FC2ブログ

富山市ファミリーパークに行ってきた


同じ団地で小学6年生の子供を持つ方から、お下がりのチャリンコをもらっちゃった次男が暇さえあれば外に出たがるので、いちいち付き添うのも面倒(小学1年生は自転車で公道に出たらアウト、それがルールらしい)なので、ちょっと放牧しに動物園に連れて行くことにしました。

SDIM4633

というわけで、富山市ファミリーパークでございます。このアメリカバイソンの本物のほうはわりと荒れた感じの区画にぶっとい鉄の柵で囲われて暮らしているので、いざ写真を撮るとなると身体全体はまず無理っすとだけ言っておきます。でも、次男がなぜか好きなんだよねー、アメリカバイソンを。毎回来るたびに道に迷いながら会いに行きますけど。


SDIM4635

着いてしばらくしないうちにキリンの餌やりタイムになったので、偶然近くにいたついでに列の先頭に並んでキリンの野郎にハッパ食らわしといたわ。けっこう楽しかったし、手の甲に鼻息が当たって面白かった。


SDIM4638

オウムです。こういう鮮やかな色の生き物こそ SIGMA のカメラで撮れば格段に映えると思うの。ちなみにフラミンゴはピントが合ってなくてボケボケだったから消した。


SDIM4639

ヤギが紙を食べるだなんて話、いつから言われ始めたんだろうと思わずにはいらないほどに、何頭ものヤギが同じ繊維質であろう樹木を貪っていた。


SDIM4643

品種は忘れましたが、鶏舎も次男のお気に入りスポット。なぜかと言うとときどき舎内に鶏卵が落ちているからだそうで。このあとのバードハウスにあるダチョウの卵の模型(ずっしり重い)を触りに行くのもいつものコース。


SDIM4649

なるべくお金を使わないようにと水筒を持って来ていたのに、結局かき氷を食うあるある。世の中は子供や人の顔の写真を撮るときに瞳や睫毛にピントを合わせたがるようですが、おれはこのときのように少し汗を含んだ耳のまわりの髪の毛にピントを合わせたくなる。いつだったか、”子供の汗かいてるもみあげを見たら泣きたくなるんです”って言ってた人がいたんだけれど、おれもまったく同意で、子供の一生懸命さはもみあげに出ると思う。そんなに睫毛にピント合わせをしたかったら、デッキブラシで練習でもしとけってんだ。


SDIM4652

そんな動物園で、マダラガガンボの交尾を見つけてしまう自分が怖い。最初はナナフシかなんかだと思ったのよ、なんか長いし。


SDIM4655

有料エリアを出てアスレチックで遊ぶ次男をほったらかしにしてまで撮った蜘蛛の腹。何度も何度も風が吹いて、撮るのにずいぶん苦労した。結局、何て名前の蜘蛛かは分からなかった。写真では分かりにくいが、脚の模様からジョロウグモの雄などではなさそうだ。


SDIM4660

あからさまに大きな赤いものが飛んでいるなと思ったら、カメノコテントウでした。おおむね普通のテントウムシの倍はあろうかというサイズなので、ちょっとビックリしますよね。警戒モードだったので動きが早く、撮るのに苦労しました。


SDIM4662

なので、捕まえたい気持ち一心の子供に手伝ってもらったわけですが、お分かりいただけただろうか―このサイズ感を。


SDIM4659

というわけで、今回もじゅうぶんに堪能できました。気候が良くなったからでしょうね、小さな生き物をずいぶん見かけるようになってきました。それが目当てだったわけではないけれど、生き物たちの姿を見るとなぜかワクワクしてきます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク