土居原ボンネット広場に行ってきた


小松製作所の運営する 『わくわくコマツ館』 で重機の体験試乗を堪能してきた後、昼食の時間を挟んで
小松駅近くにある土居原ボンネット広場にやって来ました。

IMGP3939

わくわくコマツ館とは小松駅の反対側、土居原町というところにあるこの広場には、なんと489系特急電車
の先頭車両が展示されているんです。この車両はボンネット型特急電車保存会の有志によって保存・管理され、
ボランティアによって内部の案内や物販が行われています。


IMGP3970

新進気鋭の最新車両もいいけど、こういうデザインとペイントの電車も良いよね。
子供のときに乗ったかどうかは記憶にないんですが、なぜか郷愁を感じさせるいい色です。


IMGP3942

車内の一般公開は、3月中旬からとなっており、今日はまさに春休みの初日・水曜日だったので
中に入ることができました。おれは運がいい・・・。


IMGP3943

というわけで、さっそく乗車。たしか去年この近くを通ったときには、あんなもんに乗るがに金払うんは
アホしかおらんわ、ぐらいにボロクソに言ってたくせに、今では目を潤ませながら足を踏み入れている
わけですから、人生どこでどう転ぶか分かりませんね(苦笑


IMGP3951

車内は、あの時代のあの”臭い”がそのまんま残されていました。
そういえばスーパー雷鳥なんてのもあったよね、気が付いたらいなくなってたなあ・・・。


IMGP3950

係の人に帽子を貸してもらい、プラレールも走らせてもらってご満悦。
このプラレールも485系のボンネット仕様のもので、何気にレアなアイテムだったりして・・・。


IMGP3948

で、この一本道のレールをどう処理しているのか気になって追いかけてみたら、なるほどこうなっていたか。
これならわざわざ場所を取るレールセットを組まなくても手軽に遊べるね。
これはいつか買って遊ぶしかないな(ぉ


IMGP3952

”寄付金”という名目の300円を払って、運転席に座らせてもらいます。
それだけでなく記念切符と、好きな電車の写真またはピンバッジももらえるので、実際に寄付に
なっているのか正直微妙です。むしろ500円でもいいんじゃないかと思いました。


IMGP3954

触ってもいい、と言われたのでとりあえず触ってみますが、まだ電車の運転にまでお互い興味が
湧いてなかったので戸惑いながら触ってみました(苦笑

むしろ個人的に興味津々だったのは、運転台の周りの設備の数々。見てるだけでも楽しい~!


IMGP3955

IMGP3953

IMGP3960

IMGP3959

IMGP3962


IMGP3967

思いのほか楽しい場所でございました。
なんでも、この車両と対になっている車両が来年オープン予定の京都鉄道博物館で展示されるそうです。
トワイライトエクスプレスも展示されるそうなので、来年は京都に行ってみたいと思います。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR