兼六園に行ってきた②


この秋に以前の職場の仲間たちと写真を撮りに行こうと約束をしていて、結局コスモスの時期は日程が
合わず、今日ようやく紅葉を撮りに行くことができました。

・・・が、この日は最高気温が11℃しか上がらないという予報が出ていて、当初の予定だった那谷寺は
諦めて、兼六園に行くことにしました。
個人的にはちょうど半年ぶりに訪れることになります。

撮って来た写真の腕はともかくとして、景色はけっこう綺麗だったので、キャプションは少なめに紹介します。


IMGP3367
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]

さすがに暦の上ではノーベンバーなだけに、すっかり風景が秋そのものですな。


IMGP3364
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]

IMGP3373
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]


IMGP3376
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]

IMGP3379
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]


IMGP3391
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]

IMGP3384
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]

さて、しばらくずっと誰も付いて来れないような鉄道ネタばかりだったので、今回はちょっとホッとした
人もいるでしょう(笑

でも、今回また兼六園に来た目的が、この成巽閣(せいそんかく)内にある群青の間と呼ばれる部屋の天井が、
北陸新幹線のグリーン車の内装のモチーフになったと聞いたからでした。

残念ながら、内部は撮影禁止になっていたので、当ブログで紹介することはできませんが、
関連記事のリンクを貼っておきます。


新型車両「名作になった」 北陸新幹線のデザイナー語る - 北國新聞

成巽閣 - みどころから探す、金沢巡り。


群青の間は思ってたよりも小さな部屋で、日差しも弱かったせいかちょっとがっかりな見え方になっていました。
それでも、この目で独特の”青”を見ることができて良かったです。
それに、謁見の間の何とも言えない迫力というか、身分の高い人の顔を見ることも許されなかった時代の
空気というものを感じることができたような気がします。

入館に700円もかかるのが微妙ですが、それは建物をこれからも維持・保存するための寄付だと思って
気持ちよく納めていきましょうかね。
できれば、写真撮れるようにしてくれたらありがたいんだけど・・・。


IMGP3386
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]


IMGP3388
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]


IMGP3398
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]

IMGP3402
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]

ほんのちょっとの間だけ陽が差して暖かくなってきたのせいか、霞が池を鴨の番が泳ぎ始めました。


IMGP3417
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]

さて、腹が減ってきた・・・。お昼は何にしよう、今日はとにかく体が温まるものがいいな。


IMGP3393
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]


IMGP3407
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]

IMGP3414
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]

IMGP3423
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM ]

気温が少し上がってきたのも束の間、本格的に雨が降ってきたので、兼六園を後にします。



DSC01715
[ SONY DSC-RX100M3 ]

さて、もともとは小松市にある那谷寺へ行こうと考えていたので、この付近での食事を想定していませんでした。
そこで、同行者のひとみちゃん(仮名)の提案で、近江町市場内に行ってみることに。
そういえば知り合いの誰かも今年の8月に来てたっけな。


DSC01716
[ SONY DSC-RX100M3 ]

よく考えたら市場なんてほとんど行ったことがないので、この一見駄菓子屋のような雑多感が見ていて楽しいw
昼飯を食う前から今夜の酒の肴に悩みそうになってきます。


DSC01717
[ SONY DSC-RX100M3 ]

近江町市場へ来たなら海鮮ものだろうが、と言われそうですが(苦笑、なんせ気温がヒトケタだったので、
股関節やら腰やらが痛くなってきたので、温かいものを求めて麺丼やさんの暖簾をくぐりました。
冬季限定の文字に踊らされて、3人全員同じものを注文。まあ、来るのも同時だからいいでしょ。


DSC01718
[ SONY DSC-RX100M3 ]

というわけで、蓮根まんじゅうあんかけうどんが来ましたよ。
若干メニューの写真と違う気がしますが、まあいいや。


DSC01719
[ SONY DSC-RX100M3 ]

食事に関するボキャブラリーが少なくて恐縮ですが、あんかけというのがミソ(味噌でなくて)で、冷えた体に
ずっと温もりを留めていてくれるまろやかさがたまんなかったです。
量も最初は少ないかな、と思ったんですが、食べ終わってみたら久しぶりに満腹感を味わえましたよ。
これは大当たりでした。

3人とも食事中はずっと無口で、夢中になって食べていました(笑


DSC01721
[ SONY DSC-RX100M3 ]

さて、食事のあとはせっかくここまで来たので、お土産の買い出しに。
ひとみちゃんが鯖寿司を買おうとお店の人に話しかけたら、このお店って乾物は店内にストックしてあるものの、
冷蔵ものは少し離れた冷蔵庫までお店の人が走って取に行くシステムとなっています(笑

これ、5分おきくらいに10人立て続けに買いに来たら大変だろうな、と変な想像をしてしまいました。


DSC01722
[ SONY DSC-RX100M3 ]

おれは、ここへ来た時から目を付けていた明太子を購入。十間町口から入ってすぐ右手にある刺身市場さんです。
あり得ない大きさの明太子が5本も入って1,000円ポッキリ。
一目見たときから、今日これから家に帰ってコイツを肴にビールを呑む自分を思い浮かべてしまいました。

それに連られて、ひとみちゃんとなおゆきくん(仮名)も明太子をゲット(笑


DSC01726
[ SONY DSC-RX100M3 ]

その明太子がどれだけあり得ない大きさか、帰ってから iPhone 5s と比較してみました。
嫁の実家に2本おすそ分けをし、1本はご飯と一緒に食べ、残り2本は酒の肴に消えていきました・・・。
もう1パック買っておけばよかったかな。


DSC01727
[ SONY DSC-RX100M3 ]

あと、果物好きな次男のために種無しの巨峰を一房買いました。
これ一粒食わしておけば10分くらいは静かになってくれます。


ちょっと天候的に残念な撮影会でしたが、気の置けない仲間と同じ目線で仕事の愚痴が言えると
気分も少しラクになるよね。

春になったら、またどこかへ一緒に行こうと思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR