FC2ブログ

High Resolution

My Revolution


・・・ソニーから、192kHz/24bit のハイレゾ音源に対応したウォークマンの新製品が発表されました。

NW-F.jpg

ソニーが新ウォークマン発表、Android搭載やスマホ連携など6製品 - ケータイWatch(2013/9/25)


前モデルの NW-F807 は、自分にとって初の Andoroid OS 搭載機器でした。
所有してた当時は AudinstAMP-HP というポタアンと組み合わせて、1960年代の Jazz なんかを
聴いていました。

2012年の12月には高級オーディオ・メーカーの LINN が運営するハイレゾ音源配信サイト、Linn Records
クリスマスまで1日1曲無料ダウンロード企画、"MERRY CHRISTMAS with love from Linn" を繁忙期の
心の拠り所としていました。
嫁の妊娠が判って以降、八つ当たりがひどかったこの時期、逃げ場を求めていたのかもしれません。


現在は手元にないのでうろ覚えですが、NW-F807 では 192kHz/24bit の音源は再生できず、
配信データに含まれていた 16bit バージョンの FLAC フォーマットで聴いていたように思います。

それはそれとして、生まれて初めて聴く、CD 以上の音質とはいかなるものか?
純粋にそのスペックを満たせる試聴環境がないので、偉そうなことは言えないものの、

興味のない楽曲はいくら高音質で聴いてもツマラナイ

というのが結論でした、おわり。

もともと Jazz にしてもビッグ・バンドよりはトリオやカルテット編成の演奏が好きだし、
クラシックにいたってはピアニスト1人の演奏ものしか聴く気にならないんですよ。
いちおうコレクションとしてカラヤン指揮の何かは棚に入ってはいるけど、1回しか聴いてない。

そんな自分の趣味に合う、または心の琴線に触れる楽曲が、配信された28曲の中に一つとして
なかった。だからと言ってハイレゾ音源を否定するつもりは全くありません。好きな人は好きなように、
納得のいく環境で聴けばいい、他人がとやかくいうことではないからね。


で、今回の新製品、買うのかどうかというと、操作感の良さそうな M505 にグッときてます。
Andorid OS なんか実際邪魔なだけだった。いちいちアルバム・アートワークを編集するのも面倒くさいし。
もっと気軽に音楽と付き合うなら、自分にとってはこれくらいでいいと思っています。

加えて、退役した iPhone 4s を音楽プレーヤーとして使っているので、Bluetooth や NFC 搭載で、
ワイヤレス・レシーバーとして使う機能もあるこの M505 はけっこうストライクなんじゃないの~。
ますます MW600 の出番がなくなるけど(笑。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク