DSC-RX100M3を落として外装がへこんだからミニ三脚付けた


ふだん、DSC-RX100M3 はバンナイズのポーチに入れていて、外出時にはカラビナでベルト通しに
引っ掛けて腰から下げてるんですが、少し手の動作に不自由があって、ポーチごとカメラを落としたこと
が何回かありました。


IMG_1550

気が付いたら底部の樹脂パーツにクラックが入っていたので、まあそういうこともあるだろうと
瞬間接着剤で補修してみたんですが、


IMG_1553

マグネシウム製の外装がへこんでいて、隙間ができてしまってました。
樹脂パーツのクラックを補修したせいで逃げ道がなくなり、さらに目立った感じになった模様。
写真だと分かりにくいですね・・・。

位置的には本体スピーカーが内蔵されている箇所で、撮影そのものにはまったく影響しないので、
隙間をなんとか埋めて、埃の混入を防ぐことを最優先に考えることに。

パーマセルテープを使うにしても大袈裟過ぎるよな・・・。
そもそも使う箇所が小さすぎて、盛大に余るじゃないか。


IMG_1555

というわけで、嵩張るからと使わないでいた マンフロットのミニ三脚を久々に登場させました。


IMG_1554

コイツで本体下部を圧迫して隙間ができないようにするという算段です。
案外ポーチにも収まるし、隙間も隠せるからこれでいいかな、と。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR