FC2ブログ

VGN-TZ91HS でSDカードが読めないのでモジュール交換をした話


オークションを徘徊してあらためて思ったのは、気まぐれで入手したビンテージ VAIO の外装のコンディションがおそろしく良いことだった。部品取りのために今回手に入れた VGN-TZ50S (2007年発売の春モデル・TZ91HS は秋冬モデルなので年代が近いものを選んだ) はさすが無稼働ジャンクなだけあってディスプレイ側のクッションゴムの欠損や天板の擦り傷なんか当たり前、ほかの出品物を見てみるとたいていはクッションゴムが脱落したのを元に戻せず、なぜかキーボード側に貼ってあるものがあったりして、正直笑えなかった。

それでもこのモデルを選んだのは、たんに安価だっただけではなくバッテリーパック(L)がセットになっていたから。最悪SDカードスロット問題が解決しなくても、予備のバッテリーが増えるならいいんじゃね?的な。

DSC04811

さておき、VGN-TZ50S でございます。電源は入るが動かないというもの。それを承知した上での入手だったわけですが、試しにACアダプターをつないで電源を投入してみたところ、やっぱり動きませんでした。なので、ここはありがたく付属していたバッテリーパック(L)を頂戴しつつ、SDカードモジュールの摘出に挑みます。

参考にしたサイトはこちら→■VAIO typeT(TZシリーズ)を綺麗に分解して高速SSD化する(その1) - ソニーが基本的に好き


DSC04808

この VAIO TZシリーズを分解するにあたっての一番の鬼門は、そのアイデンティティでもあるシリンダーデザインに使用されているパーツの脱着でした。が、おれが今回必要としているのは筐体前面にある SDカードスロットに使用されているモジュールだけなので、シリンダーキャップは外さずに底面のビスだけを外して、アワビの口を開くようにめくり上げることで事が足りました。


DSC04810

んで、それが件のモジュールでっす。2本のビスを外すだけでサクッと外せますし、装着もワンタッチで楽勝。

・・・が、結論から言って SDカードが読めないのは物理的な故障ではないようで、モジュールを交換しても解決には至りませんでした。交換前と同じように メモリースティックは認識するけどSDカードはダメなままというオチに。てことはやっぱシステム要因か・・・。しかしまあ、これで 「物理的な故障ではない」 ことに確証が持てたので、このまま放置することにします(ぉ。

type X に Linux Mint を入れてみてもSDカードは普通に読めたため、おそらく Linux 側に type T用のドライバがないからだろうということが考えられます。それを解決する知恵も技術も今のところは持ち合わせていない。たんに分解が楽しかっただけ(笑


DSC04813

ついでに、VGN-TZ50B に内蔵されていた HDD も取り外しました。これが見たこともないインターフェース(ZIFとか言うらしい)になっていて、SATA→USB変換ケーブルでPCに接続しようにもひと苦労しそうな感じでした。これはもしかして新たな沼の発見なのかもしれません。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR