FC2ブログ

アタッチメントグリップ AG-R1

DSC-RX100M2 は、PowerShos S110 と比べてそこそこの重量感がある(約+100g)のと、アルミ製のボディ表面が
ツルツルしているので、うっかり落としてしまうことが容易に想像できて震えます。

兄弟モデルの DSC-RX100 発売当時に、PowerShot S90/S95用 のカスタム・グリップを持っていたので試しに
着けてみると、「指がかり」の部分が暑く、指がコントロール・リングに干渉してしまい、使用感が微妙だったので
観念して純正品のグリップを買うことにしました。


IMG_2255.jpg

たかがグリップのくせに、箱は大きめなのは「日本語」「英語」「フランス語」「スペイン語」「ドイツ語」「オランダ語」
「イタリア語」「ポルトガル語」「ギリシア語」「ポーランド語」「ルーマニア語」「デンマーク語」「チェコ語」
「フィンランド語」「ロシア語」「中文(繁体字)」「中文(簡体字)」「ハングル語」のマニュアルが同梱されているからです。


IMG_2260.jpg

素材は一眼レフカメラ等でもおなじみのエラストマー製。"SONY"のロゴが地味に入っています。
逆にこれを PowerShot S110 あたりに使っても面白いかも?と思ったときにはもう貼り付けてしまっていたので、
試してはいません(笑


リチャード・フラニエックもDSC-RX100/M2 用にカスタム・グリップをリリースしていましたが、
右側前面をほぼ覆うようなデザインで、このシリーズのアイデンティティである横一直線のラインを隠してしまうため、
今回はパスしました。


IMG_2261.jpg

PowerShot S90/S95 用カスタムグリップとの比較です。
個人的にはこの中間くらいの厚みの指がかりだと良かったかな。それか、グリップの山が低かったらベストかも。


IMG_2262.jpg

背面には両面テープが貼られていますが、型崩れを防ぐパーツを固定するビスが見えますね。
この作りが気に入って選びました。


IMG_2263.jpg

貼るのは簡単、18もの言語を読まなくてもコントロール・リングのフチで位置合わせができるので楽勝でした。
下に柔らかい布を敷いてから貼るといいですよー。


IMG_2267.jpg

難しかったのは、右手でカメラを持った写真を、左手で持ったカメラで撮ることでした。

それにしても冬は手が乾燥するなあ・・・。でもこれで肌の乾燥しがちな季節でも安心して外に持って行けるように
なりました。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク