FC2ブログ

昆虫おじさんの事件簿②


ここ数日雨の日が続いたので、そろそろ紫陽花も咲くころかなと思っていつもの中島北公園近くの運河沿いの散策路まで来てみました。いつもこうしてひとりで写真散歩をするときには、目当ての花を眺めるのもそうですがそれとともに生活をしている昆虫を見つけるのが楽しみだったりします。

SDIM4698

んで今回はこれ、アリです。やっぱり小さい生き物ってピント合わせが難しいからね、かえってムキになっちゃうもんね。アブラムシなんか上等だと思うのよ、かかってこいやー。ていうか・・・いや待て、アリなのでしょうか。

えっ、アリじゃないの?

シャッターを切って視線を外した直後、このアリのような昆虫はまるでクモのように白い糸を吐きながら葉の下へと降りていきました( ゚д゚)ポカーン

そうです、この虫はアリではなくアリに擬態した 「アリグモ」 という昆虫でした。アリは身体は小さいけれども比較的好戦的ということで、他の昆虫からは 「アイツらやべーから関わり合いにならねーほうがいいぜ」 的なポジションらしく、その御威光を借りて生き延びているのがこのアリグモだそうです(おれ調べ。違っててもおれ知らね)。

いやーまだまだ見たこともない虫がまだまだたくさんいるんだねー。


SDIM4697

さておき紫陽花。まだまだ見頃ではありませんでしたが、ガクアジサイは鑑賞を楽しめるくらいにはなっていました。例年より早いような気もしなくもないですが、昨年もだいたい今の時季だったようです。


SDIM4713

しかし、紫陽花という花は本当に面白い。少し見る角度を変えるだけでいろんな表情を見せてくれる。それも、晴れた日よりも曇り空のほうが少し陰があって印象に残る画になるような気がする。「印象に残る」 と書いたけれど、それが今まででいちばん難しいことだと最近思うようになった。ついつい記録写真的にまるで報道写真のような写真を撮りがちな自分に、少しでも個性が残せたらと思うのだが、その色がまだ見つからずにいる。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR