FC2ブログ

護衛艦かがの一般公開に行ってきたぞ!


7月27日(土)・28日(日)に伏木港万葉3号岸壁にて一般公開された、海上自衛隊いずも型護衛艦「かが」(DDH-184)を観に行ってきました。立って?かがんで?いやいやこのクソ暑い中駐車場から1kmも歩いて行ったさ!

0E0A0104
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

4月から小学一年生になり、毎朝文字通り雨の日も風の日も健やかなるときも病めるときは休むけど登校班で歩いて学校に通っているだけあって、無理かな?と思う暑さでも休まずに歩いてくれた次男のハルキさん。さすがに水筒に入れてきた「DAKARA」は空っぽになっちゃったけど。まあ、帰りに補給するさ。


0E0A0106
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

おれは二日目の28日に行ったわけですが、前日の雨でできた水たまりがまだ残っていました。それにしても「かが」は大きいなあ。全長248m、基準排水量19,500トンですって! 実はこういう艦船の類を身近で観たことがなかったので、正直子供以上にワクワクしていましたね。なので、わざわざこの日のためにキヤノンさんから人気のフルサイズミラーレス「EOS R」と、「24-105mm F4 L IS USM」を借りてきちゃったわい。

*参考:戦艦大和は全長263m、基準排水量64,000トン。幅は38.9m(かがは38m)なので、初めて乗った船舶がこの「かが」だったおれは、今後何かしらの船に乗る機会があってもこの日ほど驚かないと思う。


0E0A0108
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

埠頭をふと見わたして目に入ったのは、まさかの陸上自衛隊の車両。陸上自衛隊富山駐屯地所属第7施設群第382施設中隊の81式自走架柱橋を搭載した74式特大型トラックではありませんか。


0E0A0110
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

せっかくなので、ちょっとだけ順番を待って中に乗せてもらうなど。乗りたい言うたんはおまえなんやから、ちょっとは笑えや。


0E0A0113
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

この車両は戦車やほかの車両が通行できるように橋桁を設置し、6両が一組となり最大で60mの橋を架けることができるそうな。ただし、90式戦車は重量オーバーだからこの橋渡るべからずだってさ。


0E0A0109
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

守山駐屯地からやって来た第10師団の化学防護車です。地下鉄サリン事件や原発事故で出動したことがあるそうです。ガチもんの現役バリバリ伝説。


0E0A0115
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

96式装輪装甲車です。側面にエビフライシャチホコの絵が描いてあったのでまさかと思ったら、この車両も守山駐屯地(愛知県)所属だったがや。


0E0A0116
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

あ、ちょっと笑ってる。


0E0A0117
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

このアングル、最高やないか!・・・あとでプラモデルないか探してみようっと。ちなみに今回の撮影に使わせてもらってる EOS R では「Pモード」で撮っているんですが、これまで使ってきたカメラとは比較にならないくらいちゃんとした「Pモード」でした。露出も失敗しないし、これなら意地になってフルマニュアルで撮らなくていいから楽だわー。このカメラほしーいって一瞬だけ思っちゃった。いや一瞬だけだってば。


0E0A0163
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

コマツ製の87式偵察警戒車です。今回観ることができた陸上自衛隊の車両の中では唯一先頭車両っぽかったので、ちょっと背筋が伸びましたね。


0E0A0166
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

カワサキのKLX250がベース車となるその名も「偵察用オートバイ」です。次男は何気にバイク好きでもある(特にホンダのNSR)ので、「オートバイといっしょに写真撮る?」と聞いてみると、ここ最近カメラを向けられることを嫌がるようになったはずがすんなりと応じてくれ、係の隊員さんが「乗ってみますか?」と言ってくださったのでお言葉に甘えさせてもらったぜ。


0E0A0114
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

もう、観るものもだいぶ観たのでそろそろ帰ろうかと思ってふと上を見上げると、なんと巨大な護衛艦が目の前に! えっ嘘、いつからそこにいた?←昨日からずっとです。みたいなボケと突っ込みを自分の心の中で消化しながら、本命の「かが」に乗ってみるドン。


0E0A0120
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

何度も言うけど、これすっごく大きい・・・です。こんなの見るの生まれて初めてだし、今日だけは入って良いよって優しく言ってくれるから・・・。


0E0A0121
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

遠慮なく入っちゃうんだから!(//>ω<)


0E0A0126
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

いざ入ってみると、あいや懐かしい艦これですか。そう言えば4~5年前にプレイしたっきりだったなあ。デイリークエストのためだけに早起きしたりとか、まあまあハマった時期もあったけどお気に入りだった衣笠を轟沈させて以来やらなくなった。それに、大和が何度やっても建造できなかったしな。


0E0A0128
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

せっかく中に入ったので、エレベーターに乗って甲板に出てみますぞ。もうね、何の細工もなしにこういう写真が撮れる時点で EOS R 持って来ててよかったと思ったよ。外でなら sd Quattro が解像感や金属の生々しさの表現を狙えるけれど、屋内かつ暗所はやっぱりどうしても、ね。だからこそ「fp」で SIGMA がベイヤー方式のセンサーを採用したのもよく分かるのだ。沼への入り口も茨の道だと人が警戒するからね。


0E0A0131
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

エレベーターには400人は乗せられると係の隊員さんの説明が。思わずイナバ物置4個分ですねって言いそうになったけど、あまり唐突な文脈で話しかけると怒られそうだからやめました。ヘリコプターなら2機乗るそうです。


0E0A0130
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

しっかし、カッコイイ艦橋だな、オイ。エレベーターに乗っている間脳内でずっとスティーヴ・スティーヴンスのギターが鳴りっぱなしだったぜ。今はまだ護衛艦だけれど、いつかは空母に改修されてここから F35Bが飛び立つ日が来るだろう。そのときもビックリするくらい簡易な手荷物検査で入れるような長閑な一般公開イベントが開催されるようであってほしいな。


0E0A0141
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

艦橋に掲げられているのは信号旗と呼ばれるもので、今回は「富山ラーメン食べたい」というメッセージらしいです(苦笑。なんだよー、言ってくれたら貪瞋痴に連れて行ってあげるのにー。やっぱり海自はカレーばっかり食ってるんですかね。


0E0A0133
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

とかなんとか考えていると、次男が防火服(防火衣 )に興味を惹かれている様子。なので、さっそく試着体験♪・・・思ってたより楽しんでいるみたいで、次の予定までの繋ぎのはずがだいぶ長居しちゃってるけどまあいいか。ツナギだけに。


0E0A0134
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

この日いちばんの笑顔―


0E0A0139
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

からの、いつもどおりの表情。着たい言うたんはおまえなんやから(以下略。


0E0A0142
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

甲板から外の景色を見てみると、なんだか呉に来たような気がしてしまうけれど、視界の先は雨晴です。そうそう、この一般公開にはそれこそ乳飲み子から歩き始めたばかりの子までオイオイ親共そんなに無茶すんなやと思ったもんですが、自衛隊員の方の中にはその子たちと同年代の子供さんがいる人も多いんでしょう、わりとサービスというよりも素で子供に構いたがる人が目立った気がしました。


0E0A0143
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

おお、哨戒ヘリのSH-60Jか。ああやって翼を折りたたんでエレベーターに乗ったりするんやね。


0E0A0145
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

んで、翼が重みでグニャ~ってならないようにアームで支えるようになってると。


0E0A0146
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

こういうイベントに置かれている機材って、ただの置物かと思ったら横須賀基地所属の本物でした。しかもまあまあの頻度でリベット留めでディティールが大洪水を起こしています。やべーな、プラモデル作りたくなってきた。


0E0A0151

そして、遠慮なく乗せてもらうし、操縦桿だって握っちゃう。


0E0A0149
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

隊員の人に「そのスイッチ押してみ?」と言われて戸惑う次男。


0E0A0150
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

『バン!』 と言われてビビる(笑。おもしれーな、この隊員さん。


0E0A0152
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

人間観察魔なのでこういうの気になっちゃうんですが、こうしてイベントに携わっている隊員さんたちと艦橋から遠巻きに眺めている隊員さんとの差ってなんなんだろうか。通常のローテってやつなのかな。


0E0A0160
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

手前のミサイルランチャーみたいなのは対艦ミサイル防御用のSeaRAM。いわゆる空対空ミサイルです。奥のまるいのはSATCOMかな。んで、壁面にべたーっと貼りついているのは「OPS-50A」対空レーダー。海の上だというのになんだか空ばっかり気にしてるね。潜水艦とかにはどうやって対応するんだろうか。


0E0A0157
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

さて、今度こそ次の予定までの移動時間もふくめて先が見えなくなりそうだったので帰ります。何度乗ってもこのエレベーターはアツい。アツアツポイントすぎる。


0E0A0161
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

その昇降スイッチを担っているのはこの女性自衛官の人。こいつが元締めだと思うなよ、無線の先には親玉がいるはずさ。こんなときでもバッチリ目つぶり状態で撮ってしまうことにカメラの性能は関係ねえ。


0E0A0153
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

そして最後に隠れミッキーを無事発見!みんなは見つけることができたかなー?


0E0A0167
[ Canon EOS R / Canon RF24-105mm F4 L IS USM ]

というわけで、半ば思いつきで行ってみた護衛艦かがの一般公開、ふだん目にすることのできない乗りものに触れることができてとても面白かったです。願わくばこうしたイベントが国威発揚なんかではなく平和を再認識できるお祭りであり続けるようにと思い、現地を後にしました。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク