FC2ブログ

Raft(3) "The First Chapter"


9月から細々とプレイしていた 「Raft」 なんですけども、うっかりセーブデータを消してしまいましてね(白目)。ゲーム内カレンダーでいうところの400日間分を吹き飛ばしてしまったわけです。

20191014134732_1

『ありし日の我が家』


20191204081535_1

しかし、いちどは(その概念が存在するのならば)クリア相当まで進めてしまっていた経験から、リカバーは早かったです。相変わらずヘタレのためピースフルで再度プレイを開始し、リアル日数でいうところの3日間程度でイカダをほぼ理想的な形にまで作り上げました。


20191129000016_1

あのラジオステーションなんて、イカダ完成前にもう到達しちゃってたんだもんね。もはや楽勝である。


20191129003358_1

あとはもう、これまでどおりただ流されるように遊ぶだけなのである。時おり発現するサメのバグを見つけては嬉々として槍でつついたりしながらダラダラと。あまりイカダを大きくしすぎてもアレなので、7x7をベースに十字型に組んではアイテム収納区画や料理区画に分けるのは前回と同じコンセプトを継承。初プレイから気が付いていたけれど、やっぱりこの形がいちばん合理的やね。


Raft_Update_10

そんなタイミングで、大型アップデートが降臨。UPDATE 10: "The First Chapter" でございます。

今回のアップデートで、野生の熊や大型のげっ歯類といった敵性動物の追加や、新アイテムのほか、無人の豪華客船のような新しいロケーションが追加された模様。あと、けっこう投げっぱなしだったストーリー部分にも手が入り、「世界に何が起こったか」という謎を辿れるようにフィールドのあちこちに「メモ」が配置されました。漂流の途中でたどり着いたロケーションエリア内でその「メモ」を見つけては、同じく追加された「手帳」で確認するという流れ。


20191204084523_1

そのせいか、ラジオステーションの最上階のホワイトボードが文字通りに白紙になり、これまでのように非常にぼんやりとした(でも絶妙に心地良い)追体験をするのではなく、より具体的に謎を解く役目をプレイヤーが担うスタイルに変わったように感じました。

しかし、最初に書いたように、ラジオステーションにはもうたどり着いちゃっているのである。


20191204081448_1

今回のアップデートに伴いリファインされたレーダーには、ラジオステーションの位置が特定できるようになりました。もはや今さらなのではありますが、こうして特定できるとなればここへ何度も訪れないといけない感じなのかな、そうなのかな。


20191204083837_1

ふたたび訪れたラジオステーションの外観には蔦が巻きつき、いかにも廃墟感を醸してはいるものの、バージョンアップ前のきれいなときに一度来ているのでけっこう白けムード(苦笑。


20191204083921_1

へえ、ふーん。みたいな。

ただし、以前にはなかった「メモ」が数枚あったので、再訪の価値はあったと思う。


20191204231551_1

ややネタバレだが、集めた「メモ」はこうして「手帳」で確認できるようになる。まあ、いかにもって感じの思わせぶりな内容はこの手のアドベンチャーゲームあるあるなので、大して驚きもしない。逆に「ああ、こっち路線に来ちゃったのね」と冷めた感想を持ってしまった(苦笑)。


20191204085127_1

追加アイテムのひとつ、「ヘッドライト」のブループリント(設計図)も見つかりました。頭にかぶる系のやつなので、キャプテンの帽子とかの併用はできません。なので、アイテムボックス内のひとつを占有しちゃうのがちょっと不満。


20191204085441_1

ヘッドライトの使用前。


20191204085453_1

使用後。

消耗アイテムなので、使用可能時間が過ぎると消えてなくなってしまいます。今後訪れるであろう新しいロケーションとやらで、活躍することがきっとあるんでしょう。今はまだ使いどころが分かりません。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク