FC2ブログ

写真用紙 クリスピア

2013年10月1日(火)から東京は銀座の「ガレリア銀座」において、我らが紗々さんの
初めての写真展『キリトリ線。』が開催されます。

そこでの展示作品には EPSON の高光沢写真用紙、"クリスピア" が使われているような感じなので、
自分でもちょっと試してみました。


訂正:写真展では キャンソンのプラチナファイバーラグという用紙のA3ノビ サイズでプリントされたものが
展示されています。


これまで撮ってきた写真(子供中心)は、L版でプリントしてアルバムに綴じるようにしていて、
実際A4用紙にプリントすることってなかったんですよ。
ただ、一度でも自分の撮った写真を引き延ばしてプリントしてみることで、その写真の良し悪しが見えて
くるようなことを誰かが言っていたような気がするので、ずっとやってみたかったことの一つでした。


DSC00651.jpg

というわけで、どーん! 自腹で買ったぜ・・・ハァハァ


DSC00653.jpg

我が家のプリンタは EPSON の EP-804AW です。

最近は進撃の小人こと、ハルキさんの朝の巡回ルートに含まれるようになり、電源のオン/オフを延々と
繰り返すイタズラの被害を受けていましたが、アイツが家にいるときはコンセントから抜いておくことで
対処しました(苦笑
一時は壊れたのかと思うくらいの異音がしていたのですが、今は大丈夫なようです。


DSC00652.jpg

さて、記念すべき1枚は一眼レフを買ったばかりのころに撮った、個人的には"会心作"の寝顔。
パソコンのモニタで見るぶんには、淡い感じの落ち着いたトーンがとても気に入っていました。


DSC00654.jpg

いつものL版用紙の設定からA4用紙へと用紙設定を確認して、品質も「きれい」を選択。
モニタが汚れているのは、このパソコンも進撃の小人の被害者だからです。


DSC00655.jpg

スタッフがお客さんに渡し間違えたインク(呆 がちょうど自宅のプリンタに適合するため引き取ってきたから
容量は満タンだぜ、バッチコーイ!!
・・・どうでも良いんですが、我が家のプリンタの本体色はホワイトなのですが、画面上ではブラックで
表示されてますよね。アップルならこんなことはしないはず、なんて思いました。


DSC00658.jpg

とりあえず、保存してあった子供たちの写真から1枚ずつ選んでみたのですが、肝心の娘の寝顔はプリントで
見るとイマイチでしたね~。フォーカスが甘く、ほっぺたの色も飛んだ状態で出力されました。
やっぱりモニタ上で見るのとは大違い。

香港マフィアのようなポージングのハルキさんも、髪の毛の細さがうまく出ないかと期待してプリントして
みたら、盛大にブレていたうえにピントが右手に来ていました(苦笑
やっぱり引き延ばして見てみると違うんだね~。


DSC00659.jpg

最後に、自分のウデが上がったと実感した1枚をプリント。
長男の小学校の卒業式で撮った記念写真で、この日は K-5IIs に Planar T* 1,4/50ZK という組み合わせ。
モニタ上のチェックでもガッツポーズしてたんですが、出力しても最高の出来でした。

隣りの同級生にもピントが合ってたのは偶然ですが、彼とは保育所時代にいっしょに遊んでた仲で、
ありがちですが、小学校入学とともにクラス分けで疎遠になってたんですよ。
それが最後に一緒に写ることになって、なんか不思議。

プリントした印象では、髪の毛の繊細さ、肌の色合い、衣服の質感ともに満足のできるものでした。
ただ、黒い衣装の部分をよく見ると、偽色のようなものが残ってしまってますね。
これはローパスレスの K-5IIs のせいなのか、プリンタの性能の限界なのか分かりませんが。


DSC00657.jpg

プリント用の写真を探していたら、フォルダにこんなのもありました。
写真家の桃井一至さんと、麺房亭のオヤジですw
さすがにクリスピアがもったいないのでプリントしませんでした。


さて、こうしてモニタ上で見なれた写真を実際にプリントしてみることで、作品として仕上げるときの
意識の持ち方が変わりそうな気がしてきました。
写真を撮りに行く時間を確保するだけで精一杯なので、RAW で記録することも諦めていましたが、
ちょっとこれから「現像を意識して」写真撮らないとなあ、と思いました。

あと、フルサイズのカメラ欲しい。

そういえば、新製品の EP-976A3 って、今のと横幅が 34mm だけ大きくて、高さはそう変わらず、
奥行きは 30mm 短いんだよね。それなのに A3 プリント(背面給紙)できるなんてすげえや。

壊れたらコイツに買い換えやな・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク