FC2ブログ

CONSTANTINE

DSC00588_20130910143359625.jpg

この映画でレイチェル・ワイズのことが好きになり、続く『ナイロビの蜂』はあまりの痛ましさに
途中しか観ることができないくらいでしたが、よく考えたら『ハムナプトラ』にも出てたんですよね。
キアヌ・リーブスとは『チェーン・リアクション』以来の共演ということで、
ファット・キアヌとガリガリ・キアヌの両方を知る貴重な女優さんなのではないでしょうか。

末期の肺癌患者がこんなに元気なわけないとか、キアヌ自身タバコを吸い慣れてないという部分は差し
引いて、会話のシーンや悪魔が人間界に接触しようとするシーンなんかは非常に丁寧に撮られていて、
不思議と落ち着いて観られる映画でした。
劇場公開時には荒廃し強風の吹きすさぶ”地獄”のロサンゼルスの描写が話題になったはず。


『ヘルボーイ』にしろこの作品にしろ、アメコミ原作の悪魔退治ものには何かしらの飛び道具が登場する
のがダサくてテンションが下がりるんですが、その武器を調達する役(007でいうところのQ)である
ビーマンが工房として使っているボウリング場の機械室が襲われるシーン(ボウリングの球を送り出す
機械が勝手に動き出す)にはゾクゾクしました。

DSC00587.jpg

さて、この作品ではブレイク前のシャイア・ラブーフが助手の役を好演していますね。
ティルダ・スウィントン演じるガブリエル(大天使ガブリエルとは別人で外反母趾がひどい)の中性的で
妖しい存在感も良い。
『アイデンティティー』では重要な役割を演じたプルイット・テイラー・ヴィンスの神父の活躍も
もっと観たかったなあ、投身自殺したイザベルについて"能力"を使うシーンは圧巻。惜しいキャラでした。
あと、ピーター・ストーメアのルシファーも最高、この映画は出演者の存在感が立っててうれしいね。

気に入ったのは、ハーフブリードと呼ばれる天使と悪魔の中間的な存在の設定。
主人公はそれらを見分けることができるということなのですが、
天界側のハーフブリードが『ベルリン・天使の詩』のように人間に寄り添う姿が見られて微笑ましかった。

クリ―チャーの造形がイマイチで、同じ監督の『アイ・アム・レジェンド』のダーク・シーカーズと
デザインが被るのが惜しいですが、特殊効果は以外にもティペット・スタジオで、特殊メイクは
あの故スタン・ウィンストン・・・のスタジオ。


DSC00589.jpg

DSC00590.jpg

個人的にはコンスタンティンの住む部屋がすごく好きでした。こういう部屋に住みたいなあ。

今回、BDで買い直してエンドロール後の大事なシーンを初めて観たんですが、こりゃ傑作だわ!w
こういうオチは本当に好き。

コンスタンティン [Blu-ray]コンスタンティン [Blu-ray]
(2010/04/21)
キアヌ・リーブス、レイチェル・ワイズ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク