FC2ブログ

ベストヒットクロニクル ”2/5 PlayStation (SCPH-1000)”


3月28日に発売された、バンダイのベストヒットクロニクルシリーズのプレイステーション(SCPH-1000)を組み立ててみました。コロナ禍で休日も外出を控えねばならず、昼酒が捗りすぎてプラモデルの購入費用を圧迫していたのは本当です。そうそう、二日酔いで寝ていて子供の歯医者の予約をすっぽかしちゃったぞ。

IMG_4706

さて、今日は休肝日なので満を持して組み立てに取り掛かります。レッツヒアウィゴー

IMG_4708

稼働する実機(SCPH-7000)を見ながらプラモデルを組み立てるのって最高の贅沢だと思わないか? ちなみにセガサターンはソフトが見当たらないまま時が経ってしまいました。


IMG_4707

パーツ構成はこんな感じでーす。まあ、シリーズ2回目なので驚くこともないかな。でもこのサイズ感を見ているとついうっかりプレイステーションクラシックも欲しくなっちゃうよね、そうだよね。


IMG_4709

組み立てながら気が付いて慌てて調べたんですが、Dパーツの2番は使わないのでご注意ください。


IMG_4710

というわけでできました。頭おかしいんじゃないかというくらいにまんまプレステです。


IMG_4711

ただ、オトナの事情だからか、S●NYのロゴがありません。画龍点睛を欠くとはまさにこのことで、ちょっと残念ポイントかなー。


IMG_4712

今回プラモデル化されたのは初期型モデルのSCPH-1000なので、ピックアップ部が後期型のSCPH-7000とは異なるのがミソ。ちなみに初期型は「KSM-440AAM」で、SCPH-7000はたぶん「KSM-440ADM」あたりじゃないかなーと知ったかぶりをしてみる。こうしてみると、おそらく基板レイアウトの変更がされてピックアップ部の取り付け位置が変わったのが見受けられます。初期型は排熱の問題なんかもあったので、代を重ねるごとに洗練されてきたということでしょう。


それにしても、よくできてるよね。


スポンサーサイト



さんぽ


子供の通う学校の休校がさらに伸び、ますます先の展望が不透明になってきてしまいましたが、毎日目が覚めれば朝は来るのだし、できる範囲内のことをできる範囲内でこなしながら過ごしていくしかないんだよなあ。このままだときっと夏休み返上で登校ってことになるかもしれないけれど、昨今の猛暑のことを忘れてはならないと思う。そういえば学校の教室のエアコンって設置終わってんのかなあ。

SDIM5984

さて、昼酒をキメながらテレビゲームで遊んでばかりだとなんとなく身体が腐ってしまうような気がして、ちょっとの間だけ sd Quattro を持って近所を散歩することにしました。ふだん人通りがあると悪いことをしているわけでもないのになんとなく気兼ねをしてしまうけれど、外出している人が少ない今ならば少しは目立たないかな。しかし、こういうときにかぎってドラクエウォークの目的地にはいい感じのルートが見つからない。


GR020014

昔、同じような道を足元がおぼつかない子供を乳母車に乗せて歩いたことがあったっけ。


SDIM5988

そんな次男もずいぶん大きくなった。


SDIM5990

SDIM5992

SDIM5997

何十年も住んでいて、ドラクエウォークをしなければ行こうとも思わなかった路地も、あらためて進んでみると新しい発見があって面白い。スマホはとっくにポケットにしまい込んだままだ。


SDIM6003

SDIM5998

久しぶりに来た公民館前の広場の雲梯も、今はとても小さく見える。


SDIM6009

SDIM6008

言わんこっちゃない。


SDIM6017

SDIM6010



紙粘土で天狗のお面を作った話


キッカケはこれでした。

射水市で祭礼用の獅子頭を制作されている、『久宗獅子舞工房』 さんが動画で紹介されていた紙粘土を使っての天狗のお面の作り方。今年の春の祭礼は新型コロナウィルスの感染を危惧してどの地区も自治体主催のイベントも中止となるなか、少しでも子供を楽しませようと思って、我が家もやってみることにしました。



さすが立体造形のプロだけあって、すげえ上手い。


IMG_4515

さっそく必要な材料をダイソーで買ってきて、動画を参考に作り始めてみたぞ! ていうか、パーティ用の不気味なお面を土台にするアイディアが秀逸。買うときにはちょっと勇気がいったけど(笑。


IMG_4516

本当なら居間にある大きなテーブルの上でやりたかったんですが、次男と同じく休校で家にいる娘が宿題をやっていたので、しぶしぶおれの書斎(デスクで制作することになりました。おかげで 『 FINAL FANTASY VII REMAKE 』 が進みません。


IMG_4518

ダイソーで買ってきた紙粘土は2袋。なぜか初めからいい感じに柔らかかったので、こねて伸ばす作業も楽に進みました。


IMG_4519

おれもこういう工作は大好きなので、かといって手出しし過ぎないようにフォローしつつ形を整えていきました。作る工程を眺めながら、このバリエーションで 『デモンズ』 のマスクや 『ジョジョの奇妙な冒険』 に登場した石仮面なんかも作れちゃいそうだなあと思ってしまったのは本当。なんならカズ・ヒロ氏の真似をして実在の人物の顔を紙粘土で作ってみるのも面白いかもしれない。

おれならロン・パールマンのお面を作っちゃうかもだ。


IMG_4520

天狗らしくなってきました。耳を作るべきではありますが、次男的にはイマイチだったようで耳は省略することに。使用した紙粘土の量は耳のぶんも入れてちょうど2袋あればピッタリでしたね。逆に我が家ではそのぶん余っちゃいました。


IMG_4521

ディティールの鬼である次男が天狗のお面に目を入れていきます。最初は乾燥後に開けようと思っていたんですが、乾く前じゃないとやりにくいじゃないかという意見をおっしゃられたので仰せのままに。


IMG_4523

動画を止めて、静止画像を参考に口元を整えていきます。


IMG_4524

どうやらいい感じに出来てきたようです。この満足げな表情を見たくてこの遊びを始めたようなもんなんだよなあ。


IMG_4525

というわけで、できました。このままベランダにあるエアコンの室外機の上に置いて乾燥させます。

・・・が、子供がおとなしく待てるわけもなく、色を塗る前から持ち出して遊ぶもんだからおでこやら手やらが真っ白になってておかしかった(笑。


IMG_4565

ふたたびダイソーへ行ってペイントに必要な道具をそろえました。待ってろ、元美術部の腕前を見せてやるぜ?


IMG_4569

といっても塗るのは単色なんですけどね(


IMG_4570

印象を決める大事な箇所であるマユゲだけはお父ちゃんが塗りました。ここがはみ出たりしてるとこち亀みたいになるからね。

あと、ちょっとムラムラしちゃってつい立体感を出したくなって暗い色を足してしまいました。


IMG_4572

あー、乾くのを待ちきれずに目を塗ったら色が混ざっちゃったなあ。まあ、これはこれで手作り感が出て悪くはない。


IMG_4574

出来ました!

今回は本当に乾燥させないと大変なことになるぞと言いおいて、まる一日手を触れさせないようにしました。

そういうおれも、気が付いたら左手に金色の絵の具が付いてた(笑




完成にいたるまでの様子を久宗さんに動画にしてもらいました。このことは出来上がるまで子供に内緒にしていて、実際に 『久宗獅子舞工房』 のチャンネルで動画を見たときにはめちゃくちゃ喜んでくれましたぞ。

ぜひ、子供さんをお持ちの方は楽しい粘土工作で過ごしてみてはいかがでしょうか?正直、大人のほうが楽しんじゃってたかもね。


【用意するもの】

◆パーティ用のお面(ラファエルさんっぽいやつ)x1

◆紙粘土x2袋

◆絵具(黒・赤・金)x各1色ずつ

◆丸筆(太さの違いで何本かあればいいです)x1セット

◆使い捨てパレット(代用可)x1セット

◆つや出しニス(乾燥しても遊んでいるうちに剥げてくるので表面保護用に)x1→ダイソーになかったので、ホームセンターで買った

◆水(先日蟹を捕まえたケースがまたしても役に立ちました)x1

以上、ダイソーで税抜き700円から1000円くらいの予算で工作が楽しめますぞ。あまった絵具で段ボール獅子舞に色を塗るのも悪くなさそうだけど、それを次男に教えたら収拾がつかなくなりそうなので今は黙っておこうっと(笑。



FINAL FANTASY VII REMAKE


ゲームソフトを発売日ゲット、しかもリアル店舗でだなんて何年ぶりだろう(毎日のように通っている行きつけの家電量販店ですが)。 PlayStation 4 専用ソフト 『 FINAL FANTASY VII REMAKE 』 がついに 4月10日に発売になりました。会計の終わった商品の入ったとおぼしきレジ袋を持って出口へと向かう人たちの年齢層は、やっぱり 30代後半かそれ以上って印象が強かったなあ。あ、おれもか。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200411191458

いきなりネタバレですが、序盤も序盤だというのにあのセフィロスが姿を現します。23年前にプレイしたオリジナルシナリオの内容などもうほとんど覚えていないので、逆にここで驚いていいものかどうなのか戸惑ってしまいましたが、分けて発売されることを納得した上で購入している人がほとんどだと思われる中、この演出はニクイ。これなら常に続きを意識しながらプレイできるってもの。


FINAL FANTASY VII REMAKE_20200411082012

にわかに人気急上昇中のジェシーの言葉を借りれば、まさに 「さっすが」 なのである。

おかげで、来年のお正月のゲオのワゴンセールまで待ったりとか、高値で買い取ってもらえるうちにクリアして売っぱらっうなんてことが頭から一切消えました(ぉ おれは腹をくくったぞ、揃うまで手元に取っといてやるんだ。


FINAL FANTASY VII REMAKE_20200411191645

さて、FFVII R。ミッドガルの描写がすごい(語彙力)です。オリジナルでは3DCGで描かれた一枚絵の中をぐるぐる回るだけだったのが、今回のリメイクでは丁寧に描かれた架空の街の中を一本道ながら動き回ることができます。ただし、壱番魔晄炉が破壊されたあとの八番街のようすは、先にプレイした 『 BIOHAZARD RE:3 』 のラクーンシティーのトーンとかぶるんですよね・・・。

ところで、このエアコンのコンプレッサーってば冷媒が行き来する配管がないぞ。いったいどんな仕組みなんだべか。


FINAL FANTASY VII REMAKE_20200411215804

愛しのジェシーたんからもらったマテリアを装備すると、ちゃんとビジュアルに反映するのがウレシイ。そもそもこのマテリアをどう組み合わせて戦いに挑むかを考えるのが当時は超楽しかったんだから!


FINAL FANTASY VII REMAKE_20200411221737

そんなクラウド氏の目の前に、ついにティファが降臨。体験版では未登場ということで一ヶ月も焦らされただけに、もうどう接していいか分かりません。


FINAL FANTASY VII REMAKE_20200411221151

100日後に死ぬエアリス街にいた花売りの娘からもらった”出会った記念の”花を、さっさと他の女にくれてやろうとするゲスいクラウド氏。これはゲスい、本当にゲスい。


FINAL FANTASY VII REMAKE_20200411221446

しかもジュークボックスからはテーマ曲まで流れているんだぞ。ここは待ち合わせ場所じゃねーんだ、飲み物くらい飲んでけ。

溜まり場が酒場でかつ、街の雰囲気はスチームパンクとレトロフューチャーとを融合させた感じがまるで 『 アキラ 』 っぽいようなないような。23年前には脳内で補完するしかなかった情景を、今こうして緻密に再構成されたグラフィックで体感できるというのはきっと悪くないんだと思う。戦闘システムにはややクセがあるものの、勢いでなんとかなるしそのうちに慣れるだろう。操作感はさすが現代のアナログスティックに最適化されているだけあって本当にプレイしやすくなったと思いました。

耳が遠いので字幕をオンにしたけれど、声優を使ったセリフのやり取りがとても楽しくて没入感に一役買ってるのもイイね。ただ、ときおり 『 龍が如く 』 を彷彿させるような不気味の谷間スレスレのNPCを見るとちょっと複雑な気分にもなったり。

そんな感じの 『 FINAL FANTASY VII REMAKE 』 、オリジナルを未プレイの世代にもぜひ届いてほしい一作です。



ベストヒットクロニクル ”2/5 SEGA SATURN (HST-3200)”


3月28日に発売された、バンダイのベストヒットクロニクルシリーズのセガサターン(HST-3200)を組み立ててみました。同時発売の初代プレイステーション(SCPH-1000)は、おこずかいが足りなくて買えませんでしたが、貯金して買うつもりです。

IMG_4491-2

セガなのにバンダイ、バンダイなのにセガという組み合わせ、言葉を選ばずに表現するならちょっと頭おかしいんじゃないかと思うような突飛な企画、でもバンダイの技術力ならきっとハイレベルな造形で再現してくれることでしょう。ちなみに、次回のコラボ予定企業は日清食品ということで、もしかしてカップラーメンのプラモデルでも作ろうってんじゃないのかな、それこそ本当に頭おかしいぞバンダイ・・・(誉め言葉です)。


IMG_4492-2

セガのコーポレートカラーに合わせてロゴの色を変えてくるあたりもニクイ演出。


IMG_4493-2

パーツ点数はまあ、ふつうってところでしょうか。最先端の成型技術のおかげでパーツ分割数も最小限になっているのが実はすごいんですが、すごすぎて逆に伝わらないという。


IMG_4494-2

正味30分ほどで組み上がりましたが、1個だけ部品を余らせてしまって慌てて解体する羽目に(苦笑)。


IMG_4495-2

というわけで、できました。正味30分ほどで・・・ってさっき言ったよね。シールを貼るところだけは老眼にはキツかったですが、サクッと短時間で作れるってのはうれしいもんですな。これはいよいよプレステのも買わないと。


IMG_4496-2

実機は実家の倉庫で保管しているのため手元になく、代わりに初代XBOXとサイズの比較をしてみました。

誰も分かんねーよな、そうだろうな。


IMG_4514-2

なので、実機を回収してきました。実機の方は久しぶりに見たせいか、意外とぼってりした感じを受けましたね。ドリキャスよりも二回りほど大きい印象。んで、プラモデルはその2/5という大きさとな。もうちょっと大きくても良かったかもなあ、たとえばフットプリントがCDケースくらいとか。


IMG_4513-2

プラモデルを組み立てながら、この部分で何があったっけ?と気になっていた部分には、超懐かしいビデオCDとフォトCDが見られる
『ツインオペレーター』 なるオプションが挿入されていました。お父さんの若いころにはこれにずいぶんお世話になったもんだ・・・。あと、時計用の電池である CR2032 が見えますね。


IMG_4510-2

案の状、時計用の電池が切れていました。時刻設定をスキップすると、懐かしい起動画面が動き出します。・・・コイツ、動くぞ!


IMG_4511-2

ただし、ゲームソフトを押し入れの奥にしまい込んでいるため、今回の探索はここまで。久しぶりにレイアースをプレイしてみたくなったなあ。



つづく。


桜の木の落差


音もなく姿も見せない”それ”は桜の季節になっても止まず、ふだんと変わらない日常の中で人々の顔から表情を消し去っていくのである。白い布はただの気休め、自分よりも会う相手を警戒させないためのアクセサリー。

SDIM5961

というわけで、今年の桜も人目を避けて近所の穴場へと見に行くことにしました。本当なら、もっと行動範囲を広げたかったんだけどなあ。


SDIM5950

SDIM5959

SDIM5969

SDIM5952

SDIM5960

桜そのものよりも、桜が咲いていたという痕跡を撮るのが好き。明け透けに目に入れるよりも、ちょっとくらいのボカシがあったほうが、想像力が働くってもんだ。


SDIM5951

SDIM5967

子供に急かれながらの散歩で、今年の見頃の桜を楽しむのはおしまい。「散り際の桜ほどピンク色に染まるんだよ」 そう教えてくれた、嫁の言葉が忘れられない。




最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク