FC2ブログ

西町大喜 二口店


冬休みを絶賛満喫中の次男を連れて、富山ブラックの ”元祖” として名高い 『西町大喜』 ・・・の二口(ふたくち)店に行ってきました。大喜といえば、北へ700メートルほど行った先に 『大喜 根塚店』 も有名ですが、ここ 『西町大喜 二口店』 は典型的な富山ブラックで、マイルドな大喜 根塚店(創業者から直に手ほどきを受けてのれん分けをした直系)とは対極にある、

ただただ真っ黒でしょっぱ辛いスープが堪能できるお店でございます。



店内はこんな感じの雰囲気でっす。ランチタイムをやや外した時間帯に訪れたので、先客が二人いた程度でした。




『西町大喜』 の系列は、創業者の高橋是康氏が亡くなったあと、その屋号とラーメンのレシピを 「有限会社プライムワン」という地元のレストラン経営企業(カプリチョーザというイタリアンレストランも展開)が買い取り、チェーン展開と”富山ブラック”という名称を世に広めたのでした。なので、ただただ真っ黒でしょっぱ辛いスープの醤油ラーメンも、この 『西町大喜』 が元祖ということになります。




二日酔いだったので、「中華そば(並)」とライスのセット(1,000円)を選択。入口近くで食券を買うシステムでした。ほほう、噂にたがわずまっくろくろすけなスープやないかえ。しかし、これまで 『炭火焼肉 こころ』 や、『翔龍』 でさんざん富山ブラックを味わってきたので、この程度では驚きませんぜ。




麺は中太のやつでした。うーん、おれは中太ちぢれ麺が好きなんだよなあ。味はとにかく”普通の”富山ブラックラーメンそのものでした。コンビニで売ってたインスタントのやつと良く似てるといえば伝わるかな。胡椒が効いててとにかくしょっぱ辛い。麺を味わうというよりも、ライスのおかずとして食べるような味付けのような気がします。あと、チャーシューがやたら多くて胸やけしそうでした。




そんなたべものを8歳児にも食わせるという暴挙(ぉ あとで感想を聞いたら、すっごく喉が渇いたと言っていました。




基本的にベロがバカなほうなのですが、ことラーメンに関してはちょっとうるさいおれとしては、『西町大喜』 はアリよりのナシって感じかな。この程度なら 『翔龍』 のほうが食べがいがあるし、二口まで来ていたのなら直系の根塚店のほうが子供にも良かったのかもしれないと思いました。話のタネにとか県外から来た人への思い出作りには向いていると思います。


スポンサーサイト



鬼滅模型/竈門炭治郎


”俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった”―と言いたいところですが、長男なのに我慢できずに買ってしまいました。

IMG_9130

バンダイから発売の 『鬼滅の刃』 の主人公、竈門炭治郎のプラモデル(ノンスケール)でございます。”鬼滅模型”と銘打ってるだけあって、この後もシリーズ展開しちゃうんでしょうか。でも、そろそろみんな飽きてきたころなんじゃない?


IMG_9132

ともあれ、『鬼滅』 がこれほどまでにブームとなったのは、この炭治郎の羽織の模様にあるのではと思わずにはいられません。禰豆子が咥えている竹もそうですし、富岡義勇の半々羽織もそうです。一目で見てその作品の登場人物だと誰もに分かってもらえるってのは、これまでにヒットしたジャンプ漫画の作品にも見受けられるパターンだと思います。

ただ、コロナ禍の下、子供たちにマスクを着用しないといけないという、この不条理な生活に慣れてもらうことにも 『鬼滅』 は一役買いましたよね。自分の力ではどうすることもできない現状を、 『鬼滅』 に登場するキャラクターたちの羽織や着物と模様を纏うことでできるだけストレスを緩和しながら受け容れることができたのかもしれません。これはもう、鬼の首が血しぶきをあげて飛ぶとか、手足が斬られるという残酷描写にまみれた作品内容を受け容れる・受け容れないというレベルの話ではないな、と。

その有名な羽織の模様も塗装済み、かつ3Dパズルのように組むことで躍動感のある動きが再現されてしまうというバンダイの技術ってば本当すごい。


IMG_9133

反面、ずるいなと思ったのは炭治郎の日輪刀。もともと黒い刃という設定のため、黒い樹脂の成型色でも成立できてしまうことに笑ってしまいました。ちなみにこの黒い刃は、”始まりの呼吸”とも呼ばれている「日の呼吸」を継承した者の証とされていますが、その詳細がわからなさすぎて出世できない剣士は黒い刃なのだと言われている曰くつきのものです。簡単にいえば、主人公さいつよってことですよね。

・・・煉獄さんの鍔も付属してくれたらよかったのにな(ボソ


IMG_9131

驚くべきは、顔の造形の部分。今年、劇場公開25周年を迎えるトイストーリーのプラモデルの免疫があるので、さほど驚きはしませんでしたが、この重ね合わさるように一体成型されたパーツで顔が出来上がってしまうという変態具合に思わず声が出てしまいました。


IMG_9134

ウッディのときはシール再現だった瞳でさえも、炭治郎ではまさかの一体成型!・・・これぞバンダイ、驚異のメカニズム!!

その弊害として、ゲートがややカットしにくいかもしれません。ここはキャラクターものだからと道具をケチらずに、お高めのプラモデル専用ニッパーを用意しておきましょう。あと、耳飾りの部分に気をつけないと、髪の毛を組み付けるときにポッキリ折れちゃいますぞ!←経験者(ぉ


IMG_9137

さて、上述した炭治郎の特徴的な柄の羽織ですが、順番に組み付けていくだけで接着剤は不要、そしてゲート痕も見えないという素晴らしさ。


IMG_9136

裏地はこんな感じです。そうそう、鬼滅隊の隊服の背中の”滅”の文字は柔らかくて馴染みやすいシールで再現されています。これもまた出来がよくて思わず声が出ちゃいますよね。


IMG_9138

というわけで、できました。このときのために用意したネタではなく、たまたま先日買ってきていた 「鬼ころし」 をちびりちびりと呑りながら組立てた時間はおよそ一時間。耳飾りで手こずらなければもっと早く出来上がったかもしれません。かといってあまりペースを上げてしまうと逆にこっちが出来上がってしまって手元がおぼつかなくなったかもしれないので、これでいいのだ。


IMG_9139

上の写真は、ジョン・ラセターの表舞台復帰記念の一枚です。まあ、作品には罪はないのですけども。



サイバーパンク2077


12月10日に発売となるまでの間、幾度もの発売延期を重ねてきた 『サイバーパンク2077』 でしたが、発売後4日目にして公式サイトにてバグが取り切れずにプレイに支障をきたす場合があることと、初代PS4(うちのやんけ)と Xbox One においてはそれが特に顕著ということを認めた謝罪文とともに返金対応を発表しました。

おれは発売日の翌日にパッケージ版を購入、USB接続の外付HDDへインストールするのにおよそ4時間かかったことや、その後すぐにバージョン1.04へとアップデート、それさえも1時間程度かかったことに関してはもともと覚悟の上での購入だったのと、以前 『グランド・セフト・オートV』 をプレイしたときにはしょっぱなから落ちまくるという洗礼(システム・アップデートでエラーは解消)を受けていたので、多少のバグぐらいで目くじらを立てる気はもとより、完成度に文句をつけようなどとはまったく思いもしていませんでした。そう、カスピ海のように広い心とバイカル湖のように深くて静かな情を持ってこの 『サイバーパンク2077』 のありようを受け容れていたのです。

サイバーパンク2077_20201216113037

まあ、さすがに序盤の要、主人公 ”V” の命運を決めた最初のミッションの重要アイテムが入ったトランクがこんなんだったときには苦笑しましたし、なんならエラー吐いて落ちた(エラーコード CE-34878-0)ときには上記の経験から、システム・アップデートが降ってくるまでお預けかなあなんて思ってしまいました。


サイバーパンク2077_20201216152907

それでも、さすがに序盤からゲーム内容が充実し過ぎていたので、一旦スタートからやり直して今に至るわけですが、幸い今のところは進行できなくなるようなトラブルもなく、自分の腕以外は順調に進んでいるように見えますね。ついでに言うと、キャラクター選択で女性を選ぶと序盤の相棒のジャッキーとのやり取りに厚みが増すように感じますし、ジャッキーと別れたあとに出会うジュデイとの同性だからあり得そうな腹の内の探り合いも疑似的に味わっている感覚を憶えるのでオススメだと思います。


サイバーパンク2077_20201215173327

ちなみに相棒のジャッキーは、相手が女性だろうが構わずテキーラを飲ませがち。


サイバーパンク2077_20201216105615

どんだけテキーラ好きやねん。


サイバーパンク2077_20201215105107

ところで、FFVIIリメイクのときもそうでしたけど、古びたエアコンの室外機ってふつうにサイバーパンクみありますよね。


サイバーパンク2077_20201216052801

ゲームの進行度はまだたったの4%(!)ではありますが、今はこの女性を目下捜索中という感じです。もうね、格好からして 『ブレードランナー』 を思い出させてくれるので、あんな感じの映像作品が好きな人だったら絶対このゲームはハマれると思います。


サイバーパンク2077_20201216153642

んで、最大のトピックであるこの登場人物、まさかのあのキアヌ・リーブスですよ・・・!

1995年の映画 『JM』 で主人公を演じたキアヌがこのゲームに登場するということは発売前から分かっていたことではありましたが、あまりにも発売が延びたためにこってりと忘れていたのは本当です( そもそも ”サイバーパンク” というジャンルの始祖といえば 「ニューロマンサー」 のウィリアム・ギブスンですし、そのギブスンの原作でかつ映画の脚本を書いたのがこの 『JM』 であるというのであれば、キアヌこそがサイバーパンクの権化なのである!(暴言)


サイバーパンク2077_20201216154940

あと、いかにもこの 『キル・ビル』 的な似非和風ビジュアルもいかにもな感じで最高に最高なんですよ(語彙力

ともあれ、おれは今回の騒動でパッケージソフトの返品や返金を申し込むことはしません。むしろアップデートでなんとかなるのなら、それはそれでここ数年の間に慣れてきた ”発売後のクオリティが必ずしも完成品ではない” という感覚を甘んじて受け入れようと思います。これはけっして ”アタリショック” の始まりではない、優秀な(はずの)ゲームスタジオが生き残れるのなら、できるだけ応援したい、そう思います。

けっして今回の件でアラル海のようにゲームスタジオ界隈を干上がらせてはいけないと思いました。今のご時世、多少なりとも寛容になれないと、あとに残るのは砂漠しかないのではないでしょうか。致命的な不具合が取り除けないまま潰しちゃったら、元も子もないんだぜ・・・。



壊れた大乱闘スマッシュブラザーズ(Wii)版トゥーンリンクの amiibo を直した話


いつ買ったのか憶えていないのですが、発売時期はおそらく2015年ごろなのでたぶんそのくらいの時期に衝動的に衝動買いしたのだと思います。WiiU版 『大乱闘スマッシュブラザーズ』 に登場するトゥーンレンダリングされた ”風のタクト” のリンク(ゲームキューブで初登場した当時は衝撃的だった)の amiibo (アミーボ)、NFC内蔵でゲーム機と連動させることで対応ソフトのゲーム内に登場したりしなかったり・・・。というやつを、WiiU も持たないのにフィギュアの出来だけで買ってしまったそんな時代がありました。



その ”トゥーンリンク” も、およそ5年の間にいつの間にか持っていたはずのマスターソードがポッキリ折れてしまい、一度は補修したもののやっつけ仕事だったためまたすぐに取れてしまって遂にはどっかへ行っちゃいました。このままでは報われない(何にだ)ので、なんとかしなければと思っていたのですが、ようやくひらめいたのでさっそく実行に移します。




まず、左手首を切断―




そこへ、レゴのミニフィグの手を移植するんだ!だ!




出来ました。

2mm のピンバイスがなかったので、1.5mm のでぐりぐり削って穴を開けてからギュッと突っ込んで完了。




まったく違和感がありません。これなら気が向いたときにあんなものやこんなものを手に持たせて遊ぶことも可能かと思いますが、子供にいつ気づかれるかちょっと待ってみようと思います。



Panzer Dragoon: Remake/Nintendo Switch


細々と 『天穂のサクナヒメ』 を進めていながらも若干飽きてきたので(ぉ、ちょっと筆休めに。



おじさんゲーマー世代には懐かしい、『パンツァー・ドラグーン』 のリメイクでございます。ほかのプラットフォームとしては PS4版 と PC(Steam)版がありますがここは敢えて Switch版 を選択。だってセールで安かったし。アッー!




開発はセガではなく、インディーゼデベロッパの MegaPixel Studio が担当。ビジュアルこそ現代的なアレンジとなっているものの、オリジナルのプレイ感覚を踏襲とのことです。それにしてもオリジナルのサターン版リリースから25年ですか。そりゃ年も取るわけだ。ちなみにサターン版を持っていたはずですが、ソフトを保管している段ボールごと実家で行方不明のためサターン版との比較は実現できませんでした。




とはいえ、当時のプレイ感覚などもうすでに遠い記憶の彼方へ飛び去って行ってしまったので、一周回って新鮮な気持ちでプレイできますよね。ていうか操作方法すら忘れていてボタンアサインに慣れるのに一日半かかりました。そりゃ年を取ったわけだ。

というわけで、今さらポータブルゲーム機などと思いながら買った Switch Lite ですが、こうして着々とソフトが増えていくわけでございます。シレン5+も買ってあるけどあれはしばらく積んどこうと思う。


以上です。



過狩り狩り―吾峠呼世晴短編集/吾峠呼世晴


『鬼滅の刃』 の空前のヒットとそれに群がる数多のコラボ企業の有象無象に片足を突っ込みながら、果たしてこれらの事象はたった一人の漫画家の力だけでできたものだろうかと思っていたとき、『鬼滅の刃』 のひな形となった作品があったことを知って、それが読めるという吾峠呼世晴氏の短編集を買ってみました。



というわけで、吾峠呼世晴短編集でございます。ええ、そのまんまですとも。

ひな形となったのは、『過狩り狩り(かがりがり)』 という読み切り作品。なんでも、当の作者はこれを世に出すのを諦めかけていたところを家族に背中を押されて 「第70回JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年)」 に応募したところ、佳作を受賞し翌年の 「少年ジャンプNEXT!!」 にて漫画家デビューを果たしたそうで、その後はスランプに陥るものの当時の担当編集者だった片山達彦氏の助言によりデビューの原点となった 『過狩り狩り』 へと立ち返ることになり 『鬼滅の刃』 が生まれ、現在に至ると。(Wiki 調べ)




言われてみれば、当時から受け継がれているアイディアが散見されていて、粗削りだけれど面白いです。それと、あとがきに書かれているような 「担当さんについていただく前で、第三者からのアドバイス等もなく描いているので、何度か読み返さなければわからなかったりする」(原文ママ)という部分は、デビュー作品の段階ですでにその状態だった弐瓶勉の 『BLAME!』 を履修していればどうということはありません(ぉ

もともとは 「着物を着た吸血鬼=和風ドラキュラ」 を明治・大正年代を舞台に描きたかったのがスタートだったというのはややあっけなかったかなとは思いますが。




『鬼滅』 を読み終わったからこそグッとくるのが、2013年当時の作品ですでに珠世さんと兪史郎がそのまんまの姿と関係性で登場する場面。この作品では二人とも鬼ではなく吸血鬼でしたが、主役なのかどうかもあいまいな隻腕(で盲目?)の剣士が振る刀身に刻まれる文字が”悪鬼滅殺”だったりとか、その彼が腕(と視力?)を失ったシチュエーションがどことなく錆兎を思わせたりとか、今だからこそ楽しめるエッセンスにあふれていますねえ。

そんな作者に担当編集としてついたうちのひとり、片山達彦氏のインタビューもまた今読むと味わい深いです。

『鬼滅の刃』大ブレイクの陰にあった、絶え間ない努力――初代担当編集が明かす誕生秘話 - livedoor NEWS
インタビュー中盤に出てくる”連載会議用カット①”の炭治郎と禰豆子のイラストなんか鳥肌立ちますぞ!


あと、これらのやり取りを読みながらふと思い出したのは、あの鳥山明ですらボツ原稿を出しまくりながら 『Dr.スランプ』 にたどり着いた話―当初アラレちゃんは主役ではなく千兵衛が主役だった、というエピソード。何かが生まれるって瞬間はきっとひとりでは無理なんだと思いました。

『ジャンプ』伝説の編集長は『ドラゴンボール』をいかにして生み出したのか - IT Media ビジネスオンライン


ついでに、『Dr.スランプ』 でさんざんイジられていた鳥嶋氏が実は本当にすごい人だったことが分かった記事も紹介しておきます。80年代に目をキラキラとさせながらTVゲームで遊んでいたおれらにはたまらない内容かと思います。

伝説の漫画編集者マシリトハゲーム業界でも偉人だった!鳥嶋和彦が語る「DQ」「FF」「クロノ・トリガー」誕生秘話 - 電ファミニコゲーマー


来年になってもこの 『鬼滅』ブームが続くかは分かりませんが、2031年の亥年にまた盛り上がったら楽しいかもな。そのころは次男も成人を迎えるころか、長男は結婚してたりするのかな。それかワンチャンおれに孫ができてたりするのだろうか。そしたらきっと、その子に100均で売ってる玩具の刀で日輪刀を作ってやるんだ←

『鬼滅』 が鬼の打倒のために幾世代へと技を紡いでいったように、『鬼滅』そのものも親から子へと紡がれるコンテンツでありますように。


追記:

―作者の吾峠呼世晴氏が連載終了後にスッと姿を消したあとも、世の中にはいろんな 『鬼滅』 グッズが溢れかえりました。おれも自分の観測範囲内でどこまでその魔の手(言葉が悪い)が伸びるか傍観していたのですが、カップラーメンはまあいいとして玩具界隈ではアクアビーズ(超懐かしい)がまさかの品切れ中という話も耳にしました。今や街中のいたるところで目にする炭治郎や禰豆子たちといった人気キャラクターは、ufotable制作のアニメ版に準拠したデザインに全集中しているように感じます。そうした状況を吾峠呼世晴氏ははたしてどんな目で見ているのかちょっと気になりますね。自分が作り出したものがその手を離れて個人ではコントロールの利かない規模にまで大きくなるなんて、とても経験のできることではないよなと思いました。

世界を虜にしたアニメ『鬼滅の刃』はどう作られたのか ufotableにしかできない作画とCGの融合 前編 後編 - AREA JAPAN

『鬼滅の刃』ブームの裏に、アニメ化と計算尽くしのファン獲得策 - 日経クロストレンド




劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 @TOHOシネマズ ファボーレ


もしも ”きっとこの人は流行りものには乗っからないだろう” と思われていたら、それはそれで嬉しいのですが、単行本最終巻の発売日の朝刊5紙に4枚もの全面広告を打てるほどに巨大化した作品をさすがに看過できないと思い、観念して 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 を観に行ってきました。めざすは昨年秋に大幅に増床&改装リニューアルしたショッピングモール、「フューチャーシティ・ファボーレ」内に併設されています「TOHOシネマズファボーレ」 でございます。



ちょうど前々日に単行本最終巻を買って読んだテンションで挑むので、心に何の迷いもありません(ぉ アニメはフジテレビで放送されたのをまとめて観たし、なんなら原作は不眠症のついでに家族旅行で泊まったSLハウスで読み切ったので、これ以上ないくらいに準備万端なのである。(無限列車編に相当する7巻~8巻めあたりを読んでいるときに、はじめてSLハウスに泊まっているというタイムリーさに気づいた←)

ちなみに次男が着けているマスクは友人手製のもの(いつもありがとうございます)。すっかり気に入ってこの日も迷わず着けてきました。




お昼の回ギリギリに飛び込んだのは、スクリーン6(220席+車椅子席1つ)。スクリーンサイズは5.3×10.8mということで、このシネコンの中では2番目に大きい環境。いちばん大きなスクリーン6は、『STAND BY ME ドラえもん2』 だったはず。

よもやネタバレという無粋なことはしたくないので詳細は華麗に避けたいと思いますが、気になったところといえばラストの後(日本語おかしい)、原作ならば煉獄さんの生家へ赴き、弟の千寿郎と父である槇寿郎へ杏寿郎から託された言葉を伝えに行く―というシーンでエンドタイトルが流れればよかったのになあ、と思ったり思わなかったり。まあ、そこまで描いてしまうと映画の主役が炭治郎であるのが薄まってしまうからでしょうか。

それと、「下弦の壱・魘夢(えんむ)」 に夢を見させられていることに気づいた炭治郎が、夢の中の自分にそれを伝えようとする場面、原作も同じ描写ですがともに違和感を感じました。



川の水面に映る姿に驚く夢の世界の炭治郎、興味深いことに”鏡合わせ”ではなく”マジックミラー号”の中から見たかのように描かれていました。現実では水面に映る炭治郎の額の痣は右側であるべきはずなのに、原作でも映画でも明らかにまるで窓の外から覗いているような描写をされているのは興味深いですねえ・・・。




よく考えてみれば、次男と映画を観に行ったのはこれが初めてでした。その記念というわけでもないですが、パンフレットをゲット。豪華版はすでになく通常版(1,000円)でしたが、次男にはこれでじゅうぶん。家に帰ってからさっそく絵コンテを参考に我妻善逸の絵を描いていました。そーかそーかお前も善逸派かあ。

善逸といえば、この無限列車編の中でも無類の強さを発揮しますが、それもこれも彼自身の能力が眠りに落ちたときにはじめて発揮されるのであって、魘夢に眠らされていることが逆に善逸を強くさせたというシチュエーションに思わず笑ってしまいました。いやあ、これ本当に計算ずくだったら最高に巧いよね。ともすればただの賑やかしやコミックリリーフ止まりとなるようなキャラクターに、こうした見事な設定を与えることで主人公ばりに活躍させることもできちゃうという。

結局、この 『無限列車編』 での炭治郎の印象は、敗走する手負いの 「上弦の参・猗窩座」 に対して泣きながら罵詈雑言を浴びせるだけだったというのは意地悪な見方かもしれない(苦笑。しかし、原作では活躍する場面がやや淡泊に感じた煉獄さんの戦闘シーンが Ufotable による見事なアニメーションでとても躍動的に描写されていてすごかったです(語彙力。

ところで、主題歌である LiSA が歌う 『炎(ほむら)』 という楽曲、なんとなく途中から米津玄師の 『Lemon』 に聴こえてくるのはおれだけなのだろうか。

―僕たちは燃え盛る旅の途中で出会い 手を取りそして離した未来のために 胸に残り離れない 苦いレモンの匂い 雨が降り止むまでは帰れない―








鬼滅の刃 23巻(紙)/吾峠呼世晴


よもやよもやである。

吾峠呼世晴氏の 『鬼滅の刃』 の単行本最終巻がついに発売されたのだ。 単行本の発売ということは連載はすでに終わっているので、ラストがどんなだったかを知る人も多いだろう。それが不思議とネタバレに触れることはなかったのはきっと大多数の読者の人の善意だと思っている。―今や知りたくないことまでいやでも目にしてしまう世の中なのに。

IMG_8304

というわけで、22巻目までは電子書籍で買っていたものの、家族と泊まった無限列車SLホテルで読むにはスマートフォンの画面ではいささか読みづらかったので、最終巻だけは紙の本で読もうと決めていたのだ。どうせ、子供たちも読みたがるだろうし。それにしても、滑川市の東福寺野にあるこの公園が話題にならないのが不思議でならない。いや、せっかくだから”鬼滅”フィーバーは富山駅北に出来るという新しい公園に置かれるSLに任せて、ここはこのままであってほしいと願うのはわがままだろうか。

さておき、『鬼滅の刃』 の英語翻訳版が 『Demon Slayer』 というのは、いかにもらしいというか日本語の表現力の巧みさをかえって再認識させてくれた。意味としてはけっして間違いではないのだけれども、そんなタイトルの創作物ならいくらでもあったろうと思わざるを得ない。やっぱり、『鬼滅』 は ”きめつ” であってこそだと思う。

22巻目の発売から時間が経っているので、あえてここで触れることにするが、禰豆子がはっきりと意識を取り戻した場面を読んで、「ああ、これで炭治郎が死ぬなんてことがあったら切ないなあ」 「いや、それで物語に深みが増すならそれもありかも」 とか想像していたのだが、納得のラストで締めくくられて本当に良い意味できれいに終わってホッとした。なんなら、うっすら目から変な汁が出そうになったくらいだ。過大評価なのは認めよう、手垢のついた部分などいくらでもある。それでも人を惹き付けるにはじゅうぶんな作品だ。

今を思えば、禰豆子のコスプレをしたどこの誰だか分からない人の画像を Twitter で見かけたのが最初だった。はじめこそ 「銀魂」 や 「BLEACH」 の亜流と思い込んでいたものだ。それがよもや子供たちが学校に着けていくマスクの柄になるほどに認知されていくとは想像もつかなかったが、禰豆子の口がふさがれているのとは意味は違うが、顔の半分を覆われて生活しないといけないことへの不安を少しは緩和してくれたと信じているので、あの設定は今の世の中にあって偶然だが絶妙だと感じている。

そう、誰かの姿を自分に投影してみたり、本当の自分ではない別の人格を演じることで人は正気を保てることだってあるのだ。



表紙の写真を撮りたかったが、家族じゅうで順番を取り合って読んでいるので暇がなかった。劇場版は早ければ明後日観に行くはず。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク