FC2ブログ

シン・一年生


もう動いているときは写真や動画を撮られるのを嫌がるようになったので、こうして通い始めた水泳教室で疲れて寝落ちをしたときくらいしかカメラを向けられなくなりそうです。

DSC04566

卒園式の2~3週間前くらいだったろうか、突然 ”プールに通いたい” と言い出したので、とりあえずは体験入学的にとこの週末に嫁が連れて行ったら、とても楽しかったご様子だったそうな。この春に新一年生になる子の中ではひときわ大きいのが目立つと、同じく子供をプールに通わせてる父兄の間でも話題になっていたらしい(苦笑。

そういえば、6年前まで長男も同じプールに通っていたっけ。おれに似てあまり運動神経の良いほうではなかったのと、おれに似ず肥満対策を講じなければならなくなったことで、何か運動をと思いついたのが水泳だった。当時の長男は公文教室にも通っていたので、おれが仕事の休みの日はそれらの送迎に行くことでいつもは寝顔しか見られなかった我が子との接点を保っていたのだ。

年の離れた妹を保育園まで迎えに行ったその足でプールに行き、お兄ちゃんとなぜか娘のぶんまでアイスクリームを買わされたのが当時の記憶のうちのひとつでもある。

こないだ、小学校への通学路を次男と二人で歩いてみて、校門の前で写真を撮ったあとにふと思い出して、家に帰ってからパソコンの写真フォルダを探してみたら、7年前にほぼ同じ時間に同じ場所で写真を撮っていたことが分かりました。あのとき一緒に通学路を歩いたのは新一年生になる娘で、校門脇の塀を目安に比べると今の次男のほうが体が大きいことに気づくなど。

そりゃ男の子だからね、という話を今さらしたいのではなく、あのときまだママのお腹にいる弟の顔を見るのを楽しみにしてた娘が、こんなに小さかったんだと思い返すことができたのだ。今はすっかりママの背を追い越してしまったけれど、入院していたママに会いたいのをずっと我慢してたんだよね・・・。その寂しさを紛らわすために当時は二人ともずいぶん甘やかしたなあ。

そんなことを、この寝顔を眺めながら思い出してみました。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク