FC2ブログ

獅子は踊る④~第44回たかまちまつり高岡獅子舞大競演会


5月3日に高岡駅前の商店街周辺で開催された 『第44回たかまちまつり高岡獅子舞大競演会』 に行ってきました。次男が獅子舞に興味を示すようになって初めて観覧する本格的なイベントとなったわけですが、一期一会の出会いなども含めてとても楽しめました。というわけで、その様子を来年へ向けての傾向と対策を兼ねて記録していきます。

SDIM4286

開催地はふたつとなりの市で駅周辺ということで、今回は電車利用を選択しました。開催時刻の13:00以降は交通規制も敷かれることを鑑みたのと、駐車料金をケチりたかったからです。結果的には切符代と同じくらいか逆にクルマのほうが移動も含めて良かったかもしれません。というのも、交通規制を敷かれたのは万葉線高岡駅―末広町駅間とその周辺のわずかな区画だけだったため、ふつうに高岡駅近くのパーキングにでも停めればいいんじゃね?とあとから思いました。

また、ゴールデンウィークの真っただ中ということもあって、電車内はほぼ満員状態。渋滞や混雑を避けるつもりがまさにそのど真ん中に突っ込んじゃったのはある意味失敗でしたねー。次回はまちがいなくクルマで行くことになるでしょう。


SDIM4287

さておき、まずはスタート地点の富山駅北口です。学生時代にはよく利用し、近年では長男が高校に通っていたときに毎週月曜日に通りがかっていた場所。それが今やこんな感じに。正直なところ”北口の駅舎がない”というのを知って軽くショックを受けていたので、実は見るのが怖かったんです。


SDIM4288

というのも、南口(今でもこの言い方が心の底から馴染まない)との連絡通路がズドンと開通しちゃったからです。ここもまた仮設状態なので今後もまた変化していくでしょうけれど、いつまでもいつまでも駅が工事中な気がしてならないのはたぶんどこの町もいっしょだろうなあ。それにしても、どんどん知らない町になっていくようでやっぱり怖い。


SDIM4289

高架化の完了したあいの風とやま鉄道線富山駅―高岡へと向かう1番ホームから見た、高山線の2番ホーム。ここは”西ホーム”の名称を復活してほしかったかな。←これ、富山県民でもごく一部しか分からないと思う(笑。


SDIM4290

1番ホームの向かい側には魚津・黒部方面の3番ホーム。このあと、11:00発の観光列車 「一万三千尺物語」 が入選してきましたが、特に興味なかったので撮りませんでした。まあ、あんだけ内装いじるくらいなら車体ごと新造しちゃってくれたほうがよかったのにな・・・。ああ、貴重な413系AM01編成(クハ412-1+モハ412-1+クモハ413-1)が、あんな色にされて・・・。


SDIM4292

なんてことを考えながらも、高岡にとうちゃーく。最近何かと話題の 『万葉集』 を編纂した大友の家持っつあんがお出迎え。


SDIM4293

そして、駅に着いたタイミングで、ちょうど万葉線のドラえもんトラムが入線してきました。右側の柵を越えた先の地下道は軽トラ専用道路です(嘘。

高岡駅地下道に軽トラ進入 88歳男性「駐車場かと」 - 北國新聞

この車両が越ノ潟まで折り返してまた高岡駅まで戻ってきたときに、うまく時間が合えば乗ってみようと考えていたりもしましたが、獅子舞が思いのほか面白かったので結局乗らずじまい。ていうかこのタイミングで写真まで撮っちゃったもんだからそれだけでもう満足してしまったとも言う。


SDIM4294

第1会場は高岡駅向かいの商業施設 『ウイングウイング高岡』 正面入り口前、ミストが噴出するドラえもんの散歩道周辺となります。イベント中はさすがにミストは封印するよね。あと、近くのラーメン屋が大行列になっていました。みんな「富山ブラック」が好きなのね~。おれも好きだけど、看板の大きな店のブラックラーメンは信用しないことにしているので絶対行かねぇ~。


SDIM4296

せっかちな性格のため11時過ぎに会場入りしたときにはまだ観覧用のシートに人はまばらだったけれど、始まるころには人だかりができていて身動きが取れないくらいになっていたので、早めに来たのは正解でしたが、初めに想定していた ”3ヶ所ある会場を行き来しながらの観覧” は絶対無理ですね。良いポジションを押さえるなら早めに来るに越したことはないぞ、と。

小腹が空いたので子供と2人でたこ焼きを食べながら待っていると、となりに座ったおじいちゃんに話しかけられ、今回出演する保存会の演技について教えてもらうことができました。あと、おれが持っているカメラに食いついてきた同年代くらいの人にはSIGMAのカメラはどうかと訊かれたけれど、シャッターボタン押したら写真撮れますよくらいのことしか言えなかった。今回おれが気にしていたのは手持ちのレンズの画角の選択が吉と出るか凶と出るかだけだったべ。

何はともあれ、いよいよ始まります―。


SDIM4298

最初の演技は、高岡市は立野東町青年団から。おお、ふつうに”百足獅子”やないけ。この獅子舞のスタイルも富山県の東西で大きな違いがあります。とくにこの呉西では氷見獅子・砺波獅子・射水獅子などに見られる型にならい、胴幕の中に5~6人が入る”百足獅子”が一般的です。


SDIM4301

目録の向上も、意味が分かるようになればけっこう楽しめるパートになり得ます。子供が好きになったことから始めた獅子舞行脚ですが、今ではおれもまあまあその道に足を突っ込んできちゃってますねえ。


SDIM4307

この”獅子はやし”のそれぞれの名称・役割もまだすべてを理解できていません。これらを自分の力で調べたりして知見を広げるのもまた楽しい時間なんですよね。なので、まだまだ知識不足の今は”獅子はやし”の踊りについて何も語れません。


SDIM4309

SDIM4311

SDIM4316

SDIM4318

SDIM4322

SDIM4334

ところで、今この瞬間にミストが噴き出したら、みんなどんな顔するのか見たくなったぞ(笑。


SDIM4335

とある場所では有名な 「段ボール獅子舞」。小さいやつの完成品は2,000円(税込)で、自分で作るやつは1,700円。持って帰ることを考えて完成品を選んだわけですが、こうしてパカパカして遊んでいるとけっこうな頻度で周囲の人が驚きます。あと、司会の芸人さんからもいじられたしね。そのわりにあんまり売れてなかった気が。通販で買うと2,160円(税込)+送料になるから絶対ここで買うべきだと思うんだけどなあ。

ちなみに、おばあちゃんからもらった「こどもの日」用のお小遣いで、次男に自分で買わせました。


SDIM4337

やべ、見つかった。もう、あんまり写真を撮らせてもらえなくなっちゃった。


SDIM4339

次の演技は、旧新湊市の法土寺町獅子舞保存会です。・・・ムムムッ、なぜかこんなところにガスバーナーが。その答えはのちほど分かりました。が、けっきょく上手く撮れなかったのでネタばらしすると、この地域の獅子舞踊りは一昼夜かけて行われることもあって、なんと松明を振り回しながら踊るのだそうです。YouTubeでも観たことがあるんですけど、けっこう迫力あったんだよねえ・・・。それを間近で観られると思ったら、座った場所がよすぎたのか補助役の青年団の人たちに視界を遮られることが多くて、思ったようなタイミングで撮れなかったんですよねー。これは来年また観に来るときには気をつけなければ。


SDIM4342

SDIM4345

SDIM4350

SDIM4351

SDIM4355

SDIM4358

SDIM4362

SDIM4363

個人的にはこの 『法土寺町』 の踊りが気に入ったかな。獅子はやしの衣装が派手で写真映りも良いしね(笑。あと、『立野東町』のときもそうでしたが、胴幕を高く掲げるのも呉西の獅子舞の特徴のひとつだそうで。


SDIM4373

和田保育園の園児たちによる「こども獅子舞」。


SDIM4375

そして、四十物(あいもの)町獅子方若連中(新湊)の演技。ここもまた火を使います(チャッカマンが置いてありました)。


SDIM4377

SDIM4378

SDIM4381

SDIM4383

すぐに飽きるかと思ったら、同じ場所に3時間以上も座り続けている。そうそう、この日の気温は25℃近くにもなったので、水分補給だけは本当に気を配りました。ただ、写真をよく見てもらうと分かると思いますが、演技中のほとんどの時間は日陰になっていたのでそれほど辛くはなかったです。


SDIM4384

SDIM4390

SDIM4392

SDIM4396

SDIM4398

演技も終盤に差し掛かり、松明が灯されました。見てよこの迫力―!


SDIM4408

ウオオーッ!!!


SDIM4409

アッーーー!!!


SDIM4416

四十物町のあとは三味線の演奏や創作踊りっぽかったので、第1会場を離脱。歩行者天国になっている末広町周辺を歩きました。すると、元号が変わったことにちなんでペイントされた万葉線の車両が展示されていたではありませんか。新聞とかでこの車両を見たとき、『令和』 のところはシール貼ってあるのかと思ってたけど、ちゃんと塗ってあった(笑。この日は休憩所も兼ねていたみたいです。うーん、ここで一休みして2回目の演技が始まるまで待てばよかったかな。


SDIM4419

第3会場まで来てしまいました。この会場は閉店の決まった大和デパート高岡店前の@(アット)パークというスペース。ここの風景も数年後にはまた変わっているんだろうなあ・・・。


SDIM4418

ちょうど先ほどみた四十物町が準備をしているところに遭遇。一回観ているので今回はサラッと眺めることに。


SDIM4422

幼子の視線の先には・・・。


SDIM4423

段ボール獅子舞!(笑 いいだろー、ほしいだろー


SDIM4424

通りでみかけた変わった獅子の像。これ、いつもここにあるのかな?


SDIM4426

藤子不二雄が少年時代に通ったという本屋。ここで手塚治虫の漫画本を買っていたんだとか。残念ながらこのお店、5月26日に閉店することが決まりました(もうすぐじゃねーか)。


SDIM4427

帰りの電車も 『令和』 で。やっぱり混んでいたので車内の写真を撮るのはやめました。いやあ、今回は初めての獅子舞大競演会だったのでどんなレンズが必要か迷って結局 24-35mm F2 (広角レンズが要るのは分かってた)のほか、50-100mm F1.8 も持って来ちゃってたんですよね。んで、時には100mm 相当が必要になる場面もあったので、総じて24-105mm F4 があれば一本で済んだかもなんですよ。しかも、ほとんどの場合F値は4で通しましたからね・・・。これは来年のために一本用意しとくかと思ったりもしました。


SDIM4428

乗りなれない満員電車で疲れたので、富山駅のホームでひとやすみ。新しい相棒も手に入れたし今日は楽しかったね(相変わらず写真を撮らせてくれない)。次の年ばかりじゃなく、今年はできるだけ獅子舞関連の行事に合わせて休みを取るつもりだから、ふたりであちこち回ろうぜ。


最後に、さっそくこの日の様子を撮影した動画を見つけたのでリンクしておきます。撮影時間はおれたちが帰ったあとの2回目の演技のもので、座っていた場所だポッカリ空いてます。てことは、途中で移動して戻ってきても座れたってことかな。べつに詰めてもよかったのにみんななんて律儀なんだろう。これなら後ろの人にどうぞってひとこと言っておけばよかったなあ。








現場からは以上です。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク