいるかと思いますが、そういうことです。前オーナーが貼ったクールなステッカーが気に入ったので、それをそのまま残しつつ汚れや傷をプラスチッククリーナーで磨いて保管していました。ただ、手元に届いてからすぐに動作チェックしたときには起動できていたはずが、数日して気が付くと動かなくなっていました。




分解してCPUグリスを塗り直しても改善せず、そもそもバッテリーが付属していないためAC電源を使うしかなかったという状況から、おそらくバッテリーがあれば復活できる(逆になぜAC電源でも起動できなくなったのかは謎)、最悪の場合はM/Bが逝ってしまっていると考えたりもしつつ、一縷の望みをかけてバッテリー(社外品)を調達しました。




すると、何ということでしょう、無事起動に成功したではありませんか! 阿部寛のホームぺージもサクサク動きます。一時は起動しなくなって落ち込んだりもしたけれど、わたしは元気です。




ただし、OS をこれ以上あげることはできないため、(註:El Captan までが最終OS で、そこまであげることはできました)近代的なブラウザをインストールすることができず、標準で入っている Safari ではほとんど役に立たないので、Mozilla Firefox でお茶を濁しています。いやもう本当にハードウェアとしてはまだまだじゅうぶん動かせるのに、システムが古いばっかりに使用に制限が出るのって本当につらいというか、この白い MacBook だってジョニー・アイブの手によるものだし、それがただの飾りになってしまうのは寂しいと思うんです。なので、できるだけ動作できる状態のまま保管しておきたい。




とかなんとか言っているうちに、次の宿題が出現。今度はスーパーマルチドライブが動かなくなっていることに気づきました。譲ってもらう前に一度ディスクで初期化されているはずなので、これは後天的なものでしょう。CPUグリスを塗り直したときに何かミスってないかと思って、また分解してみたもののよく考えたら前回はドライブには手をつけていないので、これは純粋に故障したのだと考えます。今でも入手可能なパーツではあるので、またそのうち交換にトライしてみようと思います。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク