北陸新幹線ができたなら

2015年3月14日に開業が決まった北陸新幹線ですが、正直イマイチ開業後のイメージが湧きません。
そこで、ちょっと自分メモ的にまとめてみました。

hokurikushinkansen.jpg

W7系新幹線の外観イラストです。基本的にE7系も同一仕様で、JR西日本所有か東日本所有かで
呼称が変わるのと、シンボルマークがそれぞれ異なる程度で、外観や内装はほぼ一緒だそうです。


列車名

列車名は、運行タイプにより呼称が変わります。
金沢発で東京までビューンと行っちゃうのが『かがやき』で、ちょいちょい停まるのが『はくたか』。
金沢と富山を往復するだけの簡単なお仕事は『つるぎ』が担います。


tokkyu_kaisoku.jpg

前から気になっていたのは、東京までは『かがやき』に乗っちゃえばいいとして、逆にこれから大阪へ行く
ときはどうすればいいがよ?という部分です。開業前の現在は『特急サンダーバード』を利用するのが
あたり前田のクラッカーなわけですが、北陸新幹線は開業時には金沢までという状況なので、
金沢より西へは『特急サンダーバード』を利用することになります。

つまり、北陸新幹線開業と同時に『サンダーバード』は富山まで来ないということですね。
これってひょっとして、トワイライトエクスプレスを撮りに行くのもいいけど、今のうちに撮っとけって
感じなんでしょうか。でもなー、撮ってばかりじゃつまんないよなー。

そうだ、京都行こう。


また、『しらさぎ』も金沢停まりとなるため、特急列車は軒並み富山から消えます。
そして、今まで背伸びしたマイルドヤンキーを越後湯沢まで運んでくれていた『特急北越』は、
金沢から上越妙高乗換で新潟へ向かう直通快速列車になります。

ちなみに、新幹線開業後に富山から新潟へ行く場合は、『はくたか』に乗って上越妙高で
新設される『特急しらゆき』に乗り換えることになり、なんだか上越妙高駅がハブ駅っぽいイメージ。
料金的に安く、また時間がそれほどかからないならば、東京よりも新潟市へ足を運ぶ際に
利用してみたいかも。

新潟って、富山からでも近いようで遠いから。


運賃

さて、富山から東京へ行くときの指定席・特急料金はこんな感じです。
これまで毎年2月頃に東京へ行っていたときの料金と比べて、およそ2,000円前後高くなる程度みたい。
それくらいの差額で、東京まで1時間も早く着けるんだから全然安い。


停車駅

で、地域によってはモメ気味なのが各運行路線の停車駅の問題。
富山県的にはせっかく黒部宇奈月温泉駅も新高岡駅も作ったのに、停車するのは『かがやき』だけ。
新潟にいたっては『かがやき』は全駅停まらないというね。
だからこその2時間8分(富山~東京間)なわけで、仮に停車駅を一つ増やした場合の時間的なロスを
考えるとどうにも悩ましい問題ではありますな。


試験運転

最後に、開業前の試験運転も地味に継続している模様。
ただし10月は夜間のみの試験のため、カタギのおいらは写真なんか撮れないぜ。

悔しいから、子供たちにも内緒で自分のためにアレを買いました。


つづく。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR