Fostex P2080-E の受難


毎度いらんことしかしない進撃の小人にウーファーのコーンを凹まされ、いよいよ再起不能になった
スピーカーユニット(Stereo 8月号の付録・・・)を買い直し、完成済みのエンクロージャーとスピーカーグリルと
合わせて使っていた半自作スピーカーですが、その後は次男も以前ほど興味を示さず、
平和な日々を過ごしておりました。


DSC00465

しかし、忘れたころに事件は起こるものです。

出勤前に歯を磨いていたら、次男がおれの机の上でトミカを持って静かに遊んでいたんですよね。
何か嫌~な予感がしましたが、時すでに遅し。

幼児が静かに遊んでるときは、イタズラしてるときかウンコしてるときだけだよ!
そう思った矢先、小声でおれを呼んで、何やらスピーカーの下のほうを指差すんですよ・・・。

で、何かと思って指差したほうを見てみると、


えっ・・・?



DSC00472

あの野郎、ダクトにトミカをツッコミやがったッ・・・!


いやあ、これにはお父さん、正直声も出なかったっすわ~。完全にノーマーク。
たしかに穴があったら入れたくなるのが男子の性(さが)とはいえ、出勤前で分解して取り出す時間もない、
そういえば、ドライバーの入った工具箱は、職場の開店準備のときに持ち出したまんまだから、ここにはない。
かつ、仕事から帰って来るまでの間の保管場所はどうしよう?
正確に言うと、”どこに保管したか” をコイツに見られてはいけないんだ・・・!

という思いが走馬灯のように頭の中を巡り、結果、

3歳児の胸ぐらを本気でつかむ 事案が発生。
(殴ってません)

ちなみに、小動物が恐怖におののいて死んだふりをする様子がよく分かりました←


DSC00468

15時間後、職場から+ドライバーを持ち帰り、さっそく今朝からの懸案事項に取り掛かります。
結局、スピーカーはいちばん安全な場所―おれのクルマの中―に丸一日置いておきました。

もうね、このスピーカーグリルが外せるということさえも、見られたらあかんのですよ。
大人気ないと笑われても、ここだけは守り抜かねばいかんのです。


DSC00470

で、さっそくウーファーを取り外してみると、思っていた以上に厄介なことになっていることを知りました。
構造上、ここからはトミカを取り出せない・・・。

こんなときはどうすれば、どうすれば・・・。と考えを巡らせるときは決まってジョン・マクレーン刑事の顔が浮かぶ。
テロリストの襲撃を外部に知らせようと知恵を絞る姿が。

Think, goddamn it! Think・・・

そんなとき、ふと視界に入ったのが、子供がどこからかもらってきた風船についていた紐。
これにゼムクリップを付けて、トミカ釣り風に引っ掛ければいけるんじゃね?と思いついた次第。

でも、ゼムクリップって使わないときほど邪魔くさいものはないから、ふだん家には置いてないのよね。


DSC00475

というわけで、ふつうに輪っかを作って、後輪に引っ掛けて吊り上げることに。
車体の傾きは菜箸で調整しつつ、引っ張ります。

横に置いたトミカは、シミュレーション用です。このとき、ダクトに入れられたトミカが、今年の2月に東京駅で
買ってきた消防車だと確信しました。


DSC00477

そして、無事に作戦成功―!


DSC00478

そうそう、これこれ。赤色灯のデザインがレギュラーのもの(No.41)と違うんですよね。
上京したのがバレンタインの時季だったので、この子もチョコレートとセットで売られていました。

ようやく問題が解決したところで、寝室から何やら ドサッ という物音がしたので行ってみると、











DSC00480

ベッドから落ちたまんま床で寝てました。


ちなみに、今回のイタズラの罰として、このまま放置の刑に処することにしました。
(あとで嫁が戻したけどね)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR