FC2ブログ

国指定重要文化財 浮田家住宅


昨年の夏から、訪れるタイミングをうかがっていた 『国指定重要文化財 浮田家住宅』 に行ってきました。
江戸時代中期の豪農民家の建築様式を旧態のまま残すと謂われる、貴重な建物。
秋ごろに下見に訪れたときにもまだやっていた主屋の屋根の修繕工事もようやく終わり、
心おきなく見学と撮影がでるようになって良かった!

入場料は100円ですが、富山市在住ならば”富山市博物館等共通観覧券”を提示することにより
無料で見学できます。これがあるおかげで、子供を科学博物館なんかに連れて行くときも、
おれだけタダで入れるのさ。(1年更新で1,000円かかってるんだけど)


IMG_0844

表門です。入口からすでに重要文化財。
あと、時間帯的に逆光だったので、肝心の主屋を正面から撮るのは諦めました。


IMG_0817

なので、裏側から撮ってみた。おおう、茅葺きの屋根がピッカピカやないか。

この浮田家は加賀藩奥山廻役(立山・黒部一帯の山林保護や国境警備のための巡視を行う役職)を担って
いて、現存するのは仕事場として使われた建物と、三つあった蔵のうちの一つを見ることができます。
ちなみに手前側の空間が浮田家の住居部分の跡地です。


DSC00142

江戸時代からあるのでしょうか、台所です。
入っていきなり暗いんで面食らいますけど、灯りの少なかった当時は日中であればこんな雰囲気だった
んでしょうかね。


DSC00144

この古い竈がまた味があってですね・・・。
なんとなく江戸時代の雰囲気を思い浮かべることができそうです。


DSC00146

そうそう、ここって映画『剱岳 点の記』のロケにも使われたんだった!
香川照之や松田龍平、ナガタ一等海佐浅野忠信のサインが飾られていました。


DSC00145

天保二年(1831年)五月の新川郡を表した地図。大雑把過ぎてどこがどこだか分かりませんが、
こんな貴重な資料が普通に掛け軸として飾られているんだぜ・・・。


IMG_0829

実はちょっと期待していた庭の様子ですが、屋根の修繕で予算が回らなかったのか、あまり手入れが
されていないようですねえ。
見所としても内山邸のほうがずいぶんとあるように感じたので、県外からの観光客にはここはちょっと
お薦めできないかな。


IMG_0841

個人的には、周りの竹藪が好きになりました。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク