CP+ 2015 に行ってきた①


毎年この時期にパシフィコ横浜で開催されている、カメラと写真映像のワールドプレミアショー、
CP+ に今年も行ってきました。


DSC02246

会場でこんなパンフレットを手渡されましたが、おれ富山から来たばかりだし、みたいな(苦笑
逆に関東圏の人たちは、これで富山の存在に気付いてくれるんでしょうか。
とりあえず来県していただけるなら、8月のお盆の時期がベストだと思います。
館林市と張り合うくらいにクソ暑いけど、青空に映える立山連峰がごちそうです。

あと、蜃気楼は未だに見たことないよ。


さて、まず最初に向かったのは、先日ついにフルサイズ機の開発を発表した PENTAX ブースから。
前川さんには最初のチェキの犠牲者になってもらいつつ、レアな会場限定ステッカーをいただき、
ブース内のショーケースに展示されている、例のフルサイズ機(モックアップ)をチェック。


IMGP3716

グリップの形状にこだわるメーカーだけに、なかなか握りやすそうな感じに見えました。
とんがってるペンタ部も違和感なく、Nikon Df みたいな媚びた風でないのが良いね(ぉ


IMGP3717

ボタン・レイアウトもこれが最終デザインか分かりませんが、これを見るかぎりではK-5IIs 使ってたら、
じゅうぶんすんなり使いこなせそうです。


IMGP3718

話題となっている液晶モニター部。チルトするのかどうなのか、本当のところはどうなんでしょ。


IMGP3613

開発統括責任者の北沢利之氏も、写真家の田中希美男氏にガンガン突っ込まれてタジタジに
なってました。

仕様についてほとんど何も公表できない中でのセミナーだったので、内容的には無理が
あったかなあ・・・。まあ、今後の動向が楽しみなカメラです。





IMGP3587

続いて SIGMA ブース。
お目当ては、直前に発表された dp Quattro 兄弟の秘蔵っ子、dp "0" 。


IMGP3630

どこに展示されているか探しまわってみると、ショーケース内展示のみで実機に触れることが
できませんでした。
21mm相当の超広角ってどんなんだろうって気になってたんだけどなあ、ちょっと残念。


IMGP3586

ブース内には 150 - 600mm (Sports) の部品展示がされていて、あんな筒の中にこんなに部品が
入ってんの?と驚きました。


IMGP3661

少ない準備期間で展示したのが窺える苦労の跡が残されていました。
山下さんお疲れ様です・・・(チェキ撮るの忘れてた)

そうそう、会場で CEO の山木さんをお見かけしたので、鉄撮り用に 600mm (Contemporary) を
がんばって買うよ宣言をしてきたんですが、持ってたカメラが PENTAX だったので、キョトンとされて
いました(苦笑 いちおう、EOS ユーザーでもあることを伝えるには時間がなかった・・・。


IMGP3664

でも、鉄撮りならこれだよね(ぉ


IMGP3663

良くみると、試用機が自分の持ってるのと同じ機種、Canon 50D だったのが個人的にツボでしたw
やっぱり買わないといけないかなあ。


IMGP3660

IMGP3669

IMGP3682

八重歯って良いよね(ぉ

というわけで、まだまだ続きます。


・・・山下さん、コンパニオンさんたちを撮ったチェキを押し付けて帰ってすみませんでしt


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR