FC2ブログ

SONY α7R

良い子のみんなは決して exif なんか見ちゃダメだよ!(ぉ

α7

ということで、SONY の意欲作、誰も作らなかったカメラ α7 の"R"を初めて触ったときの感想を
書きます。

もう、いいよね?

SONY α7

あいにく当日は店長がいたので、ちょっと外を歩いて景色を切り取って・・・なんてことができなかった
のが悔やまれるのと、事情によりデータのお持ち帰りができなかったので、あくまでも雑感ということを
前置いて言うと、

やるじゃないか・・・

というのが第一印象でした。

カメラはどうしたって手で持つモノなので、いちばん気にしていたのが”持ったときの感じ”でした。
その点でいえば、UIも含めて思ってた以上に合格でした。


コンパクトで軽ければ良いってもんでもなくて、モノにはほどほどの重さって必要だと思うんですよね。
なので、センササイズは抜きにしても、この重さは全然大丈夫。
まあ、これ以降発売されるレンズとの組み合わせにもよりますが、個人的には35mmの単焦点さえあれば
生きて行けそうな気がしているので、画像の組み合わせのレンズ Carl Zeiss Sonnar T* FE 2,8/35mm ZA
とのコンビネーションはイイ感じでした。

そして、話題にもなった外観デザインですが、たしかにちょっとスタイリッシュさに欠けるものの、
こうしてカタチとなって出てきちゃったものは仕方ないんじゃないかと(苦笑
かえって気になったのは、塗装の部分ですかね。

以前、NEX-7 の塗装のハゲについて記事を書きましたが、このα7の塗装も何ら特別な仕様ではないので、
このお値段で傷には勝てなさそうなところが不安に感じました。

写りに関しては、書庫と食堂を兼ねている休憩室で撮ったしょーもない数枚程度では感想が書けないので
今回は何も言わないでおこうかと悩むところですが、強いていえば被写体の手前と奥のボケの感じと、
被写体の立体感・実在感はさすがフルサイズだなと思ったのが正直な気持ちです。

もしもこのカメラのことが気になっていて、ネットであれこれ調べていたとしてたら、
まずはどこでも良いから展示してあるお店に行って実機を触ってみるのがいちばんですね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク