FC2ブログ

鬼滅の刃だよ全員集合!


鬼滅の刃が流行りだしたころから、”強くなれる理由を知った僕”― って誰のことを言っているんだろうとずっとモヤモヤしながら、LiSA の 『紅蓮華』 (山口百恵の”曼殊沙華”に引きずられて”ぐれんか”だと思ってた)を聴いていたんですが、きっとこれは我妻善逸のことを言っているんだろうと自分の中で結論付けました。異論は認めますが、おれの結論が揺らぐことはありません。いちど決めたら猪突猛進だぜ!

SDIM6724

というわけで、鬼滅の刃では断然善逸派のむっちーです、こんにちは。

もはや社会現象と言ってもいいくらいに話題に事欠かない存在となった 『鬼滅の刃』 ですが、あれ本当すごいですよね。何がって原作者の見事な引き際というか、人気が出たからといって連載をズルズル延ばさずにスッと終わらせる潔さが。どんな人物かは知らないけれど、知らないままでいさせてくれるある種の清々しさが心地よい稀有な作品だと思います。

その後のグッズやコラボ展開の素早さと範囲の広さ、またはその企画の洗練のされ具合とか、もはや完璧すぎてぐうの音も出なくてあとはもう笑うしかありません。




特にツボったのが、この日清食品とのコラボ商品。百歩譲って 「鬼滅一丁」 までは思いつくかもしれないけれど、出前坊やを我妻善逸に置き換えたのはアイディアの勝利だと思います。炭治郎でもなく伊之助でもなく、たぶん髪の色が同じだからという発想からだと思うけれども、そこに善逸をあてたのは最高の選択。あまりにも気に入ったので、自宅用のほかに台風で帰宅できないときの非常食として職場に常備するほどでした。

(一度財布を忘れて昼食を買いに行けず、職場で 「汁なし油そば」 を食べたけれど、手間ばかりかかってあんまり美味しくなかった・・・。)


DSC04970

前置きが長くなりましたが、有給休暇を利用して家族で 『無限列車』 に乗りに来たぞ!

これはアレだぜ、この土地の主・・・この土地を統べる者。この長さ威圧感、間違いねえ・・・。今は眠っているようだが油断するな!!


DSC05010

・・・というのは冗談で、以前から予約していた滑川市は東福寺野にある 「東福寺野自然公園」 内にある 「SLハウス」 に泊まって、ちょっとした旅行気分を味わってみようかと。ちなみに宿泊料金は一部屋を一泊11880円で借りることができます。ここで Go To トラベルのチケットを出せばさらに3,000円浮くわけですが、まだ慌てるような時間じゃない使うならバーベキューかランチだろうということで、我が家は翌日のランチに充てることにしました。まあ、チェックインが夕方遅くだったし、片付けも面倒だからバーベキューはパスしたってのが大きな理由ですけども。


IMG_8266

さて、この無限列車の客室は家電製品一式が揃ったコテージとなっていまして、電子レンジは Panasonic 製の NE-E22A2、冷蔵庫は 日立製の2ドア RH-83T、電気ポットはタイガー製の3㍑タイプの PDR-G301、トースターは日立製のTO-G35Lで、炊飯器はチェックするのを忘れました(ぉ 商圏的にはおそらくヤマダ電機の滑川店で調達されたものと思われます。


IMG_8264

液晶テレビは三菱製の LCD-19MX35B というモデルで、アナログチューナーがまだ内蔵されていたころのものだったので、RFスイッチ等を持ち寄れば、ファミコンを接続して遊べるかと思います←ない。


IMG_8270

入室直後には何も映らなかったのですが、リモコンの電池が切れていたらしく、本体右横のスイッチを弄ったら映るようになりました。ああ、フロントの人に申し送りするの忘れてた・・・。


IMG_8265

キッチンはこんな感じ(業種的に興味ない)

あと、お風呂はビジホでよくあるユニットバスでした(同上)


IMG_8261

IMG_8263

エアコンはまさかのヤンマー製ガスヒートポンプ式で、ベッドルーム側は HAJ28K2、リビングルーム側はラベルの印字が消えていて確認できませんでしたが、おそらくマルチでしょう(建屋外にヒートポンプユニットがありました)。これがまたすこぶるハイパワーで、そもそも11月に滑川の山奥で泊まるなんて寒いに決まっとるやろと思って自宅から毛布を持参し、厚着して挑んだのに結局は寝苦しくて暖房を止めたというくらいに快適でした。


IMG_8262

ともあれ、バーベキューをしない代わりに自宅から持ち込んだお弁当の準備をするっす。こうして見ると SLの客車みはあまりありませんが、それでもかつては 「オハ35237」・「オハフ332193」・「ナハネ2071」・「ナハネ2064」・「オロネ1098」 の6両編成の本物の客車を宿として提供していたらしく、快適さは別として話のネタとしてその雰囲気を味わっておきたかったなあと思います。

現在は”客車風”のコテージとなっていますが、かつては廃墟同然だったこの施設をここまで復旧させた決断力はすごいですよね。


DSC05002

ちなみに先頭の蒸気機関車の D51-260 は、地球を60周する距離を走ったという伝説の柱、”鉄柱”ともいうべきカマでございます。よくもまあ、こんな山奥へ持ち込んだもんだ・・・。


DSC05037

持ち込んだと言えば、この駅舎もまた国鉄―JR時代の富山港線は越中中島駅(自宅の近く!)の駅舎を移築したものだそうで、さすがにその当時の記憶はないけれど、高校生のころまで住んでいた地域の最寄駅である蓮町駅の駅舎の記憶がフラッシュバックとなって現れてしまいそうな感じです。←昭和生まれ


IMG_8271

義妹が作ってくれたオードブルを口にしては 「うまい!うまい!」 を連呼する次男。おまえは煉獄さんか(


IMG_8283

無限列車の夜は更けて、おれはまたいつものように浅い眠りから覚めてひとりの時間を持て余す。なんとなく覚悟はできていたので、この際だからと電子書籍で買っておいた 「鬼滅の刃」 のまさに無限列車の回を読んで眠気が来るのを待つ。―煉獄さんあっけないねえ・・・(ネタバレ)。ていうかベッドの固さが備え付けの布団ではスポイルできず、翌朝は身体が痛くてたまりませんでした。来年もまたリピートするとしたら毛布だけではなく、布団持参で挑むべきでしょう。


IMG_8300

翌朝は貸し切り状態の広場へと繰り出します。2年前の真夏にここへ来たときはあまりの暑さで死ぬかと思いましたが、今の時季なら少し厚着をする程度で済むのでかえって快適でした。ここなら富山県美術館の屋上の公園みたいにうるさい監視員もいないから、思う存分遊べるね。靴は脱ぐ、それだけがルール。


IMG_8299

午前中のこの時間帯だけ晴れていた奇跡。嫁の体調も鑑みて昨晩は禁酒もしましたが、なんともなくて良かった良かった。むしろここへ来るって決めたそもそもの言い出しっぺは嫁のほうなんだが、まあいいか。

ベッドの固さやエアコンの煩さに辟易していましたが、この景色でぜんぶチャラになった様子。


IMG_8289

東福寺野名物、札幌の時計台の1/2レプリカ(設計者は同じ)でっす。


DSC05041

「海が見える時計台」 という看板が立っていましたが、どんな目をしたらこんなところから海が見えるんだろうと小一時間(ry


DSC05042

ただ、かつて嫁と二人で通った中学校の木造の旧校舎を思い出させるような木の匂いが良かったですね。懐かしいな、卓球部の部室で熟成を待ちわびた給食の牛乳を熟成させたチーズの臭い。←やめろ


DSC05046

100円で90秒の望遠鏡で盛り上がる人ら。今の時期、いや今じゃなくてもしゃかりきになって遠出しなくても良いんだ。ちょっといつも行かない場所までみんなで行って、ちょっといつもと違う時間を過ごすことのなんと楽しいことか。家族で出かけるのに長男が参戦することもなくなった、やがて娘もそうなるだろう。こうして、4人だけれど家族でここへ来れたことは永遠の記憶となる。

禰豆子だって言っただろう、大切なのは”今”なんだよって。


スポンサーサイト



紙粘土で天狗のお面を作った話


キッカケはこれでした。

射水市で祭礼用の獅子頭を制作されている、『久宗獅子舞工房』 さんが動画で紹介されていた紙粘土を使っての天狗のお面の作り方。今年の春の祭礼は新型コロナウィルスの感染を危惧してどの地区も自治体主催のイベントも中止となるなか、少しでも子供を楽しませようと思って、我が家もやってみることにしました。



さすが立体造形のプロだけあって、すげえ上手い。


IMG_4515

さっそく必要な材料をダイソーで買ってきて、動画を参考に作り始めてみたぞ! ていうか、パーティ用の不気味なお面を土台にするアイディアが秀逸。買うときにはちょっと勇気がいったけど(笑。


IMG_4516

本当なら居間にある大きなテーブルの上でやりたかったんですが、次男と同じく休校で家にいる娘が宿題をやっていたので、しぶしぶおれの書斎(デスクで制作することになりました。おかげで 『 FINAL FANTASY VII REMAKE 』 が進みません。


IMG_4518

ダイソーで買ってきた紙粘土は2袋。なぜか初めからいい感じに柔らかかったので、こねて伸ばす作業も楽に進みました。


IMG_4519

おれもこういう工作は大好きなので、かといって手出しし過ぎないようにフォローしつつ形を整えていきました。作る工程を眺めながら、このバリエーションで 『デモンズ』 のマスクや 『ジョジョの奇妙な冒険』 に登場した石仮面なんかも作れちゃいそうだなあと思ってしまったのは本当。なんならカズ・ヒロ氏の真似をして実在の人物の顔を紙粘土で作ってみるのも面白いかもしれない。

おれならロン・パールマンのお面を作っちゃうかもだ。


IMG_4520

天狗らしくなってきました。耳を作るべきではありますが、次男的にはイマイチだったようで耳は省略することに。使用した紙粘土の量は耳のぶんも入れてちょうど2袋あればピッタリでしたね。逆に我が家ではそのぶん余っちゃいました。


IMG_4521

ディティールの鬼である次男が天狗のお面に目を入れていきます。最初は乾燥後に開けようと思っていたんですが、乾く前じゃないとやりにくいじゃないかという意見をおっしゃられたので仰せのままに。


IMG_4523

動画を止めて、静止画像を参考に口元を整えていきます。


IMG_4524

どうやらいい感じに出来てきたようです。この満足げな表情を見たくてこの遊びを始めたようなもんなんだよなあ。


IMG_4525

というわけで、できました。このままベランダにあるエアコンの室外機の上に置いて乾燥させます。

・・・が、子供がおとなしく待てるわけもなく、色を塗る前から持ち出して遊ぶもんだからおでこやら手やらが真っ白になってておかしかった(笑。


IMG_4565

ふたたびダイソーへ行ってペイントに必要な道具をそろえました。待ってろ、元美術部の腕前を見せてやるぜ?


IMG_4569

といっても塗るのは単色なんですけどね(


IMG_4570

印象を決める大事な箇所であるマユゲだけはお父ちゃんが塗りました。ここがはみ出たりしてるとこち亀みたいになるからね。

あと、ちょっとムラムラしちゃってつい立体感を出したくなって暗い色を足してしまいました。


IMG_4572

あー、乾くのを待ちきれずに目を塗ったら色が混ざっちゃったなあ。まあ、これはこれで手作り感が出て悪くはない。


IMG_4574

出来ました!

今回は本当に乾燥させないと大変なことになるぞと言いおいて、まる一日手を触れさせないようにしました。

そういうおれも、気が付いたら左手に金色の絵の具が付いてた(笑




完成にいたるまでの様子を久宗さんに動画にしてもらいました。このことは出来上がるまで子供に内緒にしていて、実際に 『久宗獅子舞工房』 のチャンネルで動画を見たときにはめちゃくちゃ喜んでくれましたぞ。

ぜひ、子供さんをお持ちの方は楽しい粘土工作で過ごしてみてはいかがでしょうか?正直、大人のほうが楽しんじゃってたかもね。


【用意するもの】

◆パーティ用のお面(ラファエルさんっぽいやつ)x1

◆紙粘土x2袋

◆絵具(黒・赤・金)x各1色ずつ

◆丸筆(太さの違いで何本かあればいいです)x1セット

◆使い捨てパレット(代用可)x1セット

◆つや出しニス(乾燥しても遊んでいるうちに剥げてくるので表面保護用に)x1→ダイソーになかったので、ホームセンターで買った

◆水(先日蟹を捕まえたケースがまたしても役に立ちました)x1

以上、ダイソーで税抜き700円から1000円くらいの予算で工作が楽しめますぞ。あまった絵具で段ボール獅子舞に色を塗るのも悪くなさそうだけど、それを次男に教えたら収拾がつかなくなりそうなので今は黙っておこうっと(笑。



On The Beach


地元の海岸ではホタルイカの身投げが有名で、今年も県内外から多くの人が集まったようです。まあ、浜辺に寄ってきたホタルイカを捕れるのは真夜中だけなので、さすがにおれはわざわざ行ったりはしないけれども。

SDIM5802

ただ、子供がずっと家で Youtube ばかり観ているので(おかげでブログが書けやしない)、たまには外で遊ばないとダメだよなーと思って。天気も、ちょっとだけ良かったし。


SDIM5798

たぶん、ホタルイカの残骸。


SDIM5813

そして始まる”サバイバルごっこ”。道具は現地調達、今からここをキャンプ地とする!


SDIM5807

仮想テントの柱を建てようとする次男(笑。


DSC03168

さすがに、3年前の7月の終わりのころと比べたら明確に成長の度合いが分かるな。やってることは当時と何一つ変わってなくても。


SDIM5816

そしておれも、あのときと同じように浜辺に打ち上げられたものをカメラに収めるのだ。


SDIM5818

絶対さわれないけれど、青いビニール製の手袋がピースサインをしているように見えたんだ―。


SDIM5793

久しぶりの浜辺で、早口で何かを言っては走り去る人。きっと想像力がオーバーフローを起こして言葉が追い付かないんだろうね。

おれにも、こういう時期があったのかな。そういえば最近実家に帰ってないな。


SDIM5796

砂だらけになったこのシューズも、実は今日でお別れ。午前中に新しいのを買ってきたところなんだ。21.5cm のを探すのに苦労した。

そして、クルマの中は拾ってきた木の棒だらけになってしまったのである。




Walker


『ポケモン Go』 にはとうの昔に見切りをつけて、位置ゲーなんてのは時間ばかり使わせるわりにそれに見合う対価って得られないもんだと悟って以来、スマホで何かしらのゲームをプレイするということをしなくなったはずなんですが、ちょっとした理由ができてしまったので、今さらながら 『ドラゴンクエストウォーク』 をプレイしはじめてしまいました。

IMG_3638

というのも、ふだんあまり家から出たがらない嫁が、ここ最近 「ちょっと歩いてくるね」 と言っては自宅周辺を10数分程度散歩するようになったのと、先日次男と水族館に行くことになったときも、家にいても独りだし、たまには少し離れたところを歩いてみたいと言い出したので、これはきっと何か良いきっかけになるのだろうと感じて久しぶりにドライブに行くことができたのだ。

その後、おれもようやくアプリをインストール(実は先行ダウンロードのタイミングで一度はインストールしていた)し、出勤前や帰宅後の家事のあとに嫁と二人で歩くようになった。何より気に入ったのは、「WALKモード」 といういちいち画面を見ながら歩かなくてもオートで戦闘や回復を行ってくれるモードがあること。なので、目的地を決めたあと、ふたりで他愛もないことを話ながらテクテク歩くのが日課になっています。

幸い?そのタイミングで職場が時短営業になったので、帰宅時間が早くなり、食後だったりとか寝る前に少し歩いては課せられたタスクをこなすということが捗るようになりました。3月に入っても外はまだ少し肌寒いけれど、厚着をして肩を寄せ合いながら同じ歩幅であることができるのが何よりも楽しくて、その小さな幸せが何物にも代えることのできない対価となっています。



魚津水族館に行ってきた


2月の中頃に次男が副鼻腔炎で熱を出して、検査のために耳鼻科や口腔外科を渡り歩き、果てにはCTスキャンまでキメてきた翌週、約束していた水族館に行ってきました。我が家の子供たちは首から上の問題がわりと多いな(長男除く)、なんて。

DSC04828

屋外円形水槽にいるサメさんにまずはご挨拶して、と。


DSC04829

この日はペンギンに会いに行きたいというのが目的だったらしく、家からペンギンのぬいぐるみを持ってきていました。到着していきなり目的が果たせて良かったね。


DSC04831

そのあと、プールを泳ぐペンギンに合わせるように走り回ったりとまだ水族館の中に入ってもいないのにテンション高いです。病み上がりなのに元気なのはやっぱり若さでしょうか。


DSC04871

三連休最終日でしかもこんなに晴れているのにミラージュランドはガラガラの様子。やっぱりされですかね、コロナウイルスの影響なのかなあ。ちなみに我が家はこのあとに用事があるので、ミラージュランドに行くのは割愛しました。


DSC04832

そして、ようやく魚津水族館へ。家でぼっちになるのを極端に嫌がる嫁もこの日はいっしょに来てくれて、最近ハマっている 「ドラクエウォーク」 のイベントだかを進めるとかで、水族館で数分立ち止まってスマホを眺めてました。何より、こうして遠出に付き合ってくれるようになるくらいに回復してくれただけでもありがたいし、そのきっかけに位置ゲーが役に立っているのは興味深い。


DSC04886

おおー、やっぱりですか。コロちゃんめー。休日だから混んでいるかな(田舎の古びた水族館だけど、あなどってはいけない)と思っていたけど、新コロナウィルスの影響でけっこう空いてましたね・・・。

うれしいような悲しいような。


DSC04836

アカミミガメの幼体ってミドリガメっていうんですってね。こんな外来種を展示してもいいものか・・・という話ではなく、そもそも展示テーマが 『富山の河川』 なので、ものすごく現実的な展示なわけです。


DSC04838

ヒトデ。スターフィッシュって英語名がステキだね☆


DSC04840

今回は子供特有の目的地に着いたとたん 「ねー、早く帰ろうよー」 攻撃が始まったおかげで、せっかくのトンネルをくぐることができませんでした(白目。


DSC04839

昨年から魚津沖で獲れまくっている 「リュウグウノツカイ」 の剥製が展示されていました。実は何気にこれを見たかった。


DSC04841

大々的に脳みその小ささを晒されているかわいそうなリュウグウノツカイさん・・・。


DSC04842

いかにも深海魚という感じのアカナマダ。リュウグウノツカイを短くしたような感じに見えなくもないですが、深海魚らしい大きな目が特徴なのと、ほかの一般的な魚と比べて頭のさきがとがっているのには何か理由があるのでしょうか。さかなクンさん先生にでもいつか聞いてみようかな。


DSC04849

これも昨年話題になった 「ドチザメ」 です。このドチザメ、水槽内ではオスは飼育されていなかったはずなのに、なんとメスだけで出産しちゃったという珍しいサメ。写真右の小さいのはおそらくニュースになった子供のほうだと思いますが、そもそもこの水槽内のドチザメは過去に単為生殖を行ったことがあるという可能性が高いようです。

次々と新たな謎が… 魚津水族館ドチザメの謎に迫る/富山

こういう生態が観察されたのも 「世界初」 らしく、とてもワクワクしてきたのですが、そこをサラリと流して奥にあるジャングルコーナーへと突入していく次男なのであった。


DSC04851

さっきまで覚えていたのに、名前を忘れました。カタカナ4文字くらいの魚。たぶん次男は覚えているはず。学校から帰ってきたら聞いてみようっと。


DSC04855

ハナナガムチヘビの展示。何匹いるか分からないくらいにくんずほぐれつに絡み合って、いつか固結びになるんじゃないかと嫁がビクビクしていました。何より名前がガチムチっぽいからな。アッーーー


DSC04859

どれだけ眺めていても飽きないカメレオン。指の形が面白いですよね。まるでバルカン人の 「長寿と繁栄を」 のハンドサインみたい。


DSC04867

カクレクマノミが本当に隠れるところを観察したり。


DSC04872

エイの干物といえばインパクトのある画像が出回っていますが、骨格標本もなかなか強烈ですよねえ。


DSC04874

次男が 「ここの金魚って小さいね」 って言ったけど、嫁の実家で飼っている金魚はいまや鮒なみに大きくなってしまった。その比較対象が一般とずれているだけなんだ、すまん息子よ。


DSC04882

ふたたびカメレオン、やっぱり何度見ても飽きないなあ、いつか飼いたいなあ。


DSC04887

この水族館に来て49年もの間ここで暮らしているウミガメ。大きすぎてフレームに入りきらない(汗。あと、年を取り過ぎてもう深く潜れないらしい。それでももうちょっと大きな水槽で泳がせてあげたらいいのに。


DSC04890

さて、アザラシの尊い表情を拝んで帰ることにしました。お腹が減ってきたのでどこかでラーメンでもと思いながら駐車場へと歩きます。イルカショーや大掛かりな催し物はないけれど、こうして純粋に海や川の生き物を観察できる水族館って本当に良いよね。若いころはちょっと軽く見ていたけど、年を重ねるごとに面白さを感じることが増えてきた。老いてから子なぞ作るものではないと思っていたけれど、こうして何度も来る機会をくれた次男には感謝しかないなあ。

同時に、これからも歩き続けるであろう人生の時間を、となりに並んで歩いてくれる人がいることがありがたいと思いました。

長寿と繁栄を。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク