RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ


CSでたまたま放送されていたので、問答無用で視聴。


DSC01751-2

典型的な日本映画独特の、フォーカスの甘い画作りには目をつぶって、役者さんたちの演技に
注目しながら観ていくことにしました。

その前に、この作品のロケは3月に行われたということで、いかにもな富山の空の色を堪能できます。
自分が電車の写真を撮りに行くときには、ほとんど晴れの日しか狙ってませんが、
この作品では、ありのままの北陸の空の下で撮影してくれて、ちょっと嬉しかったです。

さて、地方が舞台の映画となると、どうしても方言を使った台詞回しに意識が傾いてしまいがち。
かと言ってリアリティーを追及して完璧な方言を再現されても、県外の人向けには字幕が必要に
なってしまうと思うので、この作品に関してはほどほどの方言だったので良かったと思います。

ただ、役者によっては温度差というか、リアル方向に向き過ぎて、ちょっと重たい感じの演技に
なっている人もいて、なかなか難しいもんだなと思いました。
ずばり言うと余貴美子さんの疲れた主婦の演技がうま過ぎて、かえって鼻につく(苦笑


主役を演じる三浦友和の、あの大根なのか貫禄なのか分からない朴訥な演技が良いね。
自分の人生を歩みたがっている奥さんの気持ちをどうしても分かってやれない、
不器用な男の姿に共感を覚えるわー。

上の子二人が順調に成長していった時期をみて、介護について学ぼうとしていた矢先に
次男が腹にいることが分かって以来、産んだあともずっと自分の時間を持てないままの嫁と
自分とのずれた時間軸に苦しんだ時期を思い出しました。


観はじめた当初は、たくさん電車が見れるわーいわーいだなんて思ってたけれど、
そんなのはただの飾りでしたよ。

久しぶりに良いドラマを観ました。



RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ [Blu-ray]RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ [Blu-ray]
(2012/10/06)
三浦友和、余貴美子 他

商品詳細を見る



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR