FC2ブログ

国登録有形文化財・内山邸

太閤山ランドの『あじさい祭り』を今年も見に行こうと車を走らせていて、国道脇の看板がふと目に入ったので
寄り道することにしました。

時期はズレていますが地元でも有名な梅の名所で、神通川の対岸に住んでいるのに今まで一度も行ったことが
ないし、何より古民家や寺院って写欲をそそるんですよね。


IMGP2764

で、着きました。


IMGP2760

貫禄のある門の脇の小川には、見ごろを少し過ぎた菖蒲(ノハナショウブ)が咲いていました。


IMGP2753

だいぶくたびれた花たちばかりでしたが、来年はこれを目当てにもう少し早い時期に来てもいいかも。
車で10分かからないし。


IMGP2765

門の周りの掃除をされていたおじさんに元気よくご挨拶して、中に入ります。

国登録有形文化財・富山県民会館分館 内山邸


IMGP2766

うん、これは良い苔だ。
しかし天気が良すぎて逆にイマイチ(苦笑。 今年の梅雨はあんまり降らないからねぇ。


IMGP2770

雨の日に再訪したくなる場所かも・・・。

ちょうど同じ時間帯に居合わせた60代くらいの女性(首から下げていたのが EOS 6D と EF100mm F2.8L
MACRO IS USM だったのが、後でもう一度顔を合わせたときにはEF24-70mm F4L IS USM に変わってた・・・!!)も同じ場所を撮っていて、何か同じ匂いを感じなくもなかったです。


IMGP2773

で、その方に教えられて知ったのですが、この内山亭って映画『春を背負って』の県内ロケに使われたらしく、
来訪者向けに資料が並べられていました。


IMGP2784

ほら、この”聖地巡礼”感!
(ただし食事は出てきません)

映画には興味なかったので、さっさと内部の見学に移ります。受付のおじさんに親子と間違われたのは内緒。


IMGP2774

「大広間」では虎が描かれた衝立が鎮座していました。誰か後ろから追い出してくれれば捕まえられるのに。
広間の壁にかけてある槍や薙刀は、前田家所蔵の「伊達道具」で、明治中期に内山家へ譲られたもの。


IMGP2775

「表座敷」の掛け軸。


IMGP2782

渡り廊下のこの感じ、懐かしいな。臭いといい、実父の生家を思い出します。


IMGP2776

自分以外、人の気配がないのはうれしいね。ここだけ時間が止まったように感じられる。
梅の時期だとさぞたくさんの観光客で賑わうだろうから、そういうタイミングを外すのも悪くない。


IMGP2787

この先は梅園へと続きます。
しかし本当に敷地内が広くて驚くばかり。


IMGP2790

途中、紫陽花を見つけました。
先ほどの女性はこれが目当てだった模様。映画にもここが出てたらしい。
う~ん、これは一度映画も観に行ってみるべきか。


IMGP2809

紫陽花はまだそれほど咲いておらず、ちょっと寂しい感じでしたが、こういう小さいお客さんを見つけると
なかなかその場から離れられなくなりますね。


DSC01122

紫陽花へと続く道には投げごろの梅の実がたくさん落ちていました。←


IMGP2816

IMGP2803

IMGP2815

一通り見学したあと、嫁にLINEで「楽しい」と伝えると呆れられましたが、いつか一緒に来ようと思います。
慌ただしい日常をちょっとだけ忘れられる、良い場所だと思います。

観覧料 大人200円









スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク