FC2ブログ

ダイナランド ゆり園

自分用メモです。


実は、夏休みの家族旅行の計画が二転三転していて、というのも当初泊まるつもりだった
養老温泉を拠点にした場合、養老天命反転地のあと(先でもいいけど)に何をしようにも距離的に
行動範囲が限られてしまうんですよね。

養老ランドも悪くないなと思ってたんですが、調べれば調べるほど子供の間が持たない気がしてきて、
結局、養老天命反転地以外のプランは一旦白紙に。
いやぁ、近所に住んでて5歳くらいまでの年齢の子供がいるなら良い遊び場だと思うんですけど、
片道3時間半もかけて遊びに来るような場所ではないような・・・(苦笑。


で、他に岐阜県内で温泉付きで宿泊できるところを探してみたら、大人3人+小人1人+幼児で1泊
食事2回つきの条件に合うところが意外になく、たまたま思い出した湯快リゾート系のホテルを探して
みたら、恵那峡近辺にあるじゃないですか。

恵那峡国際ホテル - 湯快リゾート

料金的には当然安いんで文句はなし、さてここを拠点に遊べるところ遊べるところ・・・っと。
ちなみにここから養老天命反転地までは片道1時間半かかるので、そこへは二日目に行くことにして、
一日目に自宅を出てからの立ち寄り先に使えそうな場所をあれこれ調べていくと、

恵那峡遊覧船
恵那峡ワンダーランド
博石館

・・・というアクティビティが見つかりました。
それぞれホテルの宿泊客向けの割引チケット付プランも用意されていて、ここでいいじゃん!と思ったのですが、
今度は嫁が無言でうつむきはじめました。

遊覧船は悪くはないのですが、乗船時刻に縛られるのはちょっとイヤな上に、短時間で終わってしまう。
恵那峡ワンダーランドは、入場料の他にアトラクション利用に別途お金がかかるのと、養老ランドとは逆の理由で
規模が本格的すぎるということで気が乗らなくなってきた模様。
ここで本気出してはいけない、と(苦笑。
博石館では上級宝石探し体験ができるようですが、時間制限が短く、大した物が取れなかったときの
長男(石マニア)のテンションを慮ると避けるべきと判断しました。

片道3時間半もかけて来た上に、翌日の養老天命反転地で遊ぶ気力&体力が残せるかどうかも
今回の旅行の重要な要素です。・・・お互い年を取ったしね(苦笑
嫁としては養老天命反転地は絶対外せないらしく、残念ながらここも一旦リセット。
宿泊先は恵那峡国際ホテルに決まりそうなんですけどね。


で、3日ほど経ったある日の新聞の折込に、アクセスもよくて寄り道にはベストっぽいところが紹介されていて、
ここなら一日目・二日目のどちらに行ってもいいし、写真愛好家的には良い写真が撮れそうな気がするので
ちょっとワクワクしてきたのがここ↓

ダイナランド ゆり園

ひるがの高原・スノーパークを利用した、夏季限定オープンの施設で、リフトに乗ったりトレインで園内を
周ることができます。
そして何よりユリ畑の写真も撮れるし、お蕎麦も食べれる!
こういう気分転換の散歩感覚のでいいんだよ、場所的にも出発してからちょうど退屈してくる頃合いと考えれば、
いい感じだと思われ。

いちおう、ここにも宿泊施設はあるのですが、子供連れ向けの和室プランがなさそうなので却下。

一日目に富山から東海北陸道通って「ひるがの高原」(もともとここで休憩するつもりだった)で下り、
ここに立ち寄ってのんびり遊んで、また高速に乗って恵那峡へ。
一泊したあとは養老まで行ってフラフラになるまで遊んで、帰りは関ヶ原IC経由で名神から北陸道に乗れば
帰れるし、若干横移動の多い旅行だけど、まあまあのプランかと。


そうそう、土岐を通過するからといってアウトレットになんかは行きませんよーだ。


■往路


■宿泊地


■メインイベント


■復路



総走行距離:約700km・高速道路利用料金:約15,000円
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク