FC2ブログ

God Father Part II

godfather_filmimage.jpg

フレド役のジョン・カザールの小物っぷりが最高で悲劇的。
(彼は『ディア・ハンター』で共演したメリル・ストリープと婚約したのち、病死してしまいました)

しかしこの映画、ネヴァダやハバナで繰り広げられるパーティーシーンの活気や臨場感が本当に素晴らしい。
その中で繰り広げられる”ビジネス”のやり取りの静と動の対比が良い緊張感を生んでいます。

この映画での1920年頃のニューヨーク・ブロンクス地区の活気のある様子、
大好きだなあ。(そのドサクサにヴィトは最初の殺人を犯すのだけれど)
コッポラは群衆を撮るのが得意なんでしょうかね。

若き日のヴィトの姿と、作中の現代のドンであるマイケルの時代の出来事が並行して描かれますが、
特に現代でフレドが弟を売ったのがバレていよいよ立場が危うくなるシーンから、
赤ん坊の頃に病気になり、その姿を若いヴィトが不安げに見つめるシーンへの切り替わりが秀逸。

ボンクラの彼も、幼い頃はゴッド・ファーザーに当然のように愛されていたのだから。
悪人になれなかったかわいそうなフレド。

皮肉にもマイケルの息子、幼いアンソニーだけが彼になつくのが微笑ましくて・・・。

血の気の多かった長兄は諍いで亡くし、望んだものを得る力のなかった次兄の命を奪い、
父の築いたファミリーを守ろるためにすべてを捧げた末弟を演じたパチーノの、
ラスト近くの寂しげな眼差しは、1作目の老いたヴィトそのものだった。

久しぶりに観たけど、どんなに言葉を並べても語りつくせない名作ですよね。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク