FC2ブログ

PHIL COLLINS Live At Montreaux 2004 BD

1990年ドイツ・ベルリンでの野外公演「SERIOUS HITS...LIVE!」の模様を収録したDVD(国内盤が廃盤のため輸入盤を購入)の映像信号方式が日本で採用されているNTSC方式ではなく、ヨーロッパで一般的なPAL方式だったがために、
自宅のPS3では再生できないというトラップにハマって頭を抱えたものの、マイカーに搭載のDVDナビ(日産純正・三洋OEM)ではなぜか普通に再生できてしまい、もともとクルマで観るつもりだったので、
理屈はよう分からへんけどめでたしめでたし・・・という記事を最近書きましたが、弾みで違う年代のライブBDも買っていました。


DSC00844.jpg

今回も輸入盤ですが、問題なくPS3ちゃんで再生できましたよん。

さて、2012年3月に米国でリリースされた本BDの中身はというと、2004年のフランスでのライブを収録しています。
たしか"The First Farewell Tour"と題した世界規模のコンサート・ツアーの一部だったような。
2000年代に入ってから何度も引退と復帰を繰り返しているので、ラスト・コンサートだったかどうかは忘れました。

絶頂期だった1990年(当時39歳・・・同年代かよ)の演奏と比べると、パワーダウンした感は否めないところですが、
若干マイルドになったヴォーカルが耳に心地よく、コンパクトな会場の規模にも合った感じで今ではもう10年前にも
なっちゃいますが、円熟した演奏といって過言ではないかと思います。

ちなみにベースの髭のオッサンリーランド・スカラーと、Earth,Wind & Fire から借りてきた"The Phenix Horns"はベルリンのライブでも一緒だったので、あれから年を取った彼らを見て何故かホッとしました。
キレッキレのギタープレイを魅せていたダリル・ステューマーの姿が見えなかったのが少々残念な気もしますけど。も、相変わらずクールにプレイしていますね。

野外でのライブと違って、会場がコンパクトなホールのためか、カメラがあまり動かずフィル中心に撮っていますね。
なのでカメラワークがヘタクソに感じてバックのメンバーの顔が良く見えないんですよ(苦笑

オマケとして1996年にモントレー・ジャズ・フェスティバルに参加し、自身の名曲をビッグ・バンド・ジャズに
大胆にアレンジして演奏した模様が収録されているので、これまた興味深い。
こっちはまだじっくりと観ていないんですが、マイルス・デイビスの"Milestones"をカバーしているようなので
観るのが楽しみです。




Live at Montreux 2004 - 1996 [Blu-ray] [Import]Live at Montreux 2004 - 1996 [Blu-ray] [Import]
(2012/03/26)
Phil Collins

商品詳細を見る


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク