米騒動発祥の地に行ってきた


いつも、『海の駅蜃気楼』 に行った帰りには海沿いの道を走るんですが、その途中にある史跡がとても気になったので、近くを通ったついでに寄り道することにしました。

IMG_2018

中学校の歴史の授業で習う、”米騒動”―の発祥の地が魚津にあっただなんて胸熱すぎるじゃないか。
しかも、英語訳が ”Rice Riots” ってあんた、まるで古タイヤに火をつけて街道を塞いだりとか、警備隊に火炎瓶投げつけるみたいな勢いのある語感なんですけど(苦笑


IMG_2009

さて、学校で習ってから30年近く経っているため、この事件の詳細のほとんどを覚えていないので、あらためておさらいしてみますか―。ていうか、この看板に超親切に書いてあるから助かるー!(ぉ

文字通りの主食であったコメを商人らが投機目的に利用し、第一次世界大戦中に一旦は暴落した価格が戦後になって上がるところまで売るのを惜しんだ(戦前の4倍にまで価格が跳ね上がって庶民にはとても買えたもんじゃなかった)ことに反発した地元の主婦らが、十二銀行(北陸銀行の前身)の米倉前に殺到したのが発端。

その後、この騒動が各地に広まって当時の内閣が総辞職にまで追い込まれたそうな。1918年、寺内正毅のころである。


IMG_2012

んで、これが大切なお米が保管されていた倉庫。なにがすごいって、80年以上経った今でも現存しているんすよ、マジで。ちなみにこの右隣はふつうの民家でございまして、中学生のお子さんがいるかどうかは知らないけれど、ここに住んでて自分ちの隣りの敷地で米騒動が起きてたなんて思ってもみないだろうなあ、なんて。


IMG_2010

この倉庫の内部を見学するには許可がいるそうですが、案内看板に写真があるのでそれでじゅうぶんかと(ぉ


IMG_2014

正面にまわるとこんな感じの趣のある土蔵風の建物だと分かります。


IMG_2013

ところで、この十二銀行というのは当時の国立銀行条例(伊東博文が策定)に基づいて設立された12番目の銀行のことですね。長野市にある八十二銀行なんかは第十九銀行と六十三銀行がくっついたものだったりします。19+63=83って(ォィ


IMG_2016

その十二銀行の建物、現在は定置網漁業を主とする魚津水産株式会社の事務所になっています。魚津漁港の目の前です。


IMG_2015

職場が近いこともあって、休日出勤や趣味の写真撮影の帰りに通りがかることの多い道沿いにこんな史跡があっただなんて、ほんと灯台もと暗しだなあと思いました。




保育所の運動会に行ってきた 2017


先週末に、次男の通う保育所で運動会がありました。昨年は雨のため屋内での開催だったのですが、今年は一週間前の予報こそ曇りのち雨だったのにもかかわらず、フタを開けてみればまさかの猛暑日で、終わるころには顔が日焼けで真っ赤になりました。

IMG_5271

さて、8時30分集合の9時スタートというスケジュールに従って現地入りしたとたん、周囲にいた保護者たちのスマホからけたたましいアラート音が鳴り響きました。あわてて画面を確認すると、そこには【訓練】の文字が。


IMG_5324

そう、この日はちょうど県内数ヶ所を拠点にした『県総合防災訓練』が行われた日で、近くのアルペンスタジアムには警察や自衛隊などの130余の機関からおよそ3500人が集まって、被害状況の情報伝達訓練などが行われていた模様。

なので、アルペンスタジアムの上空には航空衛隊所属と思われる UH-60J ブラックホーク が旋回をしていました。さすがに 150-600mm はもう手元にないので機体番号は分からずじまい。あと、こういうイベントを必ず撮影して YouTube にアップしてくれている whitewing681 さんは伏木富山港に寄港していた掃海艇 「すがしま」 を撮りに行っていたようなので、このブラックホークについて知っていそうな人が誰も思い当たらない・・・。うーむ


IMG_5420

あ、そういえば今日は運動会なんだった(


IMG_5257

園児席から笑顔をふりまくハルキさん。園庭で棒立ちだった2年前、直前に風邪をひいて練習にはほとんど参加できないままその日を迎えてしまって途方に暮れていた昨年とは大違いの余裕っぷり。


IMG_5262

早いもので保育所での運動会は来年で最後になるし、これが成長ってやつですか?


IMG_5284

プログラム①番、園児たち全員で行うリズム体操―。あかん、これ絶対振り付け覚えてへんときの顔や・・・。


IMG_5286

行進もチグハグ、本当に今日一日大丈夫なのかという一抹の不安がよぎる(苦笑


IMG_5296

保護者的にはいちばんの見どころである、かけっこが始まりました。走者は3人、次男は5歳児の中では大柄なほうなので、体格的にはこちらが絶対有利。こりゃ楽勝だな、ご褒美なにあげよっかな♪ とかスタート前から考えちゃってる父ちゃんなのである。


IMG_5391

いよいよスタート、位置についてヨーイ・・・


IMG_5298

ドンッ! と鳴る前に走り出すライバルたち。お姉ちゃんとスタートの練習を重ねてきてシミュレーションだけは完璧だったが、まさかのフライングスタート続行に見事出遅れる次男。べつにこれをアンフェアだと批判する気は全くありません、むしろこういうのも含めての保育所運動会なのだ。


IMG_5302

このまま追い抜かせばチャラじゃね?それがオトコの心の広さってものさ。


IMG_5313

・・・しかし、残念ながらそのままゴール。

ビリでもこの笑顔、楽しかったならそれでいいじゃないか。(それにしても織田信成ソックリやな)


IMG_5342

後半のメインイベントの玉井入れ、じゃなかった玉入れではこの表情。この日、まともな表情を撮れた写真の少なさったらなかった。おれにしては珍しく80枚以上も撮ったというのに。


IMG_5367

そんな中にあって、玉入れで勝ったときのこの表情は格別。本当に良い笑顔だなあ。


IMG_5407

でも、やっぱり最後のダンスでは、またしても振り付けがうろ覚えなのがバレバレなの次男なのであった。



おしまい。


富山市ファミリーパークに行ってきた②


週末、次男の通う保育所で運動会があったので、仕事を休んで見に行ってたんですが、いい意味で週間天気予報に裏切られた秋空の下、こんな時期に日焼けなんかしちゃったりもしつつ、一眼レフ片手に堪能した日の午後、ごほうびに次男と富山市ファミリーパークへ行ってきました。

IMG_5473-2

運動会のあとにここに来るのがなぜか恒例となっているので、わりと自然な流れで来ちゃったんですけど、今回はちょっとした目的もありました。仕事柄、土日になかなか休みが取れないからね、ずっとやりたかったことをやっとしてあげられたよ。(後述します)


IMG_5466-2

暑かったせいか、外に出ていたペンギンはこの子ともう一羽だけでした。


IMG_5470-2

それを眺めながら、「魚津水族館に行こう」 とか言い出す次男。おいおい、方向が全然違うし時間もねえし。


IMG_5450-2

富山市ファミリーパークといえば、広大な里山を生かした園内が特徴で、この日も歩かされるつもりで来てたんですけど、次男の気分なのか、2時間近くの滞在で訪れたのは東口―正面入り口周辺だけになりました。まあ、たしかに飼育されてる動物を全部見ないといけない決まりはないし、年間パスポートがあるからたまにはこういうのもアリか。


IMG_5430-2

アムールトラです。3年ほど前には”アムラー”と名付けられていた子がいたんですが、現在は多摩動物園にいるようです。代わりに静岡の浜松動物園からやって来たのは”ヤマト”と”ミー”の2頭。

ちなみにこの子は”ミー”のほう。


IMG_5433-2

パパが運動会のあいだじゅうずっとカメラを持っていたことに端を発して、保育所から帰宅したあとにレゴブロックでカメラを作ってご満悦の次男。しかし、このフォルムはさながら SIGMA の sd Quattro じゃないか・・・。


IMG_5447-2

これがまた、ホンモノにも勝るとも劣らないほどにグリップ位置が絶妙で、嘘かと思うくらいにとても持ちやすかったです。レンズは単焦点の30mm。←大ウソ


IMG_5427-2

シマウマの仕舞われていない感じのやつ。


IMG_5438-2

んで、ずっと次男にさせてやりたいと思っていたのが、これ。「こどもどうぶつえん」での、小動物のふれあい―以前親子遠足で来たときには人が多すぎてできなかったんですよね。昨年行った茶臼山動物園ではけっこう楽しそうだったから、いつか来たときにハムスターモルモットを抱っこさせてもらえたらいいな、と思って。


IMG_5442-2

よし、良い笑顔だ。


IMG_5455-2

ところで、暑くて喉が渇くのか、雌の山羊が自らのドリンクバーでミルクを飲んでいました。初めて見たけど、こういうことってあるのね。


IMG_5456-2

そんな光景にも目もくれず、踏みつけられたカマキリの死骸の接写に挑む次男。そっかー、そのレンズはマクロレンズだったのかー。カミソリマクロならぬ、カマキリマクロ(死んでます)。


IMG_5458-2

やたらと空ばかり眺めているミーアキャット。ブラックホークの訓練はもう終わったから安心しな。(このネタは別記事で)


IMG_5460-2

何度も来ているのにこんなところに初めて見る牛がいる!と思ったら、この子は口之島牛のスミレ。この口之島牛というのは、長い間西洋のウシや改良された和牛と隔離されていたため、日本古来に飼育されていたウシの特徴をもつ日本在来牛だそうです。別称でトカラ牛とも呼ばれるこの牛は、改良されていないために成牛でも小柄だそうです。たしかに、言われてみたら小さいかも。


IMG_5481-2

最後は電動カートでコーナーの溝落とし。時間があれば池でボート漕いだりもしたかったんだけど、閉園時間が来ちゃいました。今度来ることがあれば、もうちょっと早めに来てもっとゆっくり遊ぼうと思いました。



光禅寺に行ってきた


富山県出身の漫画家、藤子不二雄Ⓐ先生縁の地を訪ねるツアーレポート、最後は先生の生家である光禅寺という曹洞宗のお寺を訪れました。

SDIM0788

昭和初期より度重なる火災に見舞われたお寺さんではありますが、コツコツと再建を続けて今に至ります。


SDIM0820

門をくぐると・・・ていうか、くぐる前から藤子不二雄キャラたちと目が合います☆
ではさっそく、たのもー


SDIM0793

さて、平成生まれのフレンズたちにあらためて紹介するよ! 左から「忍者ハットリくん」(猫)・「怪物くん」・「プロゴルファー猿」・タフマン伊東「喪黒福造」です。ドラえもんやオバQ、コロ助は藤子・F・不二雄先生の作品だから、ここでは会えないから、「高岡市美術館」(第三期は2017年11月末日まで)または、川崎市の「藤子・F・不二雄ミュージアム」にでも行っとくれよ!


SDIM0795

・・・ていうか、猫?!

そう、なぜかこのお寺には猫が三匹いてですね、石像の写真を撮ろうとするや否や警戒心もなしに近寄ってくるとですよ。ちなみにおれは動物の相手が得意でも苦手でもなく、むしろどうしたらいいか分からないので不必要に絡まないほうなんですが、ここの猫たちには負けた。

猫の前でしゃがむと近寄ってくる、なんて話を最近聞いたばかりなんですけど、あの話は本当みたいですね。どうやら、ニンゲンがしゃがむ=体が小さく見える=敵意はないと判断するという猫独特のロジックのようですが、こちらは動物慣れしていないだけに戸惑うばかり。

それでも、できるかぎり近づいて写真を撮ったさ!


SDIM0799

SDIM0802

SDIM0803

気分はまるで岩合光昭、それにしてもこの振る舞い、和むなあ・・・・。


SDIM0806

SDIM0807

SDIM0810

お気に入りはこのサバトラのオスで、それはそれはとても綺麗な瞳をしているんです。それをちゃんと写真に収めようと、ちょっとだけ頑張りました。


SDIM0811

と、言ったそばから裏玉を嘗め回すサバトラ。そこが気持ち良いのはおれもよく知っているけどさ、まだ昼間なんだぜ?


SDIM0814

そして、これがこの日のベストショット。

いっしょに暮らすなら、やっぱり猫だな。


SDIM0815

しばらくして、現在の住職が帰ってきたのか、猫たちはいっせいにクルマの音がする方へと去って行きました。不意に訪れる別れに呆然としながらも、当初の目的を思い出す。


SDIM0792

そうだった、おれたちお寺の写真を撮りに来たんだった(汗


SDIM0817

それを思い出したころには、すっかり猫でお腹がいっぱいになってしまっていたのである。





まんがロードに行ってきた


幼少期を藤子不二雄漫画に育てられてきた世代としては、一度は行っておかなくちゃと思って、藤子不二雄Ⓐ先生生誕の地、氷見市は比美町商店街:通称 ”まんがロード” を歩きに行ってきました。

SDIM0834

と、その前に同行する友人が待ち合わせ場所に来るまでの間、ちょいと付近をブラブラ・・・。


SDIM0733

この漁船の名前の読みが ”ゆたかまる” か ”とよまる” のどちらかになるかで、印象がかなり違うと思うんですが。


SDIM0745

さて、友人と無事合流し、商店街の散策を始めます。誤算だったのは、当たり前の話といえばそれまでなんですが、アーケードに点在する藤子不二雄キャラのどれもが庇のある歩道側を向いているため、せっかくの顔が暗くて写真に撮り辛かったことです。ここはやっぱり夜に来てみたりするのも情緒があって良いのかな。貪瞋痴の夜の部でワイン飲んで帰るときの酔い覚ましの散歩的な感じで。日帰りだとクルマでしか来られないから無理だけど。

最初に立ち寄った「プロゴルファー猿ポケットパーク」は時間帯的(午前11時)に強烈な逆光だったので、帰りにもう一度来ることに。


SDIM0746

というわけで、次の目的地 「氷見市潮風ギャラリー」 に来てみたぞ。どこからどう見ても元郵便局の居抜きっぽい風情の建物ですが、そこは言わずに黙っておこう(ぉ 1階が受付と物販コーナーおよび原画が見られるギャラリー(撮影不可)、2階がまんが図書室となっています。


DSC03536

ていうか、2階へ上がる階段がまさかの螺旋階段で、高所恐怖症じゃなくてもビビります。障がい者割引もあるようですが、エレベーターの有無は未確認。


DSC03533

2階ではFXで全財産スッたような顔をした忍者ハットリくんがお出迎え。


DSC03532

図書館というわりに蔵書のボリュームは微妙。同じ藤子不二雄先生といえど、藤本弘先生(ベレー帽のほう)ではなく、安孫子素雄
先生(モミアゲのほう)作品に特化した施設なだけに仕方あるまい。


SDIM0747

潮風ギャラリーを出て、まんがロードを歩きます。アーケードのそこかしこにⒶ先生が氷見市のために作ったキャラクターたちの像(FRP製)が置かれていて、人感センサーにより音声で自己紹介をしてくれます。ちなみにこのキャラクターは鳥になり損ねた魚こと、トビウオのトビーです。


SDIM0750

シャッター街化している商店街の人柱さながらに磔状態のシンちゃん。たしか泣き声が必殺技なんだったっけ? だからこんなにも周りに人がいないのk


SDIM0751

写真には撮りづらい3D看板。でもこういうの好き。


SDIM0759

「忍者ハットリくんカラクリ時計」を目指しながら歩いて行くと、なんだか渋い古民家がありました。よくよく調べてみると、氷見市の前市長・本川祐治郎氏の実家だった的な。


SDIM0770

そのすぐそばに「忍者ハットリくんカラクリ時計」はあるのです。ちなみに到着は11時40分ごろ。30分おきに仕掛けが発動するので、それまでのんびり待つことに。


SDIM0763

SDIM0764

SDIM0773

時刻が正午になって、ついにカラクリ時計が動き出しました。全体を撮りたくて広角レンズを選択したけど、橋からだと何気に遠いぞ。


SDIM0774

キャラクターたちが登場してきても、何が行われているか分かりませんな・・・。これはまさに遠すぎた橋。


SDIM0780

むしろ、奥にあるアーチが特徴的な橋の上から見たほうが良かったかも。というわけで、ここはリベンジ案件。貪瞋痴のラーメンが食べたくなったらまた来ようっと。


SDIM0781

最後に悪あがきをして近づいてみたけれど、もう終わり際のシークエンスだった(


SDIM0822

貪瞋痴の氷見産煮干しラーメンを食べたあと、まんがロードを再び歩きます。仕事柄、平日の昼間にしか行動してないので何とも言えませんが、この商店街が活気づいている時間帯ってあるのだろうかとふと思ったり。


SDIM0823

イカがモデルの”イカゾウ”(そりゃそうだろうよ)。「おれはタコじゃない」と叫んでいましたが、足が一本折られていて可哀そうでした。


SDIM0749

こっちはタコがモデルのタコゾウ・・・じゃなくて”タコ八”。どのキャラクターにも言えるんですが、目玉の部分をよく触られるせいなのか、補修の跡が目立ってましたね。


SDIM0824

SDIM0827

さて、来たときには太陽の位置が悪くてうまく撮れなかったプロゴルファー猿に再挑戦。エルム街の悪夢で有名なフレディ・クルーガーさんとお揃いのシャツがイケてますね~。


SDIM0825

もう少し下から煽りたかったけど、やっぱり逆光がキツくて無難な構図に。そういえば今日はずっと写真のことばかり考えてるね。


SDIM0826

造形的にはかなりよく出来ていて、思わずフィギュアが欲しくなりそうになるほど。こういうの Amibo とかで出さないかな。スマブラでカービィと闘う藤子不二雄キャラとか、面白いと思うんだけど。(゚゚ )☆\ぽか


SDIM0830

帰り道、アーケード街を抜けても、まだキャラクターたちが笑顔で見送ってくれます。障害物がないので、写真撮影的にはありがたい(笑


SDIM0831

海の街らしく、イカリの上に乗った獅子丸。犬種はひょっとしてチャウチャウちゃうんちゃうんかと思っていたら、やっぱりチャウチャウでした。たしかチクワが好物だったよね。オフィシャル設定では1979年の7月24日生まれ。干支は未年(ひつじ)・・・。
小型犬の年齢的にはすでに100歳を越えていますね。


SDIM0832

最後はハットリくんのダブルピースで締め。どちらかというとハットリくんより怪物くんの方が好きなんだけど、なぜかさほどフューチャーされてなかった気がしました。強いて言えば、潮風ギャラリー内に立像があった程度で、しかも1階だったから写真撮れなかったよ。

まあ、お土産にステッカー買って来たから、よしとしよう。


というわけで、要所を押さえつつ周ってみれば正味一時間もあれば散策できるコンパクトな観光スポットでございました(別エントリで書く予定の光禅寺を除く)。クルマでのアクセスなら氷見漁港付近に駐車場があるし、思ってたよりも楽に遊びに来れましたね。
ちょっとドライブに行きたくなったときの選択肢が増えて、個人的に良かったと思います。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR