富山市天文台に行ってきた


前回までのあらすじ―夏休みの自由研究のネタ探しに、富山駅北口にあるワンダーラボへ
科学体験をしに行ったむっちー親子だったが、学校に提出するにはいまいちインパクトに欠けたため、
いったん帰宅し、休憩した後に天文台へと向かうのであった・・・。


DSC00791

というわけで、来ちゃった。

富山市は三熊にある、富山市天文台でございます。
たぶん、4~5年ぶりくらいに来たのかな、前回は長男が今の長女くらいの年齢のころだったはず。
そのときも夏休みの自由研究のためという名目だったような気が・・・。


DSC00790

里山の保護という名目で、一般客が直接車で施設に乗り付けることはできず、キャンプ場近くの駐車場から
そこそこの距離をしっかりと歩かされます。
写真はその途中のものですが、「イノシシに注意!」とかの看板で娘がすっかり怖気づいてしまい、
もう二度と来るもんかと言っておりました(苦笑


DSC00792

さて、さっそく入館してみると、すぐに天体望遠鏡のある上階まで案内されました。
国内有数の口径を誇る 1メートル反射望遠鏡が中央に鎮座しておられます。ははー。

担当の人が説明をしながらゲートをオープン・・・するのかと思いきや、暑いから閉めますとか言ってすぐに
ゲートを下ろしてしまい、実際に望遠鏡を覗かせてもらうことはできませんでした。
まあ、昼過ぎに来たところでどうせ何も見えないから良いのよ。

長男と来たときはもう少し時間が遅かったかなあ、この望遠鏡で月を見せてもらったような気がする。


今回は、天体望遠鏡の仕組みから始まり、太陽系の惑星についての説明を受けました。
娘も興味津々になって説明に耳を傾けながら、メモ帳にびっしりと書き込みをしていました。
失礼な話ですが、説明してくださった係の人、前回より格段に説明がうまくなってる・・・w


DSC00794

今の時期は、ちょうど土星の見頃ということで、当日の夜にはちゃんと望遠鏡を覗かせてもらえるという
イベントが行われていたようです。
さすがに真っ暗な道を歩くのは娘が怖がると思うのであきらめたけど、次男が小学四年生になるころには
夜に来てみたいなと思いました。

えーと、あと7年後か・・・。


DSC00801

最後は、1階の 『星空の部屋』で、係のおねいさんから夏の星座について説明を受けました。

ここの面白いところは、ドーム状の天井を見上げる際にカーペット敷きの床に寝ころぶことです。
そんなシュールな状況の中、照明が落とされるわけです(笑
終わりしなにおねいさんが『カップル無料デー』もあるという説明をされて、恋人や奥さん、その辺で拾った
女の子でもいいから連れて来てもいいですよ、なんてことを言いだしてドン引きしちゃった(苦笑


星座の話はまあ、面白かったと思うんですけど、おねいさんの最後の言葉で全部吹っ飛んだ・・・。


DSC00805-2

DSC00806-2

帰宅してから娘がせっせと作った自由研究の成果物。表紙の写真はネットで拾った画像をプリントして
貼りました。

その後、完成記念にふたりで「インターステラー」の土星が出てくるところだけを観たよ!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR