FC2ブログ

Tulip

「写したいものを写して、写したくないものは写さない」


昼からの外出前にちょっとウェブ巡回をしてまして、知り合いのブログを見てたんですが、
はっとさせられたり、なるほどなと思わせてくれたエントリがあったので、そのことを書きます。

件のブログは”素敵写真を撮るために必要なたったひとつの冴えたやり方” by trans_parent


レンズ交換式のカメラを持ってはいても、普段使いのレンズはほぼ決めていて、最近だと SIGMA の
ミラーレス用19mm単焦点レンズ、19mm F2.8 DN を NEX-7 につけっ放しなのですが、
腕が未熟なので出来がイマイチなんですよね。

これだ!と思ってシャッター切っても、プレビューに出て来る写真のどれもがイマイチ。
何を伝えたいか、見せたかったのか分からん。これはもう、レンズやカメラのせいじゃないです。


そこで、上記のブログのエントリを読んでて、うーんと考えてたんですが、ちょうど天気が良くて
ベランダに咲いた嫁が植えたチューリップがとても綺麗だったので撮ってみました。

どの写真も同じ19mmの単焦点レンズで撮りました。


DSC00023.jpg
■高画質版はコチラ←Flickrへ飛びます

撮った場所も分かって、記録的には良いかもだけど、ちょっとさびしいかな。


DSC00028.jpg
■高画質版はコチラ←Flickrへ飛びます

賑やかなのと散漫なのとは、本当に紙一重。うーん。


DSC00032.jpg
■高画質版はコチラ←Flickrへ飛びます

これは、まだまだ表現には至らないけれど、うまく”切り取れた”ほうなのかな。

写真に正解はないと思いますが、みなさんはどれが好きですか?

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク