FC2ブログ

L_EGO


睡眠が不規則になってきたり、疲れが溜まっているのにスッキリさせる方法がない、あるいは効果がなくなすすべもないときにレゴで遊んじゃうことが過去にもありました。ちょっと気になって調べてみると、レゴはある種のセラピーに役立つようですね。ヒーリング効果とは違うのがミソですが、なるほどなと思いました。

愛のままにわがままに、レゴで遊んじゃっても良いじゃないか。

IMG_6291

というわけで、唐突にレゴでコアラを作ってしまいました。


IMG_6292

ほら、どこからどう見てもコアラですよ、コアラ。コアラのマーチ食いてえな。


IMG_6283

こだわったのはガルウィング。このギミックやりたさに組み立てていたらいつの間にかコアラになったのは本当。そういえば、正面に長いものを付けたらゾウさんにもなるよね。飽きたらちょっとやってみてもいいかな。


IMG_6284

運転席を作り込んでしまう性格なんです。


IMG_6285

今回は特に後部の防御力強化のために速射砲を作りました。まるでモガディシオの街を走るピックアップトラックのようでもあり、


IMG_6286

ちゃんと回転するその姿は艦載砲そのものでもある。弾幕が薄いだなんて言わせないぜ?


IMG_6287

左側の収納ボックスには愛用のコップを。


IMG_6288

右側には牛乳パック。


IMG_6289

後部座席はなんと切り離しも可能!(外すときに力が要るので、たいていの場合あちこちのパーツも外れるのは内緒)


IMG_6290

このアングルからのシルエットがなんか気に入ってしまった(笑

飽きたら次男に好きなようにさせるつもりだけど、あともう少しくらいは遊んでいたいような、そんな気分かな。



スポンサーサイト



STAR UOZU Tシャツを買った話


レノボ・ジャパン合同会社代表取締役社長兼、NECパーソナルコンピュータ株式会社代表取締役執行役員社長のデビット・ベネット氏の著書、『外資系社長が出合った 不思議すぎる日本語』 について書かれた記事を読んで、その中で取り上げられた一本の映画のことを思い出しました。ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという二人の名優が共演した 『最高の人生の見つけ方』 の原題が 『バケットリスト(The Bucket List)』 というやや聞き慣れないものであることと、その言葉が生まれた意味がなかなか深くて、映画では余命いくばくもないことを知った二人の男がともに死ぬ前にやり残したことを実現するために病院を抜け出し、最後はやっぱり死んじゃうんだけど、さわやかなエンディングだったのを憶えている。もちろん、そんな映画を積極的に観る年齢ではないし、何年か前に行ったオムライスの美味いことで有名な個人経営のレストラン(現在は廃業)でたまたまテレビに映っていただけだ。それでも、二人でなんとなく突っ込みを入れながら観ていました。

んで、その 『バケットリスト』 のバケットとはバケツのことで、首を括るときの足場にして最後は蹴っ飛ばして死ぬ(Kick The Bucket)―その前にやることのリスト、つまり死ぬ前にやりたいことって意味と知って不謹慎だが笑ってしまった。どんな人間も、後悔したままくたばるのだけはイヤなんだろう。

IMG_6170

というわけで、大げさですがくたばる前にやりたかったことのひとつを消化しに、魚津駅前新町は『魚津ショッピングスクエア サンプラザ』 にやって来ました。ていうかこないだも来たばっかりなんだけどな。


IMG_6169

目当てはここ、あの ”STAR UOZU” Tシャツで一躍全国区になったお店、『超B型なお店 CANDY』 さんです。STAR UOZU Tシャツといえば、今や富山県内のコンビニ(魚津市内のセブンが中心かな)や駅でも買えるほどに有名なアイテムとなりましたが、通販サイトもあるこのご時世に、おれはちゃんとお店に行って買うことをずっと考えていました。やっぱり雰囲気や肌触りは感じていたいもの、ブラウン管じゃ分からない景色が見たいのだ。


IMG_6168

んで、店長の大久保さんとウェーイ!!! あらためてお会いして確信したのは、何年か前におれが魚津市内で働いていたときに一度会ったことがあること、なんなら STAR UOZU Tシャツを扱っている市内のセブンイレブンのオーナーは顔見知りだし、世間は狭いものなんだなあと思った。


IMG_6171

しかし、超A型なおれはついつい無難を求めてしまって、STAR UOZU Tシャツの中でもいちばんベタなやつを選んでしまった・・・。だって、せっかく着るのにそれとは気づかれなかったりしたら寂しいじゃない?だから、誰もが人目見てそれと分かるやつを買ったのよ。もちろんそれだけでは気が済まないので、今度はまた別のデザインのを選びに行くつもりだけど、おれのバケットリストはなんだかんだと蹴っ飛ばすにはまだまだ時間がかかりそうなのである。


THE SPACE BETWEEN


思えばサポートの切れたOSのためだけに使われなくなるPCに、何か別の活用方法はないかと模索したのが始まりだった。SONY の VAIO が好きだったので、中古品をわざわざ手に入れて試してみたかったのが、かつて VAIOノートシリーズで使われていた充電状況を知らせてくれる音声、知る人ぞ知る茂木優理子氏による ”「バッテリーが少なくなりました」「バッテリーの充電が完了しました」” のアナウンスを、Linux をインストールした PC でも使えないかというただの思いつきの遊びだった。

音声データそのものは、所有してた PCG-C1 を廃棄するときに引っこ抜いて保存してある 20年ものの熟成されきったデジタルデータで、今でも大事な宝物のひとつだ。

本邦初公開!! ソニーのバイオノートが発する“声”の正体はこの人!!――「バッテリーの充電が完了しました」 - ASCII.jp

そうしてほとんどのことを知らないままに始めた Linux だったが、今のところまだ最初にやりたかったことへはたどり着いていない(苦笑。むしろすっかり横道にそれてしまって数多ある ディストリビューションの中から興味を持ったものを片っ端からインストールして、その振る舞いの違いを楽しむことが今では趣味のひとつとなっている。ちなみにサーバーの構築とかみたいな高尚な使い方はまったく考えていない (`・ω・´)キリッ

というわけで最近も2012年発売の VAIO にインストールしてみた Linux ディストリビューションの中から、ふたつご紹介。

■VOYAGER 20.04 LTS

スクリーンショット_2020-07-18_22-24-18

名前で選びました(ぉ

Linux には Debian 系・Red Hat 系・Arch系・・・等があり、見た目の違いのほかにコマンドライン入力時の約束事が異なりはしますが、基本的には ”パソコンデインターネットをする” 程度の用途であればデスクトップ・テーマがちょっと違うくらいの感覚で遊べます。より突っ込んだカスタマイズはそもそもおれの知識が浅薄なので、深入りしないようにしています。

んで、この VOYAGER は Debian から派生した Ubuntu 系のデスクトップ環境に Xfce を採用した Xubuntu をベースとした軽量な ディストリービューション。日時や使用状況を表示する Conky が標準でインストールされていて、雰囲気だけはバッチリです。ただし、VOYAGER そのもののインストール直後には日本語入力の有効化の作業が必須で、日本語フォントによる Conky の文字化けの解消といった一連のプレイがひとつの目玉です。

手順は以下のとおりで、「端末」―Windows でいうところのコマンドプロンプトから入力します。

[ $ sudo apt-get update ] で、まずはアップデート。

[ $ sudo apt-get install fcitx-mozc ] ”Fcitx-mozc” という日本語入力メソッドをインストール。

Conky の設定は、Ctrl + H キーで隠しファイルの表示を有効にして、「Home」→「.conky」→「conky」→「conkey14」と順に開いて、「TimeFull」(ふたつありますが、(copie1) のほうを使って英語で表示させるほうがカッコイイです)ファイルをダブルクリックし、TEXT以降の文字列を入れ替えていきます。

voyagerのConky文字化け対策 - けいきゅん ヽ(^◇^*)/♪ でおじゃる

だいたい出来たら、あとは Chromium を 「ソフトウェア」 からインストールすればできあがり。古めのパソコンでインターネットするくらいなら全然余裕です。


■Endeavour OS

スクリーンショット_2020-07-18_22-28-55

これも名前で選びました。しかも VOYAGER とのデュアルブート。宇宙探査機 と スペースシャトルっすよ(笑。壁紙はちゃんと発射時のを使っています。(VOYAGER のは 映画インターステラーのガルガンチュア)

Arch 系のディストリービューションで、触ってみた感じは当たり前だけど Manjaro と同じ。デスクトップ環境は Xfce で、個人的には Linux のデスクトップ環境ではいちばん使いやすいと感じているので、若干敷居の高い Arch 系であっても何も難しいことはない。

相変わらず初期状態では日本語入力ができないので、Fcitx-mozc をインストールするのですが、そのやり方はやはり独特。

[ $ sudo pacman -S fcitx-mozc fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-qt5 ] wiki の情報は古いので注意。

そして、Ctrl + H で隠しファイルを表示させ、「/.xprofile 」 というファイルを探します。なければ MousePad (テキストエディタ)で作成し、以下のように編集。

export LANG="ja_JP.UTF-8"
export XMODIFIERS="@im=fcitx"
export XMODIFIER="@im=fcitx"
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export DefaultIMModule=fcitx

同じく、「/.bashrc」 というファイルを編集して、再起動。

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx

タスクバーとかのフォントが気に入らなければ、「設定」→「外観」→「フォント」で変更できるので楽勝。こんな感じであまり大きくいじらずとも不通に使えるパソコンの環境ができあがります。

このふたつとも他のディストリービューションと同じくドライバ類ははじめから適用されているし、Windows パソコンと同じような感覚で使えるので、なんでもっと流行らないのかなあと思ったり。さて、あとは未だ最初の目的を達成できていないので、いよいよやってみようかなあ・・・。


GARDEN


「ああ、これは絶対にいい写真が撮れる日だ」

SDIM6296

そう自分に言い聞かせながら、小雨まじりの中央植物園に行ってきました。同じ自然光でも、多少曇ってたほうがしっとりとした画になるからね。季節柄見ごたえがあるのは外ではなく温室内の植物たちだったかもしれませんが、でもおれは久しぶりの写真散歩なので、屋内には入らず広い園内をテクテク歩くことに決めました。


SDIM6258

蓮の葉が水をはじくの、好きなんですよね。もうちょっと寄れたらもっと面白い写真が撮れたかもしれないけれど、ドボンはしたくないぞ。


SDIM6264

ニイニイゼミの抜け殻かな。


SDIM6267

植物園に来たのに、植物ではないものに惹かれていくのはなぜなんだろう。


SDIM6268

SDIM6271

SDIM6274

ハグロトンボ(だと思う)とアメンボ。


SDIM6278

SDIM6281

SDIM6286

SDIM6287

時間が止まる瞬間。


SDIM6288

SDIM6294

SDIM6309

なんだかいきもの図鑑みたいな写真ばっかりになっちゃったね。でも撮るのは楽しかった。



JOKER


嬉し涙は右眼から出るのだそうで。だったらアーサーはあのとき泣いていたんだろう、笑っていたんだろう。

というわけで、世間様のほとぼりが冷めるのを待って 2019年公開の 『JOKER』 を BD視聴。こういう映画ってどんな気分のときを選んで観るべきなんでしょうかね。アメコミヒーローのバットマンに登場するヴィラン(敵役)の中でも特に有名なジョーカーがいよいよ誕生しちゃうエピソード(ハリウッドってネタ切れなのかこんなプロットの作品よく創るよね)を描いた作品。

楽しい映画悲しい映画いろいろあるけれど、どちらかと言うとこの映画は、悲しい方かな。そんな内容だというのが分かっていて、どんなときにそれを観ろというのだろうか、なんてずっと思っていたところ不意に気が向いたので。

肝心なところはいつも匂わせてばかりで、ラストシーンはいったいどの時間軸で描かれたのか謎を残したままと、とてもずるい作品でしたが、これまでいくつもの 「バットマン映画」 を観てきた身としては、やはり過去の作品に登場してきたジョーカーとの比較をしてみたかったわけです。

特に今や多くの人の心に残るあの 「ダークナイト」 のジョーカー、ヒース・レジャーの演技がとても迫真に迫っていて怖かったですよね。単純にただ怖いのではなく、本名や出生についての記録もなく、ただ突然目の前に姿を現し、目的も理由も表明せずにひたすら ”正義” を挑発するように犯罪を犯す―。

これほどまでに不気味である意味スッキリする ”悪” って、今まで存在しなかったんじゃないかなというほどのヴィランでありながら、一方で 「誰しも心に光の届かない闇を隠している」 と観た人に問いかけるような目と笑い声からは、一度触れたら逃れられない。そんなキャラ立ちの際立つ作品があったあとでの同じ役というのは演じにくかったとは思いますが、勝ち負けではないしそもそも演出面でのアプローチが違うとは分かっていながらも、やっぱりホアキン版は分が悪いかなと。

唯一ハッとさせられたのは、トーマス・ウェインの発言によって群衆がピエロのマスクを被って蜂起し、ゴッサム・シティを炎に包んでいくシーン。たしかにこの作品の主役は ”ジョーカー” と名乗ったアーサー・フレックなのだが、本当のジョーカーとはあの暴徒と化した群衆の中にいた多くの名も知らぬ”誰か”=”誰もが”ジョーカーなのではないか、そう考え始めたとたんにこの作品がとても興味深いものになった。そして、あの有名な階段を米津玄師のように踊りながら降りていくシーン。ほかのシーンではずっと暗い場面だったのに、意気揚々と踊るなのシーンだけは光を浴びているんですよね。ついに”何者でもない自分”にスポットライトが当たったかのように。

それくらいに”ジョーカー”としてのロールモデルとなったアーサーの人生そのものは、ラストのカタルシスを迎えるに至るまで同情を通り越して悲劇でしかなく、共演のデ・ニーロよろしく役作りのために過剰にやせ細り、リボルバーを構えて一人語りをするシーンなんかはもう、あざとすぎて呆れちゃうくらい。

同僚から譲ってもらった38口径の誤射も含めてリボルバーなのに再装填もなしに9発という発射数(1発目は自宅での誤射、残りは地下鉄の車内やプラットフォームで8発を3人の酔っぱらいに浴びせた)は、使用された拳銃が装弾数6発のコルト・ディテクティブスペシャルということが本当ならば、なぜこんなミスを?としか思えず、一気に目が覚めてしまいました(

そんなところをいちいち突っ込んじゃってちゃ、映画なんて楽しめないぞと思うのですが。


呉羽青少年自然の家のザリガニ池


身に覚えのない有休を取得したついでに、嫁のアイディアで 『呉羽青少年自然の家』 でザリガニ釣りに行くことにしました。

DSC04927

嫁が電話で問い合わせたところ、”さおやバケツは貸出しするが、肴は炙ったイカでいい餌用にさきいか等は用意してきて下さい”という解答だったので、来る前にローソンであたりめを調達してきました。157円。


DSC04929

狩場はこちら、富山市は西金屋にある 『呉羽青少年自然の家』 でございます。ちょうど富山市ファミリーパークのある里山の北側っすね。

当初の予定では羽咋市内で見つけた田んぼの畦道付近まで遠出するつもりでしたが、天候が良くなかったのと、すっかり終息ムードだったはずの新型コロナの感染者がまた出てしまったので、仮に天気が良くてもまだ県外へと不要不急の用事で出るのは憚られるなと思って。

それにしても懐かしい・・・。ここへ来るのは中学校の宿泊学習以来かな、枕投げをしたり、同じクラスの好きな女の子の名前を言い合ったりとか富山県在住の誰もが甘酸っぱい思い出をここに置いていっているのではないでしょうか。知らんけど。


DSC04932

よかった、スベるのは階段のほうで、おれじゃないんだ(


DSC04934

おひとり様90円(ただし、小中学生の同伴要←日本語おかしい)で楽しめる、ザリガニ池はこちらになります。無制限の一本勝負が今、始まる・・・!


DSC04933

ルールはこんな感じです。キャッチ&リリース、来たときよりも美しく。まあ、このルールがあるおかげで子供に家で飼えないことを納得させることができたりもしますよね。


DSC04936

いかにもこの中に潜んでいそうな雰囲気を醸し出していましたが、実際はあんまりそうじゃなくって普通にそのへんの泥に隠れていたのが面白かったです。


DSC04937

さっそく釣り糸を垂れる次男と嫁。途中まで貸し切りだったし、ここは静かで空気も良いし、本当に良い場所だったよね。


DSC04938

餌が良いのかよほど何も食べさせてもらってないのか、入れ食いで捕獲できる在日のアメリカザリガニさんたち。少しくらいのコツは要りますが、ちょっと遊ばせてもらうつもりで来たわりには想像以上に手ごたえがあって楽しいぞ。


IMG_5995

そういえば、自分が子供のときにザリガニなんて飼ったてたことあったかなあ・・・。オタマジャクシをバケツ一杯に捕まえてきたはいいけれど、餌をじゅうぶんにやらずに共食いをさせてしまったことや、羽化が楽しみすぎてカブトムシの蛹室を壊してしまって奇形が生まれたりとか、おれはとにかく生き物を飼育する資格がないのだけれど。


IMG_5997

こんな年齢になって初めてザリガニの口の場所を知る。


DSC04939

ほどほどに捕まえられたら、大きめの一匹だけをとりあえず残してリリース。そして場所移動するのがスマートなプレイスタイルやね。


IMG_5998

しかし、だいたいにおいて大人は飽きるのが早いのであった。


DSC04943

そんな親どもを気にもかけず、さお二本で挑む次男。ていうか、ほとんどスタートしたときからずっとおれバケツ係だったから疲れたんよ。休みの日ほど疲れるあるある。


DSC04945

なかなか諦めない次男に手こずりながらも、小雨がパラついてきたので今日はこれにて終了―。いやあ、これは毎年来ても良いくらいやね。昆虫王国立山や氷見市海浜植物園も良いけれど、ここも気に入りました。来年も来る、きっと来る。


DSC04946

雨がそれほどひどくなかったので、富山市ファミリーパークに来てみました。思えば今年の初めに年間パスポート(1,500円)を買ったのに、新型コロナウイルス流行の影響で利用できたのはまだ一回だけだった。6月より営業が再開した園内では手洗い消毒とマスク着用を推奨するアナウンスが定期的に流れていて、今も油断できないことを思い知らされます。


DSC04949

午前中から飛ばし気味に遊んだので、今回は無料エリアを中心にと思って西口から攻めてみます。←年パス無関係。


DSC04950

そっかあ、もうすぐ七夕なんだよね。後ろに切実な願い事を書いていらっしゃる方がいたようですけれども。


DSC04951

嫁がここの紫陽花のことをしきりに話題にしていたので、どんなもんかと思っていたのですが、入園してすぐ理解できました。今まで来る時季が違っていたので気が付かなかったのですが、ここ富山市ファミリーパークの紫陽花は素晴らしく綺麗です。それが見られただけも良かったし、知っている場所のほとんどの紫陽花が枯れてしまっている中、ここのはまだまだ元気そうでした。


DSC04952

いつ来てもここの雄の孔雀にアピールされるんだけど、これはひょっとしてひょっとするのかな。


DSC04954

なんでこんなの撮ったか忘れましたが、飼育されているスーパーカブです。


IMG_6015

最近も雛が三羽生まれたとニュースになったライチョウさん。意外と鳴き声が喧ましくてドン引きしちゃった。


IMG_6022

キャイーン。

(なんでヤギって一頭は必ずクセの強いのがいるんだろう)


DSC04958

シメは寝そべりながら草を食むシカさんでございました。トラとかキリンなんかがいるエリアには(体力的にも)たどり着けなかったけれど、アスレチックコースを楽しんだり、オオワシのいるエリアで草刈り(機械だと鳥が驚くので鎌で刈る)をしている飼育員さんと話をしたり、こういう楽しみ方もあるんだなあとあらためて思いました。


Obsolete Ego Dance


初の Retina ディスプレイ搭載 MacBook Pro がオブソリート製品に - iPhone Mania

ですってよ。

ここでいったん用語を整理しておきましょう。”オブソリート” というのは直訳すると 「時代遅れ、廃れた」 という意味の英語ですが、パソコンメーカーでもある Apple 内では 「販売中止から7年を過ぎてハードウェアサービスを終了している製品」 という扱いになり、修理や補修部品の取り寄せといった対応をしてもらえなくなるサービス上の区切りのひとつです。

ビンテージ製品とオブソリート製品 - Apple


日本の家電製品なんかだと補修用性能部品の保有期間が決められていますが、製造者によっては保有を継続しているケースもあり、12年使った冷蔵庫を修理してくれ、いや交換部品がないだろうから無理、なぜ分かる?とりあえず見に来い、なんていう押し問答が家電量販店で繰り広げられるとかないとか。

補修用性能部品の保有期間 - JEMA(一般社団法人日本電機工業会)


家電製品のケースはさておいて、ことコンピュータ製品ともなると、7年以上も前に発売した製品のマザーボードや純正ストレージなんかをいつまでもストックしておくのはナンセンス。いつ換金できるか分からないものを保有しておくためにいつまでも金利を払い続けるなんて、コンピュータ製品でなくともいつかは終わらせなければならないこと。Apple の場合はその線引きがかぎりなく明確だってことやね。

そしてもうひとつ、Apple のいう ”ビンテージ” という用語は、上記リンク先にもあるように 「販売中止から 5 年以上 7 年未満の製品」 のことで、これは暗に 「Mac は少なくとも5年以内に買い替えなはれや」 と言っているように聞こえなくもないですよね。

MacBook Pro 2013 Late なんかもう首の皮一枚だってばよ。

実際、Apple 製品に触れてみると分かるのは、新しい OS が発表される都度、何年も前の古い Mac には順次対応しなくなるため、適切なタイミングで更新していかないと使い続けるのは難しくなるということ。伊達や酔狂で 2009年製の Mac mini (アップデート上限は2015年にリリースされた El Capitan まで)を手に入れたり、2010年製の MacBook Air (同じくアップデート上限は2017年にリリースされた High Sierra まで、ただし最終更新は直近の3月)をもらったりしたはいいけれど、いつまで使い続けることができるやら。

Apple 自体は OS のサポート終了期限を明確にはしていませんが、Safari で閲覧できなくなるサイトが増えたりとか、Google Chrome や Firefox などといったブラウザが更新できなくなるころが実質的なサポート終了だと思います。


これがもし Windows だったらと考えてみると、最近では 2020年1月14日に延長サポートが切れた Windows 7 を思い出しますし、 Windows 8.1 でももう2年くらいでサポート終了を迎えるはずです。ただ、Windows の場合は新しいOS・・・Windows 10 がリリースされた際にはユーザーがどんなスペックのパソコンを使っていようがおかまいなしにアップデートを促し、本意に反してでも更新ボタンをクリックさせた上、それまで正常に稼働していたものを不稼働にしてしまうケースが多々あった(ハードウェア的にはサポート期限内だったとしても)だけに(それが理由で新しいパソコンに買い換えざるを得なかったユーザーのなんと多いことよ)、それと比べると Apple ってけっこう優しいんだなと思いました。






魚津ショッピングスクエアサンプラザ2階 『円笑』 の濃厚とんこつ醤油ラーメン


”(´・ω・`)知らんがな”と言われてしまえばそれまでなのだが、おれがラーメンを食べてもスープを飲み干すなんてことは滅多にない。ソウルフードである 『炭火焼肉こころ』 でも、高岡市野村の 『翔龍』 でもそうだ。麺を食べ終わったあとは少しだけ余韻を残したくて蓮華に一杯程度のスープを口に含んでごちそうさまなのだ。

IMG_5943

そんなおれがスープを飲むのを止められなかった。もともと量がそんなに多くなかったかもしれないが、何気に『貪瞋痴』 以来だわ。いやあ、旨かった。


IMG_5942

体質的に胃はじょうぶだが腸が弱いせいで、とんこつ系の成分を吸収しにくいため、食べる前はちょっとだけ心配もしたものだが、見た目ほどくどくもなく、退屈させない程度の濃さが絶妙なスープ。ちなみに麺はそんなに好きじゃない中ストレート麺だったけれど、スープに合っていたし食べ応えもあって美味しかった。帰りにお腹が痛くなることもなかったので、パッチテストは完了。これからは魚津に来たら積極的に食べに来ようと思う。

このお店は本来は居酒屋なのだが、お昼にはこうしてランチメニューとしてラーメンを出してくれる。古い友人がSNSでちょいちょい写真をアップしていたのを思い出し、嫁の実家の仕事の手伝いの帰りに来てみたら大正解。唐揚げも頼んでみたかったけれど、ちょうどこの日の朝のNHK番組 『あさイチ』 で、茶色い食べ物はカロリーが高いという特集をやっていたので自重してしまった。

せっかくサンプラザまで来たので、”STAR UOZU” Tシャツで有名なお店 『CANDY』 さんにも行きたかったのだが、嫁がいる手前、ステッカーとか面白いグッズをキャッキャ言いながら選べそうになかったので、今回もスルーしてしまいました。ボーナスが出たら今月中に行っちゃおうと思う。そしてキャッキャ言いながら ”STAR UOZU” Tシャツ買うんだ・・・。




最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク