FC2ブログ

オーディオテクニカのレコード針クリーナーを買った話


数年間使っていなかったアナログレコードプレーヤーを蘇らせたのをきっかけに、クリーニングツールを新調することにしました。とは言ったものの、そういう類のものを取り扱っているメーカーはひとつしか思い出せないぜ・・・。というわけで、オーディオテクニカのレコード針クリーナーをおよそ20年ぶりに買いなおしました。

DSC04434

白いキャップに刷毛が一体となっている AT607a でございます。こういうことでもなければ公式ページを覗こうとも思わなかったくらいにオーディオ離れをしていたわけですが、あらためて商品ラインアップを見てみるとなにやら末尾に”a”って書いてあったぞ。


DSC04435

たまたま来ていた担当営業氏(お互い白髪が増えたなあ・・・)に尋ねてみると、ほんの数年前から製造工場を替えたそうな。なので、JANコードも変更されています。へー、そういうこともあるんだねーって思ったことよりも、これまで作り続けていたことに驚きました。いやもうとっくに廃番なんだろうなって思いながら冷やかしで調べてみたら、ちゃんとまだ買えるんだもん。いくらアナログレコードがちょっと流行ってきているとはいえ、大したメーカーだなあとちょっと感動しちゃった。


DSC04432

ちなみに、左が旧モデル。少なくとも1996年~1998年ごろにプレーヤーを買ったはずなので、クリーナーもたぶんその辺りの時期に購入したものだと思います。そんな大昔のクリーニング液の状態がさすがにちゃんとしてるとは考え難いので、まだたっぷりと残っているけど買うことに決めた。

しかし、今でもこうして20数年前から同じレコードプレーヤーを使っていられるのも不思議だなと思ったら、DENON の DP-47F ってダイレクトドライブなのよね。これがもしベルトドライブだったらとっくに劣化して切れているだろうし、ものによっては補修部品の入手に苦労したことだろう。さらに、レコード針はシュアーの M44G ときてる。これはDJ用の高耐久さが売りで、かつレコードを痛めにくいという特徴があるため選んだ・・・はず。そのおかげか、どちらも買い替える必要を感じなかったのだ。


DSC04439

針のメンテナンスも大事だが、反面レコードそのもののメンテナンスも気になったので、そっちも新調しました。ちなみにこれは今まで持っていたもの。湿式と乾式両方の使い方ができるということで選んだけれど、まあめんどくさくてもっぱら乾式で使ってました。


DSC04440

その専用クリーニング液も状態が怪しいので、もう怖くて使えない(苦笑。でも、ちょびっとカビっぽくなったレコードをクリーニングするのにはちょうどいいかも。


DSC04438

でも、そんなことに気を遣いたくなかったということもあって、回は乾式オンリーのものにしました。やっぱり型番の末尾に ”a” って書いてあった。


DSC04437

レコード盤面をひと拭きしたあとは、この青い部分で埃を取るという使い方らしい。またこれから数年は活躍してもらうことになるでしょう。人間のほうはどんどんガタがきているのに、オーディオ機器ってメンテナンスをしっかりしてれば長持ちするんだよね。

そうか、おれも機械の身体に・・・じゃなくて、カラダのメンテナンスをちゃんとしなきゃなあ。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク