FC2ブログ

永井一正 POSTER LIFE 1957-2014

収蔵する美術品の保全能力と耐震性の不足、その他もろもろの事情から環水公園内への移転が
決まっている富山県立近代美術館へ行ってきました。

美術館建築としては外観こそシンプルながら、内部の構造がとても素晴らしく、いつかここに来れなく
なるのなら、行けるうちに見に行って来ようと思っていました。

富山県立近代美術館


DSC01469

見たかったのはそこで展示されている作品ではなく、美術館そのものでした。


DSC01461

今回たまたま開催されていたのは、グラフィック・デザイナーの永井一正氏の展覧会でございました。
この日まで氏の名前を知らなかったのですが、1960年代に Nikon のポスターを数点制作されていて、
予備知識ナシで行ったわりにちょっとホクホクして帰って来れてよかったよかった。

期間は6月1日(日)までということで、平日最終日のこの日は一人でじっくりと鑑賞することができて
頭の中がスッキリさせることができました。

ポスターアートなんて、さほど真剣に眺めたことなかったけど、この美術館に足を運ぶときはたいてい
このジャンルの展覧会をやっているので、今回は自分がどんな感想を持ち帰るのか楽しみでもありました。
何事も 考えるな、感じろ ですよ。

商業的であることが前提でありながら、年代ごとにモチーフが変遷していく様子がとても面白く、
作家自身のぬくもりを感じることができた思います。初期の抽象表現から具象へと変わってゆき、
動物をモチーフとしたデザインへと移りつつも、独特なその空間のバランスが揺るがずにあり続けるのは
素晴らしいことだと感じました。


DSC01465

ここ、ツツジが綺麗だったはずなんだけどなあ。


DSC01464

2階の窓の向こうはカフェ・スペースでしたが、コーヒー飲むつもりだったのをすっかり忘れてしまってました。


DSC01077

あんまりエントランスの奥まで入ったことないけれど、メトロン星人みたいなオブジェがありました。


DSC01074

おそるおそる近寄ってみましたが、


DSC01076

なんだかよく分からなかったです。「銅」って撮りがいのない材質なのかなあ。


DSC01467

移転が決まっているとはいえ、すぐにではないのでまた機会があれば足を運んでみようと思います。


「永井一正 ポスター・ライフ1957-2014」 富山県立近代美術館 - msn 産経ニュース

新富山県立近代美術館(仮称) 基本計画 - 富山県




ウルトラ怪獣シリーズEX メトロン星人ウルトラ怪獣シリーズEX メトロン星人
(2008/06/07)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク