FC2ブログ

田尻池に行ってきた 令和3年度版②


”激山” という言葉がある。どうやら撮り鉄用語が発端のようだが、雲一つない青空の下に広がる壮大な山々を差す意味で、おれを含む( 富山県在住の一般の人や写真愛好家の人が使うケースが増えてきたように思う。

SDIM5908

これは昨年の3月の夕方に撮影したものだが、この日は朝からずっと立山連峰が見えっぱなしで、こんなことって年に一度もあったかどうかさえ分からないほどに珍しいことだったのだ。観光ポスターなんかでいくらでも目にする風景かもしれないが、実際に本物を肉眼で見られる機会というのは実はそうそうないのが事実だったりする。


SDIM7259

そんな激山を久しぶりに目にすることができた。まあ、激山指数からするとランクD くらいだろうなぐらいの天候だったが、年明けからずいぶん雪に悩まされてきたし、その雪もこの一週間のあいだに少しずつ融けてゆき生活にほぼ支障のない程度にまで道路も掘り出されて、ちょっと山を登るくらいはできそうだったので、呉羽山の展望台まで来てしまった。

ふと思ったんだけれど、案外この展望台にたどり着くのは初見殺しかもしれない。いちばん分かりやすいルートでも案内看板があるわけでもなし、おれは地元民だからいいけれど観光客には実は冷たいのだよ、富山県は。なにしろ、雨晴海岸へと向かう鉄道も一時間に一本しか走らないし、おわら風の盆の舞台となる八尾方面への鉄道も、基本2両編成のディーゼルカーだ。シーズン中には増便されるがそれだってたかが知れている。




そんなことを考えながら、うっかり安養坊側へ下りてしまい、うろ覚えの方向感覚に頼って県道44号線を探り当て、西へ向かうことにした。この道も、つい先々週あたりまでは十何時間も車の中で過ごさなければならないほど雪がひどかったんだよなあ。おれはそこまで酷い目には遭わなかったけれど、休日に好きなことをしたりあえて何もしないをすることを選べるというのは、ふだんの日常生活が担保されているからこそなのだと思った。


SDIM7265

というわけで、田尻池アゲイン。月末にはまた一週間以上雪が降るらしいし、激山だなんて言ってられない日が来ちゃうんだもんな。


SDIM7264

そんな季節にわざわざ越冬しに来るなんて、と思ったら彼らってばもっと寒さの厳しいシベリアから来てるんですってね。


SDIM7262

英名の ”Pin Tail” ってよく言ったもんだ。


SDIM7268

SDIM7274

「はいはい、ちょっと通りますよ」

オオバンも警戒心が強いので、こちらの姿を見るとそそくさと離れていってしまう。


SDIM7285

最近はこの羽繕いをしている姿を撮るのにハマっている。なんか一生懸命だしさ。


SDIM7283

そのおかげで得られるこの撥水効果! すげえな羽繕い。


SDIM7286

意外だな、と思ったのはキンクロハジロも他のカモ同様に陸上で羽繕いをするんだよね。いつも水面に浮かびながらという姿しか見ていなかったので、これはちょっと驚いた。でも、ふつうにカモ類の仲間なので当たり前っちゃ当たり前なのだが。


SDIM7298

そして、オオハクチョウもまた羽繕いをするのである。この日、撮影に訪れたタイミングとほぼ同じ時間帯に舞い降りて来たのを、ずっとしゃがんでオナガガモ撮ってたから気づくのが遅れた。できることなら、舞い降りる瞬間を写真におさめることができたらいいなと思った。ちなみにこのオオハクチョウは羽繕いが苦手らしく、ずっとアホ毛が直らないままだった。


SDIM7302

ぶくぶくぶくぶく。。。。。


SDIM7307

そんなオオハクチョウにガンくれながら警戒音・・・というか嘴を鳴らすオオバンさん。やっぱりでかくて邪魔なんでしょうか。



SDIM7309

そんな感じの田尻池でした。


おしまい。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク