FC2ブログ

永遠の0(ゼロ)/百田尚樹

流行りものは追わない性格なんですが、今読まなかったらずっと読まないままだろうと思うので、
娘の買い物に付き合ったついでに買ってきました。

DSC00833.jpg

放送作家としてのキャリアがありながら、50歳のときに本作品で作家デビューした百田尚樹。
映画化され、今年12月21日の劇場公開を前に原作を読んでみたいと思っていました。
漫画版は気が向いたらKindle版で読もうかな。

天才パイロットと謳われながら海軍一の臆病者と呼ばれ、「娘に会うまでには死ねない、妻との約束を守るために」
そう言い続けながら零戦に乗り、南西諸島沖で戦死した宮部久蔵。
実の祖父の存在を知った大学生の佐伯健太郎は、元戦友や海軍従事者たちから生前の祖父のことを尋ね歩くが、
彼らの口から語られる祖父の人物像は、聞くほどに謎に包まれていく・・・。

自分も夫であり父親でもあるので、家族を残して死ぬといこうこととは何なのか気になっています。
時間を見つけて、できるだけ映画を観る前に読み終えたいと思います。

いや、本当に考えるべきは、子供たちを戦地へ送ることがないようにすることか。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク