The Martian


アンディ・ウィアーのベストセラー、”The Martian”(「火星の人」)が映画化されると聞いて正座しながら
続報を楽しみに待っていたんですが、フタを開けてみれば、邦題名が 『オデッセイ』で、
監督がリドリー・スコットですとー?!

まだ読み終えてないけど、原作の独特の軽さ(深刻な状況に陥っているのになぜか主人公が超前向きで、
生き残るためのいろんな工夫が具体的でリアリティがあって引き込まれる)が大好きなのに、
今世紀が終わるまでは二度とSF作品を撮ってほしくない人に白羽の矢が立ちましたか・・・。
どうせなら吹き矢にしてほしかったな(ぉ

また、主演はインターステラーに引き続き宇宙服を着込むことになるマット・デイモン(崇高なミッションを帯びて
未知の惑星へと到達したにも関わらず、孤独に耐えきれずに主人公たちを危険な目に遭わせたマン博士役って
ことで、誰もいない星でぼっちになったつながりかよ)ってだけでもおいおい!と思ったのに、
共演はこれまたインターステラーの主人公の娘が成長した姿を演じたジェシカ・チャステインですかそうですか。

どちらも共演作ではとても素晴らしい演技を見せてくれたので、今回もクオリティの高い芝居を見せてくれる
でしょう、それにリドリー・スコットがメガホンを持つとくれば大体の作品のトーンも保証されているというもの。
ただ、明らかに『2001年宇宙の旅』を意識した邦題名が、明らかに『インターステラー』を意識した配役と
相まって、もう観る前から観た気になってしまうじゃないですか(ぉ

まあ、観ます。絶対観ます。とにかく観ます。観た上でまた感想書きます。


The Martian

作家性もクソもない映画になりそうだけど、マット・デイモンだから何が起きても赦す。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR