FC2ブログ

獅子は踊る⑬~Something/Anything?


今回は、『南砺 獅子舞 令和元年 夏の陣』へ向かうときの話です。夏休み最終日の前日の土曜日ということもあって、いつもなら翌日の体力を残すように行動するところを、この日はリミッターカットで挑む所存。おれは次の日仕事だったけど、そんなの関係ねえわって感じで気持ちを高ぶらせながら南砺市は井波町へと車を走らせました。

IMG_1344

公園で拾ってきた木の枝を笛に見立てて、さっそくイメージトレーニングを始める次男。このあとこれが現実のものとなるとは想像もしませんでした(実際そこまで触らせてもらえるとは思ってもなかった)。


IMG_1348

お目当てのイベントであるワークショップ、「ししまいにふれてみよう!」の受付開始まで時間があったので、まずは井波彫刻総合会館へ。ここ、昨年から行きたいなとずっと思っていたんですよね。品切れ必至ともいわれる念願の獅子ガチャラも無事回せました。当たったのは色付きではなく無垢の楠のまんまのやつでしたが、それがかえって子供の発想力を膨らませることになり、自宅に帰ってからマジックで自分で色を塗ることができたので良かったと思いました。


IMG_1349

地元のテレビ番組やSNSでも紹介されていた、44頭の獅子頭が展示されているコーナー・・・の入り口。ここに頭をぶつけるとご利益があるとかないとかという触れ込みです。ちなみに展示室内は撮影禁止―なんでだよ~展示目録なんかもらっても写真がないとその後の資料にならないじゃんか~分かってないなあ・・・(ブツブツ。


IMG_1351

大人だと楽勝に頭をぶつけられるこのゲートでも、子供の身長では飛んでも跳ねても届きません。なので、結局抱きかかえて頭をゲートに当ててやりました。それにしてもずいぶんと重くなったもんだなあ。


IMG_1353

44頭って多いようで意外とこじんまりとした展示だっため、ソッコーで観終わってしまったので、とりあえずお昼ご飯。富山県ならやっぱりブラックラーメンだよね!


IMG_1370

そして、時間が来たのでさっそくワークショップが開催されている 「瑞泉寺別館 瑞泉会館」へ。これまでは獅子頭や獅子舞の道具というものは演者たちのものであって、あまりみだりに触ってはいけないという感覚でいたのですが、今回はおおぴらに触ることができるということで、とても楽しみにしていました。


IMG_1358

いつも獅子舞の胴幕の柄を見ていて思うのは、トッド・ラングレンの 『Something/Anything?』 のアルバムジャケットに良く似てるな
ってこと。きっと誰も分かってもらえないと思うけど(苦笑。


IMG_1362

さておき、さっそく体験会スタート。まずは大好きな太鼓から。上映されているDVDの音に合わせて叩きます。


IMG_1364

実物大というか本物の獅子頭の重さに驚くなど。大塚地区や北代地区といった富山市西部の獅子頭は小ぶりなのに対し、県西部の獅子頭は大きくそして重いです。これを振り回しながら踊るんだから、本当にすごいと思うわ。


IMG_1367

めちゃくちゃ上手いスタッフの方の太鼓に合わせて獅子頭を持ってみるも、持ち上がりません(笑。


IMG_1369

次は笛です。来るときのイメージトレーニングの成果か、手に持つ所作だけはそれっぽく見えるという。それだけでなく、ちゃんと音が出ました!・・・おれもやってみたけど全然ダメだったのに。ひょっとしてこいつセンスあるのかな。


IMG_1374

笛にも飽きて、おもむろに衣装コーナーへ立ち寄ったかと思うと、何やら様子がおかしいぞ。なになに、これを着たいだと?・・・おまえ、まさかこないだ 「かが」 に乗ったときに着せてもらった耐火服コスプレがクセになったんじゃないのか。


IMG_1376

というわけでコスプレターイム!(笑。ちょうど着付けの先生が来られたので、さっそく 「キンゾウ」 の衣装を着せてもらいます。


IMG_1379

サイズもピッタリで、まさにこの子のために用意されたかのようでした(笑。また、この時間には次男くらいの年ごろの子がいなかったので、スタッフの人も良い意味でいじり甲斐のある子供がいるということなのか、ずいぶん長い時間かまってもらうことができました。市の広報の写真係の人にまで 「撮っていいですか?」 と聞かれる始末。ひょっとして来月の広報誌に載っちゃうってやつかな?


IMG_1383

おおー、めっちゃ本格的やないかえ、おえ。


IMG_1386

気分はすっかりキンゾウです。


IMG_1391

獅子頭と対峙して、ますますテンションMAX!・・・


IMG_1394

んん?でも、なんか変だぞ。


IMG_1397

まさかのシャグマが前後逆だったあるある。これには一同大爆笑


IMG_1398

さあ、気を取り直してもう一回決めポーズだ!

スタッフの皆さん、お付き合いありがとうございました。


IMG_1406

ワークショップを終えたあと、一度瑞泉寺を出て八日町通りを散策しました。実際に彫刻しているところを見たいというので、あちこちの工房を覗かせてもらい、その様子を見させてもらいました。


IMG_1414

瑞泉寺境内に戻って腹ごしらえ。もう待ちきれないって感じだね。


IMG_1421

そして、満を持して開幕。写真を撮るのはあきらめて、ずっと iPhone で動画を撮っていましたが、これは合間に撮ったもの。二番手に出演した城端の信末獅子方保存会ですな。


IMG_1423

こっちは大鋸屋(城端)か。面白いことに、氷見獅子とちがってここらへんの地域の獅子舞って、胴幕内に入っている人の数がやたらと多いんですよね。2列で9人もいるってどういうことよ?あと、その胴幕も、手で持ち上げるのではなく竹輪を通して広げつつ持つスタイルで、獅子の身体が大きく見えるのは特徴的です。


IMG_1435

動画から切り出したので、順番がごちゃごちゃになってしまいましたが、三番手の皆葎獅子保存会の天狗。ここの天狗は見学者にファンサービス(?)を行うのが定番らしく、おれたちも握手をしてもらいました。手汗でべっとりして生暖かったです(


IMG_1445

そんな感じで計6団体の演技を無事に最後まで見終わって、帰りの車内ではこのとおり(苦笑。そう、これが達成感ってやつよね。おかげで始業式翌々日には「学校に行きたくない」と言い出して、ずいぶん手こずることに。まあ、夏休みがこれだけ楽しかったんだから分からなくもないけど、好きなことばかりやって生きていけたらなんの苦労もいらないんだぞ。なーんてな。

というわけで、勢い余って今回撮影した動画を YouTube にアップしてしまったぞ。ブンブンハローユーチューブ!


■岩屋青年義勇団



■信末獅子方保存会



■皆葎(かいむくら)獅子保存会



■専勝寺獅子方若連中



■大鋸屋照徳会



■東町獅子方若連中




IMG_1446

そういえば、帰り道に車の中に紛れ込んでいたバッタ、今も見つからないままですが、山王祭りで観た 「大塚獅子舞保存会」 って、ちょうどこの交差点のある辺りの地域だって次男に教えてやりたかったんだけどな。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク