FC2ブログ

dp0 Quattro @富山市科学博物館


今年の夏は家族で泊りがけの旅行を計画しておらず、行こうと思っててまだ行ってない
越後妻有も、家族全員で行こうとは考えていません。

長男が受験だからというのもなくはないですが、自分が楽しめるような気分でないと、
行ってもずっと無口かもしれないので。
嫁の体調も、少し良くなってはまた悪くなってをくりかえしくりかえし・・・


DP0Q0140
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/800s ISO100 WB:AUTO

というわけで、世間様がお盆休みの間に働いていたおかげで小刻みにぶち込まれた休日は、
やっぱり地元で過ごすわけで富山市は科学博物館へとやってまいりました。
いつもなら、こういう建物内で写真を撮りそうなときには DSC-RX100M2 を持って行くんですが、
入院中のため、おそるおそる dp0 Quattro を連れて来てしまいました(ぉ


DP0Q0142
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/800s ISO100 WB:AUTO

これまで SIGMA のカメラやレンズに抱いていた印象がちょっと変わってきて、dp Quattro シリーズって
もしかして雲とか空を撮ったらすごくええんちゃうの?と思えてきました。
落として壊した DSC-RX100M2 を諦めて、また M3 か まさかの M4 に買い換えなかったのは、
同じくらいのお金を出すなら、dp2 Quattro 買うわ!という気持ちがちょっとあったから。

・・・買わないけど。


DP0Q0143
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/40s ISO800 WB:AUTO

さておき、本来ならするだけ野暮な高感度テスト的にティラサウルスを撮ってみました。
こういうのも越後妻有トリエンナーレへ観に行く予定の”最後の教室”を想定した練習と考えれば、
いい機会かも。

もはやISO800以上に上げるなんてありえないカメラだし、開放f値も4.0までとなれば、
あとはシャッタースピードを長めにとって、石にでもなるしかないです。
とりあえず、この条件ならこれくらいの出来というのが大体分かりました。

ていうかたまに子供撮ってて目つぶり写真になることがあるけど、恐竜にまで目つぶりされる
だなんて・・・(苦笑


DP0Q0144
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/8s ISO500 WB:AUTO

比較できないんで伝わりにくいかもですが、DSC-RX100M2 で同じように撮ろうとすると、スポットライトの光が
うるさくてうまくいかないんですよね、ここ。それがなんとかなっちゃってるところに内心驚きました。


DP0Q0146
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/15s ISO200 WB:AUTO

魚類の祖先の化石です。何千年も経ってるのにちゃんとディテールを残してるのがすごい。


DP0Q0159
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/80s ISO200 WB:AUTO

鯨の骨格標本。ホエ~
感覚的にこのくらいの照度なら楽勝と感じるまでになった気がします。長秒コワクナイ!


DP0Q0160
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/80s ISO200 WB:AUTO

鯨の骨格って、なんか不思議なカタチをしているので大好きなんですよね。


DP0Q0164
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/10s ISO200 WB:AUTO

カワセミの撮影もここなら楽勝です。まるで止まってるように見えますが、とんでもない話ですよね。
(とんでもないものが飛んでるわけがない)


DP0Q0157
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/100s ISO200 WB:AUTO

思い付きで来た博物館でしたが、特別展として「地球の結晶(はな) ~北川隆司鉱物コレクション~」
なんてのが開催されていました。長男が小学生のころにディゴスティーの地球の鉱物コレクションに
ハマってて2巻目の途中まで買わされてたっけなあ・・・。
今でも鉱石は好きみたいだから、会期中に今度は長男と来てみようかな。


DP0Q0148
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/13s ISO200 WB:AUTO

Desert Rose - 砂漠のバラ
長男が鉱石に興味を持ったきっかけとなった石。

銀座にも同じ名前のお店がありますね。←


DP0Q0155
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/13s ISO200 WB:AUTO

アメジストの塊。

これより大きいやつ、どっかで見たな・・・。ファボーレの2階だったか高岡のイオンだったか。


DP0Q0150
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/13s ISO200 WB:AUTO

輝安鉱

SIGMA のカメラが得意な感じのやつですよね。
ちなみに富山市役所でのガラスの写り込みの教訓から、今回はフードを外してガラスに直接
レンズをレンズガード越しに押し当てて撮ってます。


DP0Q0151
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/13s ISO200 WB:AUTO

自然銅


DP0Q0156
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/13s ISO200 WB:AUTO

石英


DP0Q0147
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/13s ISO200 WB:AUTO

黄鉄鉱

できればもっと近寄って撮りたかったなあ~


DP0Q0166
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/10s ISO200 WB:AUTO

剥製


DP0Q0170
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/400s ISO100 WB:AUTO

近代美術館前の噴水は、なぜか止められてました。おかげで面白い姿が撮れたのでよかったです。
錆びたパイプ萌え(ぉ


DP0Q0169
[ SIGMA dp0 Quattro ] f/4.0 1/640s ISO100 WB:AUTO

さてさて、この近代美術館もいつまでここにあるのかな。移転先は今も工事中でガシガシ基礎作って
ますけど、新しいのが出来たらここにはまた何か建つのかなあ。


スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

富山市科学博物館

富山県立近代美術館の目と鼻の先に、富山市科学博物館があります。 市立のミュージアムということで、あまり期待してませんでしたが、なかなか充実した内容でした。 エントランスにはナウマンゾウの展示があります。 ゾウさんパオーン 1階は「とやま・時間のたび」のコーナーです。 大昔の富山の様子が紹介されてます。 福井の「恐竜博物館」を見た後じゃ、貧弱な感...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク