FC2ブログ

富山市ファミリーパークに行ってきた


この時期にしては珍しく土日に休みを取って、土曜日には次男の卒園式を粛々とこなし、日曜日には娘とチームメイトたちをバレー部の試合会場へ送迎、しかも井波町!・・・ってことは、井波彫刻総合会館で本場の獅子頭見れちゃうじゃんか、朝5時起きだけどな―というプランだったわけですが、娘が金曜日の夜から39度台の熱を出してダウンしてしまったので、せっかくの日曜日の予定がポッカリと空いてしまったとです。

DSC04498

まあ、それならそれでいいかと油断していたら、嫁に長男の自動車学校への送迎をブッ込まれてしまい、たんに5時起きが6時起きに変わっただけだった話をしていいですか?(学科の1時間目が8時スタート)

12時には終わるということで、それまでの間次男が自転車に乗れるようになったのをどうしても見せたいというのでありがたく付き合わせていただき、昼ごろには自動車を運転できるようになった長男を迎えに行ってきたのでした。午後からの予定を思いつかないまま昼ご飯を食べていたら、次男がおもむろに”ファミリーパークのライチョウを観に行きたい”というので、少し寒いけれど晴れてきたしまあいいかということで動物園に行くことにしました。


DSC04548

手はおろか、足までも使うのか・・・(


DSC04550

さておき、スワンボートはもうちょっと暖かくなってからということで。


DSC04506

アミメキリン(半目)、下から見るか


DSC04507

上から見るか


DSC04509

次男がここ最近ご執心のニワトリ舎では、雄鶏たちが牽制し合うように鳴いていました。


DSC04510

おんどりゃあああ!!!って・・・。(゚゚ )☆\ぽか


DSC04512

ああそうだった、そんなことよりライチョウを観に来たんだった。


DSC04513

富山市ファミリーパークのライチョウといえばこれまではスバールバルライチョウしかいなかったんですが、数年前からニホンライチョウの飼育下での繁殖に取り組んでおり、今年の3月15日より無事に生まれたオスの2羽の展示が始まったばかり。それをテレビで知った次男がなぜか興味を持ったようなので観に来たわけですが、パンダほど盛り上がるわけでもなく、逆に盛り上がっちゃったら変にストレスを与えるような気がして、つい気を遣って低めのテンションで眺めてしまいました。

地味だけど、絶滅危惧種の保全は本当に大切だと思いますね。


DSC04516

シンリンオオカミのシートン(雄)、群馬サファリパーク出身だそうです。そういえばニホンオオカミが絶滅してから100年経っているんでしたっけ・・・。


DSC04523

こちらは上野動物園出身のツキノワグマです。今ごろは白の混ざった中国出身のアイツが上野で大人気なんですけども、色が違うだけでこうも待遇や周囲の反応が違うだなんて、いろいろと考えさせられますな。彼はずっと同じ場所を一日中往復して過ごすんですよね。きっと病んじゃってるんだろうなと不憫に思ってしまうんです。


DSC04539

芝生広場前の売店で腹ごしらえ(来る前に家で飯食ったはずなのに)をしたあとは、遊具そっちのけで YouTube でいつも観ている海外のキャンプ動画の真似をして焚火を作り始めるなど。卒園式の日に担任の先生から”独特な世界観がある”と評された次男だったが、まさにこれがそうだということか。ちなみに遊具で遊んでいる間はおれがこの焚火の見張りをさせられたんですけど、おいおいそれじゃまるでおれがこれを作ったみたいじゃねーか。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク