FC2ブログ

興譲 ―ゆずるをおこす―


出張の帰り道、自分用のお土産に 「道の駅米沢」 で買いました。

IMG_0318

浜田株式会社さんの限定醸造酒、 『興譲 ゆずるをおこす 』(搾りたて無濾過原酒)でございます。


IMG_0317

山形県産の 「つや姫」 を100%使用とのことで、ほかにも様々な種類の日本酒が丁寧な説明POPを添えられて陳列されていましたが、どれを買おうか躊躇していたところお店の人に ”限定品ですよ” と声を掛けられて観念して選びました(ぉ 限定品に弱いのは男のサガなのだよ・・・。

ところで、”ゆずるをおこす”って聞き慣れない上に語呂が悪いなと思いながら調べてみたところ、出羽国の心意気とでも言いましょうか、米沢藩九代藩主上杉治憲(鷹山)が興した藩校の名称、『興譲館』(命名は儒学者の細井平洲) に由来し、平洲が説いた人として大切にすべき思いやりの心、つまりは「譲る」 こと。その反対に思い上がり見下す心があると言いますが、相手を思いやらずに奪うばかりで譲り合うことがなければお互いの心を通わせることはない、だから思いやりの心を忘れるなという精神と、それを育むために教育の場を 「興した」ので、興譲館と。なるほど、米沢市内にある米沢興譲館という県立高校があるのもその由来なのね。学校とは卒業までの単位を与えるだけの場でなく、人として成長できるように育てる教育の場であるというその本質がその名にあるんだなあと思いました。


IMG_0304

というわけで、いただきまーす。アテはクマデジタルさんからいただいた福島りょうぜん漬け本舗プレゼンツ、とうちゃん漬(福島県産エゴマ入り)、君に決めた!・・・これがまた一見ご飯に合う系かと思いきや、お酒がスイスイ進む系じゃあありませんか。出張を終えた翌日に出社したあと、有給をはさんだ三連休を取ったので、ニンニク臭くても大丈夫だい。

肝心の 「興譲」 は、おれの大好きな 「成政」 に似たフルーティーなお味かつ、キレも良くてとても吞みやすいお酒ですね。基本的に何にでも合うオールマイティなお酒だとは思いますが、呑みながら思い浮かべるのは出発地が遠いからと柏崎で運転を交代してくれた同行者の人(お菓子までくれた)、福島から手土産を携えて会いに来てくれたクマデジタルさん。初めて会う人、久しぶりに会う人それぞれに思いやりの心をいただいておりながら、何の準備もしていなくて手ぶらでお別れしてしまってすいませんでした(汗

ああ、「譲り合う―相手を思いやる心」 を常におろそかにしないようにしなきゃ、そう反省しながら一晩で吞んじゃった。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めましてこんにちは

美味しい酒と好い肴

幸せなひと時

”ゆずるをおこす”の発祥説話を思い
酒の肴に味わうと尚更深い味わいですね♪

これからも楽しみに伺います
どうぞ宜しくお願い致します。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク