FC2ブログ

らーめん翔龍に行ってきた


「ブラックラーメンを謳わないラーメン屋の醤油ラーメンは旨い」 説の提唱者として、なんとしても行かなくてはならなかったお店がありました。



高岡市は野村の 『翔龍』 さんでございます。

2019年の7月20日にサンエイハイツの1階にあった旧店舗から新築移転されました。これまでは県道44号線沿いでしたが、新店舗は県道57号線沿いとなります。この立地が絶妙で、北陸新幹線の新高岡駅前の道を東へまっすぐ進むだけ!・・・もちろんクルマが必要ですが、県外から新幹線でやってきてタクシー拾ってから5分で旨いラーメンが食えるわけですよ!

数少ない地元の友人が、いつも行っては撮ってくる写真を見ながら悶々とする日々を過ごしていたんですが、たまたま近くを通ったときに思い出しました。

IMG_E2396

夕方4時ごろという変な時間に行ったので、テーブル席に一人座っているくらいでしたが、次男の希望でテーブル席へ。しかも店主の目の前(笑。まあ、お冷を取りに行きやすかったから別にいいんだけど。


IMG_E2397

来ました来ましたよ、これがチャーシューメン(900円)か。富山の醤油ラーメンの中ではまずまずの黒さではありますが、浮いている油の量がハンパではありません。いっしょにおかずとしてライス小(100円)も頼んでおいて正解だったかも、ていうか正解でした。


IMG_E2398

チャーシューを食べない次男にはしょうゆラーメン(700円)を。この子は3歳くらいのときからブラックラーメンを食しているので、多少のものなら平気と言えるように免疫力を高めてあります(ぉ。


IMG_E2399

麺はおれの大好物の中太ちぢれ麺。なんと、自社工場による自家製面だとな。やっぱり自分とこのスープに合わせた麺を提供するってところがいいよね。あの「貪瞋痴」ですら、麺は自家製スープに合ったものを探しに探してようやく見つけたそうですし、その苦労も認めなくはないですが、自家製ともなればそれ以上に様々な試行錯誤があったことでしょう。

味は見た目とは裏腹にとてもマイルドで、でも見ためを裏切らない濃いマイルドした。ブラックラーメン=塩辛いととかく言われがちですし、そもそもそれを暖簾に掲げてるお店が多いんですが、ただ濃いってだけじゃダメなのよ。とんこつとは違ったマイルドさがないとその味が扁桃体に刻まれることはないのだ。


IMG_E2400

そしてこの肉厚のトロットロのチャーシューですよ!個人的にチャーシューの旨いラーメン屋といえば「炭火焼肉こころ」だったわけですが、ここ数年はチャーシューをあまり仕込んでいないらしく、トッピングで追加しようとしても品切れと言われることが多くなったんだよね。その流れでなんとなくチャーシューに飢えていたおれとしては、まさに運命の出会いのようなチャーシューでした。


IMG_E2401

チャーシューがあまりに旨かったので、(なんならあとでもらおうかと思っていたのを諦めてまで)次男にも勧めてみたところ、とても美味しいと言って食べてました。これにはあとから話を聞いた嫁も驚いてましたね。


IMG_E2402

というわけで、たいへん美味しゅうございました。さすがにまだ数年は生きていたいので、スープを飲み干すようなことは避けましたが、正直この残ったスープをペットボトルに入れて持ち帰りたいとさえ思ったほど、とても忘れられない味のあるスープでした。きっと酔っぱらっていたなら、こいつに白ご飯をブチ込んでかきこんでいたかもしれません。


IMG_E2403

これまで言うほど行きつけのラーメン屋のバリエーションがなかったおれの中で、文句なしに優先順位が上がったそんなお店でした。やっぱり 「ブラックラーメンを謳わないラーメン屋の醤油ラーメンは旨い」 はテッパンですよ、テッパン。また近くに来ることがあったら、絶対来ようと思います。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク