FC2ブログ

Roots of Photograph

仲間の何人かが、写真のルーツを語るというのをやっていたので乗っかって
みようと思います。

・・・が、写真歴というかカメラ歴はまだ4年にも満たないんですよねー。

基本的に趣味人なので、きっかけさえあれば何にでもハマれる腰の軽さには定評?
がありますが、カメラに関しては何の知識もなく、身近に詳しい人もいたけど、
まんま同じものをトレースするのはイヤだったので、自分の中でぐるぐるぐるぐると思いを
巡らせていました。

珍しくとっかかりが分からないカテゴリー・・・。

で、最初に買ったのはα55。トランスルーセント・ミラー初搭載機でした。

コンパクトな本体サイズにみっちりと身の詰まったところと、その先進性に魅かれたはず
でしたが、そもそも動画や動体は撮らないし、ペコペコのプラッチック筐体に
がっかりしてたし、自分の欲しいと思うレンズとバランスが取れないことに気がついて、
1年も経たずに手放してしまいました。

このカメラで撮った写真は残ってないなあ。シャッター切ってて楽しいとは
なぜか思わなかった。

そして、それとほぼ同時期に近所の HARD OFF で、PENTAX の K-7 を見かけたことが、
その後のカメラライフを変えたと思います。

PENTAX ってメーカー名すら当時知らなかったんだから、いかにこの業界に疎かったかよく
分かっていただけると思いますが(苦笑、
ネットで調べて現行機種だった K-5 の存在を知り、これまた近所のカメラのキタムラで実機を
触ってみて、ようやく目が覚めたんですよ。


道具は手にしっくり馴染むものでないといけない。


何の先入観もなしに、持ったときのグリップの感触だけで選んでしまいました。


最初に選んだレンズも、ズームではなく単焦点の DA35mmF2.8Macro Limited 。
使い回しの良さに期待して買いましたが、期待以上の使い勝手の良さで、CP+2013にも
連れて行きましたよ。

それと、COSINA Carl Zeiss Planar T* 1,4/50 ZK 。こればかりはBさんの影響でいつかは
Zeissをと思っていたところへ、こんな人がいたもんだから、もう我慢できませんでしたw

数年後、まさかご本人と会うことになるとは、夢にも思ってもみなかったんですよねー。


そういえば今の時代って、撮った写真をネット上にアップしたりとか、簡単にできますよね?
それがキッカケでいろんな人と知り合うことができたり、面白いなと思ってます。
また、そういう出会いを大事にしたいですね。


そして、K-5を購入して1ヶ月経ったころに撮った写真がこれ。

IMGP0209.jpg

自分の写真のルーツといえば、きっとこれなのかも。

いつか忘れてしまう、そんな「今」この瞬間をカメラとレンズ以外の道具を使わず、自然の光の下で、
純粋に記憶しておきたい。色彩や空気を忘れてしまわないように。



記憶もみな、時とともに消えてしまう。雨の中の涙のように・・・

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク