FC2ブログ

黒部市𠮷田科学館に行ってきた


アブラゼミが高所に上れなくなったなら、それは夏の終わりの知らせ―。今年はセミの鳴き声をほとんど聞かなかったなあ、なんて思ってたら、たんに外が暑すぎてずっと窓を閉めてエアコンかけてたからだったという。

DSC03192

さて、久しぶりに日曜日に休みがもらえたので、今度は家族全員でどこかへ出かけることになりました。ただし、最近東京へ遊びに行ったばかりということもあって、あくまでも近場でという嫁からのリクエスト。

とはいえ、前日はふつうに仕事だったおれとしてはあまりテンションが上がらず、午前中はダラダラ過ごして下新川郡朝日町は宮崎海岸で翡翠探し・・・。野鳥のカワセミではなく鉱物のほうの翡翠(ヒスイ)ね。ちなみに言いだしっぺは嫁なんですが、近場どころか全然遠いんですけど!

この宮崎海岸は比較的波の高いところなため、カメラの水没を恐れて写真は撮ってません。とりあえず砂利浜なのでサンダルに小石がじゃんじゃん入り込んで痛かったとだけ言っておきます。


DSC03199

んで、次に訪れたのが黒部市吉田にある𠮷田科学館でございます。ここは、黒部市に工場を多く持つYKK(株)の創業者である𠮷田忠雄氏の寄付により1986年に創建された施設です。


DSC03200

・・・って、看板に書いてありました。(゚゚ )☆\ぽか

実は以前から気になっていた施設で、機会があればとずっと思っていたんですけど休日になかなか黒部まで足が向かず、先日のスイカ狩りのときは近くまで来ていたのにすっかり忘れていたこともあって、やっとこの日に来れたという。


DSC03201

前向きはここまでにしておいて、いざたのもー。


DSC03212

・・・さすがに建ってから30年も経ってることもあって、なかなかの趣き。かつ、手作り感満載の展示物に迎撃されて軽く面食らいますね。ここは富山市科学博物館と比べちゃいけない何かがあるんだ―。


DSC03222

今回は入館時間が遅かったのでプラネタリウムはあきらめましたが、古い投影機なんか見ちゃうとつい撮っちゃうよね。


DSC03206

んで、参加時間ギリギリに間に合ったワークショップ、惑星キーホルダー(木製)づくりに参加してみたドン!
ちなみに参加無料、かつ入館自体も無料(プラネタリウム除く)で、ちゃんと係の人が付いてくれるの安心して楽しめました。


DSC03203

参加時間こそ16:00までとなっていましたが、材料がなくなればそこで試合終了というこのワークショップ。ちょうど二人分だけ材料が残っており、娘と次男を無事参加されることができました。*嫁と長男は隣室のパンダ石コーナーに行ったきり帰って来なかったし、パンダ石はパンダ石というほどパンダじゃなかった(ぉ


DSC03204

材料と言ってもそんなに珍しいものではなく、直径2.5mmの木の玉と、ナスカンと紐だけで成立する簡単なもの。そいつにポスカでペイントして惑星っぽく仕上げようってだけ。それでも、子供にとっては自分なりの色使いで作品ができるというのは楽しいことのようで、時間ギリギリまで体験させてもらいました。


DSC03209

じゃーん、できたー。

たぶん、火星だと思います・・・。まーずまーずの出来かな、火星だけに(


DSC03213

通路に手作りの展示物の並ぶ𠮷田科学館、スタッフの方の苦労や工夫がにじみ出ているところは富山市科学博物館とはまったく趣が異なる部分で、ところどころ壊れている展示物が散見されるところも含めてキュートですね。


DSC03211

脱輪してたけど、これってタミヤの工作キットかなんかで見たことがあるような気がすると思ったら、本当にありました! ”つなわたりピエロ工作基本セット”というやつで、楽しい工作シリーズのNo.70075。今は絶版になってると思いますが、当時の工作キットはアツかったように記憶しています。モンキーポストマンなんか最高に好きだったなあ・・・。


DSC03214

なになに、フェラ・・・イト磁石の、不思議な動きねぇ・・・。不思議な動きかあ・・・。


DSC03218

休憩スペースでは、ジェンガの親分みたいな ”KAPLA” なる木製の玩具が展開されておりました。子供たちが文字通り夢中になって積み上げるその様は、まるで賽の河原のようでした。


DSC03220

これに意外にも食いついたのが娘でした。東京に遊びに行ったときに着ていたシャツ(ちゃんと洗濯してます)と、リュックサックを見ていると軽く記憶が混乱しそうになる(苦笑


DSC03223

次男も負けじと嫁の力を借りて、安土城の天守閣を作って・・・るわけないか。


DSC03224

休憩室のテレビでは、NHKで放送された 『コズミックフロント☆NEXT』 の録画が垂れ流し中。番組では野辺山宇宙観測所での研究の様子が紹介されていましたが、おれは書棚に置かれた宇宙兄弟の単行本を夢中で読みふけっていたので、内容はよく分かりませんでしt

ちなみに、何巻まで買ったか思い出せないままでしたが、おかげで29巻から買ってないことが判明しました。だってさ、あれって敵対や反目する相手もまた事情があって、みんな結局は良い人だったというパターンが多すぎて食傷気味だったんだよね・・・。


DSC03227

閉館時間が近づいたので次の目的地へ移動することに。この服がうまく脱げない半裸の女性の銅像もどうかと思いますが、なんで地元を代表する大企業の創始者ゆかりの施設の駐車場が舗装されていないままのか気になったのは内緒です。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク