FC2ブログ

NFC

巨大アヒル


身の回りでハイレゾ、ハイレゾと賑やかになりつつある今日このごろ、ちょっと初心に帰って
昨今のデジタル・ガジェットのキモである"NFC"についてまとめてみようと思います。

手持ちの機器で"NFC"対応のモノは Nexus 7 (2013) しかないので、まだその恩恵あずかるような
状況ではありません。
強いて言えば「置くだけ充電」かなあと思ったら、あれは"Qi(チー)"という別の技術なので全然違い
ましたね。←という程度の知識しかない
(将来、NFC を使ったワイヤレス充電も可能になるとか、ってややこしーなー)


で、似て非なるもの、とうことで二つの用語を整理してみました。

■NFC・・・(Near Field Communication)の略称で通信距離は『10cm』程度の近・距離通信技術。
特徴は、搭載した機器同士にどちらかを「かざす」だけで双方向のデータ通信が可能になること。

■Bluetooth・・・2.4Ghz帯の無線を使った短・距離無線通信規格で、タブレットやPC、スマホやポータブル・
オーディオ機器に広く使われている。『半径10mから100m』の距離で最大3Mbpsの通信を行う。
おもにワイヤレス・マウスやキーボード、ヘッドセットに使われることが多い。
オーディオ機器においては、スマホ内の音楽データを自宅では対応コンポとペアリングをすることで、
スピーカーから音を出すことができる。


"ワイヤレス"という意味では同じような技術なので、ついごっちゃに考えてしまいがちですが、
Bluetooth は通信距離が NFC と比べて長いため、機器同士がある程度離れるような状況で役に立ちます。
具体的に言うと、イヤホンとプレーヤーをつなぐケーブルを取り去って、カバンに入れたプレーヤー内の
楽曲をケーブルに煩わされることなく聴ける、という感じ。

代わって NFC は『10cm』くらいの距離内でしか通信ができないため、何の役を果たすことができるかと
いうと、クソめんどくさい Blutetooth 対応機器同士の相互設定・・・ペアリングを、文字通り"かざす"
ことで一発でやってくれることなんです。

個人的にソニー・エリクソンのワイヤレス・レシーバー MW600 を所有していますが、iPhone で何か
聴こうとするたびに、毎回ではないにしてもペアリングをやり直さないといけないことが何回もあって、
非常に煩わしくなって今ではまったく使っていません。

その辺のモヤモヤをスッキリさせてくれるので、オーディオ&音楽好きとしては歓迎できますね。


さて、この NFC 、身の回りの家電製品なんかのちょっとめんどくさいことを解決してくれるショートカット
のように、使い途がどんどん幅広くそしてきめ細かくできてくるようになれば面白くなりますね。
通信距離がある程度限定されるだけに、用途が洗練されやすいと思うんですよ。
逆に他の規格との差別化はどうやって図られるのだろうか。

今後も楽しみですね。


さて今、思いつくとしたらなんだろう。Wi-Fi ルーターにタブレットをかざすだけで設定完了みたいなの?
それってたしか QRコード を使ってやってるメーカーがあるよね。

あと、年に数回ビジネスホテルを利用することがあるんだけど、現地のフロントで精算するときに
目の前の受付の人じゃなくて隣りの入金機にお金入れるんだよね。あれの意味が分からなくてもにょるから、
自宅でのネット予約と同時に ID の書き込みをやって、チェックインのときにフロント行かずに
入金機にかざすだけにしておけば楽なんじゃないかと思った。

うまくやれば、決済も部屋のキーも NFC 搭載機器ならなんでも良くなるし。

顔を見られたらまずいとかじゃなくて、個人情報はあらかじめ予約時に登録してあるのに、
フロントでいちいち名前書かされるのめんどくさいなあと思って。


まあ、おれが思いつくようなレベルのことなんか、既にどこかでやってるんでしょうけど。


スマホでよく聞くNFCって何?Suicaは親戚、ワイヤレス充電も可能に… - ビジネス・ジャーナル

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク