FC2ブログ

CP+ 2014 ① - 実機体験編

2月13日(木)から16日(日)までの4日間、パシフィコ横浜で開催された CP+ 2014 は、
関東地方を襲った雪の影響で、開催3日目の15日(土)が中止となるなどのトラブルもありましたが、
無事日程を終えたようでホッとしていますが、今でも山梨県や群馬県の一部地域では、高速道路および幹線道路
で車が立ち往生し、車中泊を余儀なくされている人がいると聞いています。

どうか一日も早く家族の元へ無事帰ってほしいと心から願います。




さて、今回は当日入りかつプレミアム・タイムより遅れること1時間、さらに街猫フォトグラファー四本木さんに
出迎えてもらっての入場で、参加2回目にしてずいぶんと余裕かましちゃいましたが、
お会いしました皆さんの期待に応えるべく、ぼんやりとしたレビューをお送りしたいと思います。




低燃費には定評があるので、まずは入口からいちばん近い SONY ブースから。




ミラーレス一眼の代名詞ともいえる"NEX"の名を捨てて"α"となった、NEX-6 の実質的な後継機種であるα6000。
これのハンズオンに挑もうと展示機に駆け寄ったところ、ちょうどテレビ取材中だったらしく、スタッフに両手で
静止されてしまいました(苦笑




α7/R のデザインと同系列のするべくフラット化された本体上部の意匠はかなり好き。
そしてゴールドっぽい新色。これは CONTAX G レンズ を付けろってことだよね?w




革新的だったはずの"Tri-Dial Navi"(トライ ダイヤル ナビ)が後に続かないのと、ファストハイブリッドAF や
PlayMemories Camera Apps に対応していないし、そもそもアクセサリーシューの規格が汎用ではないという点で、
すっかり孤高の存在になるつつある NEX-7 の後継機種を待つ身としては、このα6000 には複雑な思いがあります(ぉ

シャッターボタンも無駄にα7/Rっぽくなって、指の引っかかりが多くなってちょっとイマイチかな。
レンズマウントの色がボディに合わせた感じになっているのはうれしいけど。

でも、179点像面位相差AFセンサにはとても魅力を感じるので、"α7000"が発売されないならこっちにしちゃうかも。




続いて斜め向かいの三菱製紙の関連会社、ピクトリコのブースへ。




ここでは、宝槻稔さんの作品をプラチナ・パラジウムプリントという手法を用いて、おっそろしく装丁画のように
仕上げられた作品が展示されていました。




続いて、SIGMA ブース。
CP+ 開催直前に発表された新製品、"dp2 Quattro"のα機に触れるということで、鼻息荒くしながらハンズオン待ちの
行列に並びました。




このカメラ、デザインのインパクトはもとより、"Foveon Quattro" センサの構造や、それが生み出す解像度の定義に
ついて本当にさまざまな意見が飛び交いました。これは素人が下手に口を出すと泡盛呑まされる感じに似ているので、
ここはじっと貝になることにしました。




とは言え、カメラは手に持たないことには写真を撮れないので、持ったときの感触を確かめてみました。
手タレは四本木さんでございます。

ちなみに会場入り口まで迎えに来させただけでなく、手タレになったもらった挙句、夜の集合場所への道案内まで
させたのは内緒だぜ? しかも日ノ出町からパシフィコ横浜まで歩いて帰ってもらっちゃったり。

四本木さん、いつか富山に来たときには『番やの寿司』奢ります(笑




NEX-7 の後継機種が本家から一向に発売される気配がないので、買換え候補としてサイズの比較をしてみました。
・・・個人的にはギリギリな感じです。




これまでの SIGMA のカメラと比べて液晶モニタの視認性が飛躍的に上がりました。
が、液晶横のボタンの配置がこなれてなくて、間延びした感じがしますね。それに、ここにシボ加工は要らない。
AFは許容できる速さになり、いろんな意味で普通のカメラに近づいたと思います。

販売価格がいくらになるか分かりませんが、とても興味のあるカメラであることには違いありません。





FOVEON X3 Quattroの解像度を擬似検証 - MacBSの日常生活的日記

CP+2014 番外編 Foveon Quattroが4:1:1で成立する理由を推測 - クマデジタル

フォビオン第2章、クワトロの物語はじまる - mono-logue



つづく。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク