FC2ブログ

蒲田 初音鮨物語/本田雅一


『これからスマートフォンが起こすこと。』(2011年06月)や、『iCloudとクラウドメディアの夜明け』(2011年8月)といった著書もあるテクノロジー系ジャーナリストの本田雅一氏が、とある寿司屋が舞台のノンフィクション小説を書いたと聞いて手にした本書、”感想文”を書くことを前提として読むのをどうしても避けたかったので、もともと読むのが遅いほうなのにさらに時間をかけて読むことになりました。気が付けば本の発売から半年近く経ち、本書の内容をきっかけに独自取材・制作された映像が、人気テレビ番組 『逆転人生』 (司会は山里亮太!)で放送されることが発表される直前になってようやく読了。寿司だけにネタばれはごめんだぜ・・・。
断っておきますが、けっして難しい内容だったからではありません。テクノロジー系ジャーナリストが何故ノンフィクション小説を書きたくなったのか、その意図を汲み取らないと本書の在り方を理解はできないだろうと思い、時間をかけて咀嚼したかったからです。

つまるところ、顧客のニーズに応じてサービスを変えていくことで自らの価値を創造し高めていくその境地に達した初音鮨の四代目、中治勝氏の生き方に本田氏はきっと共感をおぼえたのでしょう。第七章の冒頭に書かれるシンガポール華僑の家族とのエピソードから始まる中治勝氏のとある”変化”についての記述は本書の白眉だろうと思います。

表紙をめくり、最初に目に飛び込んで来るのはツケ場に立つ中治夫妻の屈託のない笑顔。気難しい性格というイメージの強い寿司屋の大将の中にあってなぜ中治勝氏の表情が柔和なのか、それは”最高の鮨”と”最高の舞台”を大病を乗り越えた”最高の家族”とともに手にすることができたからだと、エピローグを読んだときにそう思わずにはいられませんでした。

ただ、本書はそれだけでは終わりません。こうしたちょっとニッチな成功体験をもっとメジャーなものに置き換えて巻末に添えています。おれがこの本を買ったのはリアル書店ではなく、Amazon でした(発売日から遅れて届く”konozama”を食らったけど)。その Amazon はといえばもともとは書籍通販サイトが出自でした。それが今や総合的なネット通販サイトになり得たのもやはり顧客のニーズに応じて利便性を追求したから描くことのできた形なのであり、これからもそうあり続けるはず。巻末付録まで読ませて腹落ちさせようなんてなかなかニクイなあと思いながら、いつか初音鮨で・・・と、嫁が食卓に並べた小皿に乗る鰤の切り身をいただくのでありました。


蒲田という土地には少しだけ縁がありまして、2013年2月1日より開催された 『CP+2013』 に行ったときに前日入りして泊まった宿が 『スーパーホテル 東京・JR蒲田西口』 でした。せっかく都会に行くのにずっとハコの中じゃつまんねえべと思い、前日の1月31日は友人と東京観光をすることにしたので、東京からも横浜からもアクセスしやすい場所を探したら蒲田になりました。スーパーホテル系列は過去にも利用したことがあるため勝手も分かっているという理由で選んだという。

蒲田駅を下りたとき、駅メロが噂通りに 「蒲田行進曲」 が流れたときは一人で笑っちゃった。あの映画、好きなんだよね。風間杜夫も平田満も松坂慶子もいっぺんに好きな役者になっちゃった。映画公開時は小学生だったけれど、”コレがコレで”はソッコーで覚えました。今でも長い階段を見ると”銀ちゃん、かっこいい・・・”と言いたくなります。

さて、その 『スーパーホテル 東京・JR蒲田西口』 の場所をふと思い立って調べてみると、なんと初音鮨さんからまさかの目と鼻の先(笑。



2013年といえば、初音鮨が改装をして豪奢な洋館仕立てにしたという時期と重なります。もしかしたら、窓の外から建物も一部でも見えてたのかなあと思いました。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク