FC2ブログ

PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話/ローレンス・レビー


スティーブ・ジョブズという名前の人を知ったのは、1990年代のはじめのころだっただろうか。当時購読していたサブカル系の雑誌の広告かなにかに、自身が携わった製品とともに得意げに笑みを浮かべた写真が載っていたと思う。あれはたぶん、NeXT系のマシンだったと思うがイマイチ自信がない。ともかく、まだ若々しく野心に満ち溢れていたころのジョブズだ。

そのときすでに、ILMから独立したコンピュータ・アニメーション部門をジョージ・ルーカスから買収し、独立した会社として立ち上げたジョブズは、現在もなお改良が続けられるCG映像制作ツールの 「RenderMan」 を擁しながら、医療研究向けの画像処理分野へと手を伸ばそうとしていたが結果が出ず、ある人物を財務責任者として招聘することになる。



その人物こそが、本著の著者である ローレンス・レビーであり、その会社とは 「トイ・ストーリー」 シリーズでアニメーションによる映像表現のレベルを何段階も押し上げたあの 『ピクサー』 なのだ。本著ではその 『ピクサー』 の裏側、とくにお金にまつわる話とともに、「RenderMan」 開発者のひとりであり、ピクサーの社長だったエドウィン・キャットマルやジョブズの横顔を垣間見ることができるところが面白い。

帯には「アップルを追放されたジョブズともに歩んだ道のり」 と言ったありきたりな引き寄せがあるものの、あくまでも財務担当から見た映像制作会社の勃興とジョブズを含めそれにかかわる人々へ向けられた視点が中心なので、小規模な会社の株式上場にまつわるエピソードだけを切り取ればビジネス書と言えなくもないが、「トイ・ストーリー」 の公開を目前にして上場すべきか意見が分かれたジョブズとレビーとのやり取りなど、当事者だからこそ語られる生々しい空気が何とも不思議な読みごたえ。

それなのになぜこの本を手に取ったかというと、本著のプロローグがすべてだった―。ピクサーは2006年にディズニーに買収されることになるわけだが、おれはこれまで 「ディズニーが金に物を言わせて強引に買収した」 ものとばかり思っていた。しかし、本屋でさわりだけ確認しておこうと数ページめくって飛び込んできたのは、「これ以上ピクサーが大きくなりすぎると、少しの失敗も許されなく」 なることを危惧し、逆にピクサーをピクサーの文化をいちばんよく理解しているはずのディズニーに託したのだ。

『トイ・ストーリー』 や 『ファインディング・ニモ』、『バグズ・ライフ』 のDVDを子供たちとディスクに穴が開くほど見てきたおれとしては、あのとき感嘆しながら観ていたあの映像表現の裏に、こんなエピソードがあったのかと楽しみながら読み進めることができ、2,000円近くする分厚い本だけれど、手にすることができて良かったと思っている。

ジョブズ関連本ではとかくその人格ばかり語られて、彼が実際に細かな部分で何をなしたかを知るには痒いところに手が届かないものが多いが、本著はジョブズに近かった人物から語られるジョブズとの歩みを知ることができるので、オススメです。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク