FC2ブログ

プレプレ・PlayStaion 【創刊準備号】

今から19年前の1994年12月3日、ソニー・コンピュータ・エンタテインメントより"PlayStation"が発売されました。


800px-PSX-Console-wController.png

そして発売から半年で販売台数が「100万台」を越え、1995年11月には公式有料会員サービス"PlayStation CLUB"を
発足させ、会員特典としてCD-ROMマガジン、プレプレ・PlayStation が刊行されました。


omote.jpg

この「創刊号は」正式な発足を前に、クラブ概要の紹介を目的としたものでした。
当時は入社3年目で、まだ珍しかった家電量販店内のテレビゲーム売場の担当でした。たぶんこの CD-ROM を店頭で
デモンストレーションしてたと思いますが、あまりよく憶えていません(苦笑


naka.jpg

このころってまだゲーム機にぜんっぜん興味なかったんだよなあ。だからこそ購入客の心理を読むのが面白かった。
付属品のことをよく訊かれるので、本体のイラストをポスカで描いて、当時発売していたゲーム機ごとにPOP書いてた
なあ。


ura.jpg

懐かしいゲーム・タイトルが並んでますね。


DSC00047_20140121150542a24.jpg

今日日ソシャゲでもあり得ないこの素朴なタイトル画面w 


DSC00046_201401211505434c8.jpg

これ、実家から回収してきた液晶モニタにプレステ2をつないで実際に自宅で動かしてます。
「アクアノートの休日」・・・? 持ってた持ってた、「アーマード・コア」はまだ発売前か、あれはCGが進化すれば
するほどつまんなくなっていったゲームだったなあ。

なんだろう、粗い映像のものほど脳内で補完して没入できてたような気がしたし、「キングス・フィールドII」では
初めて”ゲーム内の世界観にハマる”という体験をしました。


さて、2014年2月22日にはいよいよ "PlayStation 4" が発売されます。

この19年の間にテレビ・ゲームは、家に友達呼んでテレビの前で遊ぶ姿を、同じ部屋で別々の方向に体を向け、携帯ゲーム機の画面に集中する無言の背中へと変えさせました。

フレンド間のゲームプレイ中継や、プレイ内容の配信も盛り込まれているようですが、果たしてそれは「外の世界へ」
向かうものだろうか。家事や子育てをほっぽり出して、明け方まで暗い部屋でモニター眺めてる毎日を繰り返すのが
「社交的」なのだろうか。

普段、人が働いているときに休み、人が休んでいるときに働いている身分としては、PlayStation 4 のソーシャル機能
は個人的には微妙だなあ。FFXI やドラクエみたいなオンライン・ゲームに手を出さないのは、”手を出せない”から
なんだけど。
買うのは決めたけど、どう使うかは実際に現物見てみないと分からないですねー。海外製のFPS も飽きちゃったし。

そうネガティブに考えながらも、PSVita版の艦これの発売を心待ちにしています。



漂流するソニーのDNA プレイステーションで世界と戦った男たち漂流するソニーのDNA プレイステーションで世界と戦った男たち
(2012/08/23)
西田 宗千佳

商品詳細を見る


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク