FC2ブログ

iPod nano MA980J/A


ちょっと古めの Apple デバイスにはなぜか惹かれてしまうんですよね・・・。



というわけで、うっかり立ち寄ってしまったハード●フでさっくりと捕獲しましたのは、iPod nano 第3世代(8GB)でございます。発売は2007年9月5日とのことなので、14年モノですか(たぶん)。古めどころの騒ぎじゃありませんね。




タッチスクリーン全盛期となった今や、このクリックホイールの操作がかなり新鮮。というか、個人的にはクリックホイール搭載最終モデルとなった iPod classic を毎日のように家電量販店に足を運んでいたにも関わらず、買い損ねたという苦い思い出があったので、いつかは触ってみたかったインターフェースでした。

うりゃー、ぐりぐりぐりぐり!

いやあ、良いですねー。このジョブズの残り香のようなデザインとこの独特な触れたときの感覚は。




鏡面仕上げの背面も傷はさほど多くもなく、ケース・ケーブル付きで2,200円(税込)だったのは掘り出し物だったのではないでしょうか。バッテリーの持ちも特に異常はみられず、回り道をする理由となった音の悪さ以外は何の問題もありません。そう、今でこそあまり気にならなくなってきたのですが、10年ほど前はウォークマンのほうが iPod よりも音が良いとされていたのです。

ただ、おれが持っていた NW-Z1000 は音はともかくとしてバッテリーの持ちが致命的に悪かったのと、当時は珍しかった Andoroid OS の今とは比べ物にはならない操作性の悪さで 、結局は iPhone にすべてを託すしかなかったのは本当。周辺機器も豊富だったし、何より ”1台でいくつもの役割を果たせる” モノが大好物なときだったので。その後 iPod touch も買いましたが、前述の理由であまり使うことはありませんでした。←なぜ買ったし。




これまた懐かしい 30ピンの USBケーブル。自宅にもストックは何本かありましたが、付属してくれてたおかげで温存することができました。ソニーが新しい機器を発売するたびに新規格のコネクタを採用するのにはムカつくけど、Apple ならなぜか腹が立たないのは謎です。


スポンサーサイト



ZUltra Soul


知人から 「故障したタブレットがあるんだが処分に困っている。もしくはオマエなら直せるんじゃね?」(意訳)という相談を受けて、Z Ultra という Xperia タブレット (画面サイズが5.5インチ以上7インチ未満なのでファブレットともいうらしい)を譲ってもらいました。

IMG_5266

型番はSGP412JP/B。このシリーズのラインアップにおいてはなんの変哲もないただの Wi-Fi モデルではありますが、過去に愛好者が周囲に何人もいたのを思い出し、ああこれなら人気が出ちゃうよねというくらいに絶妙なサイズに1920 x 1080の高解像度。職場の部下の人にもこの話をしたら、モバイル通信対応かつ限定カラーのパープルを持っていたらしい(!)・・・ちなみに彼のは内部に水が入り込んで本当に壊れてしまった模様(白目


iosys

それにしても、つい先月のゴールデンウィーク前に中古販売のイオシスで掘り出し物が見つかったという情報があったばかりで、現在はもう完売しているとは思いますが、手持ちの iPad mini 2 や Nexus 7 (2013) をことごとく子供たちに奪われていた自分としてはたとえOSは古くても何かしらのタブレット端末が欲しいと思っていたところだったんですよね。気に入っていた Sony Tablet P はいつの間にか壊れて動かなくなってしまったという状況だったので、これはきっと何かの運命でしょう(ぉ


IMG_5268

さて、今回譲ってもらった SGP412JP/B の故障内容は、このモデルにありがちなバッテリーの劣化による膨張ですた。とりあえず交換しちゃえばなんとかなるだろう、ダメならちょっとだけ経験値が増えたと思えばいいというくらいの低めのテンションで挑んでみましたが、過去にバッテリー交換をした方のブログを見て予習していたおかげで難なく交換は完了、フタを閉じる前にUSBケーブルをつないでみたところ、充電ランプが点灯したので小さめにガッツポーズしてしまいました。

交換用に買ったバッテリーは、Sato Commerce さんの互換バッテリー。ほかにもいろんなブランドからこの LIS1520ERPC 互換バッテリーが販売されていますが、数日で充電しなくなったとかのトラブルがあったりとかなかなか迷うところはありました。その中でも交換後のトラブル報告が少なめだったのでこちらを選択。

何よりいちばんの難所であるだろう、外装パネルはバッテリーの膨張で浮いていたのではがすのが楽だったという。


IMG_5267

交換に使用したツールはもともと Nintendo Switch のコントローラーの補修部品のセットに入っていたものを流用。特に樹脂製のヘラはこの手の作業には必須ですよね。いや~持ってて良かった。


IMG_5269

外装パネルは本体に両面テープで固定されていて、今回パネルを引きはがしたときに一部がヨレてしまったのでこちらも交換。モバイルショップ nn-Bay さんから購入しました。交換したのは背面パネル用だけだったので、液晶側が余っちゃったのはご愛敬。


IMG_5270

さて、こうして動かなかったものをまた動かすことができたとなると、次もまた何かしてみたくなるんですよね・・・。たぶん液晶のフレキが逝ったソニタブPをなんとかしてみたくもあり、このまま思い出とともに生きていたくもあり。そんな感じです。




ガラスの背面


前回までのあらすじ―。

2年使った iPhone 7 のガラス面(液晶は無事)を更新月を目前にして割ってしまったむっちーだったが、嫁の提案で地元ケーブルテレビ局が運営するMVNO回線の iPhone 8 に乗り換えをしたのだった・・・。

DSC04610

というわけで、iPhone 8 (シルバー色)でございます。なんでも中古未使用品だそうで、カラーは選べませんでした。ていうかピンクゴールドとの二択だったりしたんですが、そりゃまあこっち選ぶよね。

だんだんとこういうモバイル端末にもさほど興味を抱かなくなったので、直前まで iPhone 8 と 7 との仕様の比較さえしていなかったんですが、とりあえず背面の素材がガラスになったのだけは予備知識として頭に入れていました。おかげでちょっと重たくなったのが気懸りかな。

あとはなんだっけ、CPUが速いとかぐらいでカメラの性能は基本的に変わらないんだよね、知らんけど。


MNPの予約番号取得には多少手こずったのと、当然ながら引き留め工作にも遭いそうになりましたが、氷のような冷たい心を持ったつもりで対応したので、無事に丸め込まれずに済みました。でも、逆の立場だったら、オペレーターの仕事なんて絶対したくないよなあ、たぶん半日持たずに心折れちゃうとだろうなあ・・・。

思わず発番された予約番号が記載されたキャリアメールに 「冷たい言い方をしてごめん、悪気はなかったんだ」 と返事でも書こうかと考えてしまった(苦笑。




ガラスの画面


少し前になりますが、iPhone 7 を床に落とし、ガラスの画面にヒビが入ってしまいました。

DSC04609

2年前に以前の勤務先でソフトバンクからauへMNPしたときから使っていて、始めこそ保護フィルムを貼っていましたが、それもだいぶ汚れてきたということで剥がしてしまい、背面カバーのみ付けて使っていたのですが、気が付いたらガラス面の左側にうっすら亀裂が入っていました。まあ、この2年間で何度となく落としているものなあ、でも画面の真ん中とかじゃないから次に買い替えたくなるまで放置だな、と思っていた矢先でした。

さいわい液晶面までにはダメージが及んでいないようなので、その場で保護フィルムを買って貼り、これ以上ひどくならないようにしたわけですが←順番が逆という意見はナシで(苦笑、なんということでしょう5月の連休中に更新期間が切れちゃうじゃありませんか。

というわけで、もう数日ガマンして買い替えようかと思い始めたところ、嫁から思わぬ提案が。この春から社会人となった長男に持たせているスマホの回線は地元のケーブルテレビ局が運営しているドコモ回線のもの。そのラインアップの中に、中古未使用品といううさんくさい iPhone 8 64GB があって、こだわらないならそっちにすれば?と。

ケーブルスマホ - ケーブルテレビ富山

このまま au回線のスマホで機種変すると毎月の支払い額が大幅に上がってしまうのが目に見えているの(ざっくり言って毎月4,000円を切るくらいのが、iPhone XR とかでも軽く倍になる)と、もうそんなにこだわりも持たなくなっていることで、ほぼほぼケーブルスマホへMNPという空気になっています。そうして使われなくなるであろうおれの iPhone 7 32GB のガラスの画面だけ修理して(費用は2万円くらい?)、現在 16GB の iPhone 6 の容量不足で毎晩身悶えている嫁に譲ってやれば、お互いウィンウィンじゃなかろうかということで。

んで、嫁が使っている iPhone 6 を娘に・・・という感じにもなりそうな気配。これじゃあ、ショップの担当者もスマホが売れなくなって困るのも納得だわと思ったのでありました。



Sweat Revenge


写欲がすっかり湧かなくなったので、せっせと部屋の片付けに勤しんでいたわけですが、急に ”しばらくの間使っていなかったもの” に使い道を与えたくなった勢いで、パソコンで音楽を聴く環境を整えてしまいました。いや、別にそこまでしなくてもメインPCにも音楽再生ソフトや音源は入っているからそんなあちこちで音鳴らしてどないすんねんって話なんですけれども。

というわけで用意したものは以下のとおり。

DSC04332

①友人から譲り受けた Ultrabook PC。

NEC PC-BL350FS6W ってモデルです。内蔵していたHDDは、Kingston製の安いSSDに換えました。OS は Windows 7 home。もうまともなウェブブラウザも動かせなくなりましたねー。


DSC04333

②適当なスピーカー。

見覚えのある人もいるのではないでしょうか。4年ほど前に雑誌の付録のスピーカーユニットとエンクロージャーを揃えて組んだ、ブックシェルフ型のスピーカーでございます。当時2歳の次男に進撃されてウーファーがつぶされたのを、そのまま押入れ保管してました。

最初こそこのままでいいかと思っていたのですが、数日すると気になって仕方なくなってウーファー・ユニットだけ取り寄せました。


DSC04334

③新品の 8cm ウーファー・ユニット。

Fostex の PW80K(2個)をAmazonで購入。


DSC04336

あのときはいたずらし放題だった次男も、そこそこ分別がつくようになったので、この機会にちゃんとスピーカーとして使えるようにしようと思って。


DSC04339

スピーカー・ネットワークへはギボシ端子でつながっているだけなので、交換も簡単。晩ごはんの用意ができるまでの間にサクッと完了。なんかこの勢いで自作スピーカー熱も再燃しそうで怖いぞ。最近のおれはどうかしてるからな。


DSC04338

④パソコン老人会のメンバーにとっては激懐かしい音楽再生ソフト 『Winamp』。

何かの拍子にふと思い出して調べてみると、昨年の秋ごろにβ版ではありますが復活を遂げていました。2011年でいったん開発が止まっていたらしく、およそ7年ぶりですか。何年かぶりに ”Winamp, It really whips the llama's ass !” って聴いたときには震えましたね。ちなみにスキンは”Classic”ではなく、デフォルトの中でもわりとマシなほうを選択。だって文字が小さくて老眼にはキツイんだもん。あと、パソコンのスタートアップにも登録してあるので、電源ONからそのままソフトが起動するようになってます。


DSC04340

⑤サイズのわりに音が良いアンプ。

自作スピーカーから音を出すために、最近入手した A-N901 と接続。アナログ・レコード・プレーヤーともつながっているので、このさいだからCDレコーダー(PDR-N901)でも探してきて、レコードをCD化しちゃおうかとも思ったり。


DSC04341

⑥ボリュームコントローラ

いちおうマウスもあるけれど、ボリューム上げるためだけに手首を動かすのも億劫なので、これまた6年近く(!)前に買った Fostex のボリュームコントローラー PC-1e(B) にふたたび活躍の場が。


DSC04342

⑦D/Aコンバータ。

別冊ステレオサウンド、DigiFi No.10 というムック本の特別付録だったヘッドフォンアンプをDAC代わりに使用。これもまた長いこと棚の奥にしまいっぱなしにしてたなあ。これを使おうと思いつく前までは付録ではないちゃんとした製品としてのDACを買おうとまで考えていたんですが、試しにつなげてみると期待通りの成果が得られたので、無駄な買い物をせずに済みました。


DSC04343

というわけで、理想のデスクトップ・ミュージック・システムが完成~。音楽データはJazzを中心にSDカードに放り込んでます。それ以外のジャンルもあるけれど、ちょっとしたラジオ感覚で聴けたらいいなと。あとは、CDの棚をもうちょっと整理して非可逆圧縮するものとそうでないものと分けようと思っています。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク